2019/02/10 0

冬が旬の魚にはどんなものがあるの?

 

冬になると食べたくなるのがお鍋! なんと言っても用意と片付けが楽なのがとってもありがたいですよね。今日も今日とて「何の鍋にしようかしら……」とスーパーをさまよっていると、お魚売り場で「今が旬!」の文字を発見しました。

 

そういえば、旬の食材を積極的に摂取するのは身体にいいって聞きますよね。それって本当なのかしら? だとしたら、冬が旬の食材、特にお魚はどんなものがあるのでしょう。スーパーの魚売り場を回って発見した旬の魚と、さらに調べてわかった旬の魚をご紹介します。

 

まずおさえておきたいのは、魚の「旬」の時期の意味。

 

財団法人水産物市場改善協会のホームページによれば、魚の旬は、産卵前の時期が多いのだそうです。なぜなら、産卵前の魚は身体にたっぷり栄養を蓄えているから。この蓄えている「栄養」のなかには脂肪分が含まれており、結果的に「旬の魚=脂がのっている」ということになるそうです。

 

さらに、産卵を控えた魚は沿岸に近づきやすく、漁師さんにとっても恰好の収穫時期! そのため、旬は漁獲量が最も多い時期でもあるんですって。

 

冬が旬の魚の代表格と言えば、まずはブリですよね。冬に獲れるブリは「寒ブリ」とも呼ばれ、特においしいとされています。(お寿司で有名な「ハマチ」も、ブリと同じ魚を指すんですって!)

 

魚へんに雪と書くタラ(鱈)やアンコウも、冬が旬の魚です。タラ鍋やアンコウ鍋ってとってもおいしいですもんね。また、通年食べられるマグロも、実は旬は冬なんです。ハマチとマグロが同時に旬を迎えるということは、お寿司って冬向けの食べ物なのかも。

 

マイナーなところでは、ホウボウも冬が旬の魚です。あまり見かけることはありませんが、薄造りやお鍋、フライなど、どう調理してもおいしく食べられる白身魚です。

 

サワラも、地域によっては冬が旬である場合があります。「魚へんに春と書いてサワラ(鰆)なのに、なぜ?」と思ったら、サワラの旬は関東と関西で違うようです。

 

関東では、産卵前のサワラを冬に獲って食べるのが一般的。しかし、関西では春に瀬戸内海に産卵しにきた子持ちのサワラを食べる文化があるんです。関西で春に食べられるから、サワラは漢字では「鰆」と書くことになったんですね。

 

ちなみに、ナマコの旬も冬であることはご存知でしたか? ナマコも卵を産むのですが、その時期は春。つまり、産卵期の前の冬のナマコが、身が柔らかくて一番おいしいんですって!

 

参照:財団法人水産物市場改善協会

   那珂湊おさかな市場

   横浜丸魚株式会社

   季節料理 魚吉

 

脂がたっぷり乗った私は一年中旬ってことね!

 

イラスト:飛田冬子

 


知っているようで実は知らない?素朴な疑問ランキング

 

水の飲み過ぎはいけないって本当?
しゃっくりの上手な止め方とは?  
日本で一番多い名前ってなに?
ヒジキは食べ過ぎると体に良くないの?
お賽銭の金額はいくらがいちばんいいの?     
お祝い事があるとなぜ紅白饅頭が配られるの?     
日本人の身長が低くなってるって本当?
親知らずって抜歯したほうがいいの?     
次の元号は誰がどうやって決めるの?
家電寿命10年説の真実に迫る!

 

素朴な疑問TOPはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ