公開日:2021/10/13

0

素朴な疑問

納豆のネバネバした糸を切るには?

 

納豆のネバネバした糸を切るには?
納豆のネバネバした糸を切るには?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

朝食に納豆ご飯を食べる頻度が高い我が家。ただ、糸を引くネバネバがお箸に絡んだりするのが悩みの種……。あのネバネバした糸を切る方法はないのでしょうか。そもそもネバネバの正体は何? 早速調べてみました!

 

納豆のネバネバを切る方法

納豆のネバネバを切る方法

まず、納豆パックの開け方にもコツがあるんです! 順を追ってそれぞれの工程でネバネバを切る方法を紹介します。

 

納豆パックを開けるとき

まずパックのふたを開けたら、フィルムの端を少しだけ引っ張り出し、もう一度ふたを閉めましょう。次に、ふたを押さえたままでフィルムを引き抜き、ふたの上に置けば、ネバネバとは無縁です(なるほど!)。

 

混ぜるとき

グルグルかき混ぜた納豆のネバネバは、箸で円を描くように回転させると、簡単に切れます。横回転というのがポイントで、縦に回転させても、ネバネバが伸び縮みするばかりで、糸は切れません。また、お酢を少し加えるとネバネバが緩和されます。

 

口に運ぶとき

納豆にしょうゆや付属のタレを加えた「納豆ご飯」なら、箸でひと口分を持ち上げて、そのまま少し待つと、しょうゆやたれに含まれる塩分でネバネバが切れやすくなります。さらに、納豆がしょうゆやたれを抱え込むことで、水分の重みも加わり切れやすくなります。

 

納豆の糸の原因である「グルタミン酸」は熱に弱いため、箸の先を60℃以上のおみそ汁で温めてから納豆をすくうと糸が切れますよ! 

 

納豆のネバネバの正体は?

納豆のネバネバの正体は?

納豆のネバネバの正体は、納豆菌がタンパク質を分解して作る「グルタミン酸」と糖の一種「フラクタン」です。グルタミン酸には「うま味」がたっぷりと含まれています。フラクタン自体には味がないため、納豆のうま味は、グルタミン酸によるものといえます。

 

ちなみに、北海道や東北地方などの寒冷地では、納豆に砂糖を入れて食べるそうです。納豆に砂糖を加えると、納豆菌の働きが活発になり、よりネバネバが増えます。気になるその味は、案外甘味が強いわけではなく、あの独特のにおいを抑えてくれる効果もあるそうです。

 

栄養豊富な納豆は、普段から積極的に摂取したい食べ物の一つ。簡単にネバネバを切ることができれば、日常的に取り入れやすくなりそうですね♪

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:NHK すいエんサー

   タカノフーズ株式会社

   学研キッズネット

 

混ぜ方で粘り具合は変わるのかしら? また新たな疑問が……。
混ぜ方で粘り具合は変わるのかしら? また新たな疑問が……。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ