快適なフラットシューズで疲れ知らず

【2024】春の足元はフラットシューズが正解!

公開日:2024.02.06

更新日:2024.02.29

この春も引き続き、履いていてラクチンなシューズがトレンドに挙がっており、ストレスフリーで過ごせそう。今回は、この春注目したいトレンドシューズを3点ピックアップします!

2024年春、引き続きフラットシューズトレンドに!
2024年春、引き続きフラットシューズトレンドに!

「おしゃれは足元から」とはよく聞く言葉ですが、一足早く春らしさをコーデに取り入れたい際、靴はハズせないポイント。今季も引き続き、履いていてラクチンなシューズがトレンドに挙がっており、ストレスフリーで過ごせそう。今回は、この春注目したいトレンドシューズを3点ピックアップします!

【春のトレンドシューズ1】バレエシューズ

履いた瞬間、コーデ全体に女性らしいエッセンスを加えられる「バレエシューズ」。映画「麗しのサブリナ」の中でオードリー・ヘップバーンが履いていたため、別名サブリナシューズとも呼ばれています。

脱ぎ履きがしやすくかかとが低いので、疲れ知らずなのが高ポイント。トゥデザインは、女性らしい丸みのあるラウンドトゥ、シャープな印象のポインテッドトゥ、きちんと感のあるスクエアトゥ等豊富に揃っているので、お好みでセレクトして。

WEAR
出典:WEAR

上野画像は少しエッジの効いたタビデザイン。甘くなりがちなバレエシューズにクールさを運んできてくれる一足。幅広設計デザインのタイプなら、履き心地抜群です。クッション性に優れたアイテムなら、快適に過ごせます。

そこに、女性らしく設計されたMA-1ブルゾンを選べば、カジュアル感が軽減されて、大人女性も取り入れやすくなります。丸みのあるコクーンシルエットが大人可愛い一着。やや着丈のあるサイズ感なら、気になるヒップを上手にカモフラージュしてくれますよ。

WEAR
出典:WEAR

こちらは支持率の高い「Repetto(レペット)」のバレエシューズ。縫った後にひっくり返すスティッチ&リターン製法で、一足一足手作りされています。ブラックカラーを選べば、どんなコーデにもなじんでくれるので、活用頻度が上がります。

そこに、春の定番アウターであるトレンチコートを羽織って、暖かさを確保。上品なダブル仕立てとフロントのケープ風フラップが高見えポイントです。デニムのようなカジュアルなアイテムも、バレエシューズのおかげで程よくフェミニンさがプラスされています。

【春のトレンドシューズ2】メタリックシューズ

キラキラと輝くメタリックシューズが豊富な今季。「派手になりそう」と思われがちなメタリックカラーですが、意外とどんなコーデにも合わせやすい万能カラーなんです。

シンプルなカジュアルコーデには華やかさをプラスできるアイテムとして、柄ものやキレイ色コーデに持ってくれば、ブラックやホワイトとはまた異なるまとめ役として重宝します。

取り入れた瞬間、ドレスアップ感のある足元が完成して、コーデにアクセントをプラスしてくれますよ。メタリックシューズを日常に取り入れることで、今っぽいこなれ感を演出することが可能です。

WEAR
出典:WEAR

味のあるメタリック合皮が使用されたシューズ。程よいスクエアトゥーが上品な印象を醸し出しています。靴底の側面のコバ部分には美しいハンドステッチが入っている凝ったデザインです。かかとが柔らかい仕上がりのタイプなら、履き心地が抜群です。

シルバーのメタリックカラーは、ホワイトやグレーの感覚で合わせられて、使いやすいのがポイント。シルバーの光沢感が足元を明るくしてくれて、コーデのアクセントになります。

WEAR
出典:WEAR

華奢なフロントリボンがポイントになった、メタリックカラーのバレエミュール。

こちらは、オンにもオフにも等身大で楽しむオトナの日常着をテーマに、スタイリッシュかつ自然体を楽しめるカジュアルスタイルを提案している「AMERICAN HOLIC(アメリカンホリック)」の一足。程よいスクエアトゥがマニッシュな印象をプラスしてくれます。

ホワイトシャツ×ブラックパンツといったモノトーンコーデに投入すれば、一気に華やかな雰囲気が加わりますよ。

【春のトレンドシューズ3】ローファー

コーデに投入した途端、上品な印象を醸し出してくれるローファー。シャキッとした雰囲気がありながらも、程よくリラックス感があるので、普段使いにはもちろん、オフィスコーデにもマッチします。

ローファーとひと口にいっても、甲の部分に切り込みが入った定番デザインのコインローファーや、甲についた房飾りが特徴的で華やかな印象のタッセルローファー、甲に金属の飾りが付いておりエレガントな雰囲気のビットローファー、甲に飾りがついていないミニマルな見た目が特徴的なヴァンプローファーなど、種類はさまざま。

WEAR
出典:WEAR

マスキュリンな印象のスタンダードなローファーも、今季トレンドのメタリックカラーを投入すれば一気に今っぽさが加速します。フラットデザインのため歩きやすいのがうれしい。

軽量タイプを選べば、疲れにくくストレスフリーで履くことができます。デイリー使いにはもちろん、オフィスシーンにもおすすめ。

WEAR
出典:WEAR

ビットとクラシカルなスクエアトゥがトレンド感のあるローファー。両サイドに柔らかなクッションが入った一足なら、フィット感を高めてかかと抜けを防止してくれます。歩きやすく疲れにくいアイテムです。

ボーダートップス×デニムといったカジュアルコーデにローファーを持ってくれば、きちんと感がプラスされた大人カジュアルコーデが完成します。

以上、この春注目したいトレンドシューズをご紹介しました。ぜひ、一早く春らしさをコーデに取り入れておしゃれを楽しんでくださいね!

遠藤友香

ファッションディレクター。大学卒業後、アシスタントを経てスタイリストとし独立。ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、「ISTITUTO MARANGONI ミラノ校」FASHION STYLING修士課程修了。現在、新聞、TV、雑誌、WEB等、幅広い場で活躍。

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ