公開日:2022/03/27

7

素朴な疑問

桜餅の葉っぱに使われているのは何桜?食べていいの?

桜餅の葉っぱは何の葉っぱ?
香りまでおいしい、桜餅

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

春のおやつの定番、桜餅。ピンク色と緑色のコントラストに、コロンとした形がかわいくて、目でも舌でも楽しめるので私も大好きな和菓子の一つです。

 

この前、家族みんなで3時のおやつに桜餅を食べていたところ、「お母さん、葉っぱまで食べてるよ!」と娘が驚いた様子で声を上げたので、私までびっくり。

 

「え? 桜餅の葉っぱ、食べるわよね?」

 

食べない派の娘と食べる派の娘、一体どちらが正解なんでしょう? 気になったので、桜餅の葉っぱについて調べてみました!

 

桜餅の葉っぱはソメイヨシノではなく「オオシマザクラ」

桜餅の葉っぱはソメイヨシノではなく「オオシマザクラ」

桜といえば「ソメイヨシノ」が圧倒的に有名ですが、桜餅に使われているのは、ソメイヨシノの葉っぱではありません。

 

桜餅に欠かせない桜葉漬け(塩漬けの桜の葉)は「オオシマザクラ」という桜のものなんだそう。オオシマザクラの葉っぱは、他の品種にはない強い香りを持っています。

 

また、歯の表面に細かな毛がなく、舌触りがいいことも特徴。5月〜8月の間に、葉を傷つけないよう丁寧に収穫して、塩漬けにします。

 

桜葉の特産地としては、伊豆半島南西部にある人口6500人ほどの「松崎町」が有名で、国内産桜葉の約7割を出荷しています。

 

桜餅を食べるのは春ですが、収穫・消毒・草取り・桜の木の選定と、桜葉農家の方たちは一年中仕事をしているそうです。

 

桜餅に葉っぱを巻く理由って?

桜餅に葉っぱを巻く理由って?

桜餅に葉っぱが巻かれているのにも、ちゃんとした理由がありました。

 

  • 香り付けをする
  • お餅が乾燥してしまうのを防ぐ
  • 塩漬けにした桜の葉を使うことで雑菌の繁殖を防ぐ

 

ちなみに、桜餅独特のあのいい香りは、桜の葉に含まれる「クマリン」という成分のおかげ。生のままの桜の葉はほとんど香りがせず、塩漬けにすることであのいい香りが出てきます。

 

試行錯誤の末、現在の塩漬けにたどり着くまでには「醤油漬け」にしたこともあったんだとか(醤油漬けの葉っぱを巻いた桜餅もおいしそう……!)

 

桜餅の葉っぱは食べても食べなくてもOK!

そして気になる「桜餅の葉っぱは食べるのか、食べないのか」という問題ですが、どちらでも好みでOKとのこと!

 

葉っぱを巻いたまま食べると葉の食感や香りを強く感じられて、甘さとしょっぱさの絶妙なバランスがおいしいのよね♪

 

娘は「外した方が桜餅本来の香りや味を味わえるから、外した方がいい」と通な意見。葉っぱアリと葉っぱナシ、どちらがおいしいか今度食べ比べてみようかしら?

 

■人気記事はこちら!


参照:ウェザーニュース

   DELISH KITCHEN

   京都製菓製パン技術専門学校

   Jタウンネット

 

ハルメク子さん
桜の葉っぱは「白身魚の桜葉蒸し」など料理にも使えるんですって!

 

イラスト:飛田冬子


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ