定番のブーツ!今年らしい取り入れ方は?

大人の上品ブーツコーデ4選!春まで履けるコツは?

公開日:2024.02.18

更新日:2024.03.15

今やブーツは、冬だけでなく春にも履く定番のシューズですが、今年らしく履くにはいくつかのポイントがあります。50代女性にオススメしたいコツを、ブーツの種類別にご紹介します。

1. デニムコーデもスクエアトゥのブーツでアップデート

出典:WEAR

カジュアルな印象が強くなりやすい、カラートップス&デニムのコーディネート。こちらの着こなしのように、足元をスクエアトゥのショートブーツにすると、エッジが効いて垢抜けた印象に。

こちらのように、足首まわりの生地も柔らかいストレッチブーツなら、履き心地がいいので長時間でもストレスなく履くことができます。

ネイビーのデニム&黒のショートブーツは同じダークカラーでつながって見えるので、すらっと見せてくれるのも高ポイントです。

2. 白スカート&黒ブーツはイチ押しの組み合わせ

出典:WEAR

ホワイト系のスカートやワンピースに黒のショートブーツの組み合わせは、冬にぜひ取り入れてみてほしい着こなし。揺れ感のある白と、辛口の黒のモノトーン具合が、スタイリッシュながら抜け感もあり、つい全体が黒っぽくなりやすい冬に映える着こなしです。

アウターは黒や紺などの濃い色になりやすいので、揺れ感のある白のボトムスは好相性。甘すぎず、上品なフェミニンコーデに仕上がります。

3. ベージュのブーツは足元に抜け感をプラスしてくれる

出典:WEAR

一足持っておくと便利なのが、ベージュ系カラーのショートブーツです。

いろんなアイテムを重ねるため、つい全体が大きく見えたり、着ぶくれしてしまいやすい冬は、足元に抜け感が欲しいところ。でも、冬は寒いため、春夏のように足首を出したりするのは難しいし、真っ白のブーツだと汚れが気になってしまう……そんなときに、明るめのベージュのショートブーツがあると重宝します。

写真のように同系色のスカートに合わせても、デニムやワイドパンツなどの裾からのぞかせてもOK。またモノトーンからきれい色まで、合わせやすい点も魅力です。

ベージュのブーツといっても、イエロー寄りのベージュから、ホワイト寄りのサンドベージュ、グレーとの中間のようなグレージュなど、バリエーションも豊富に揃っています。よく身につけるアウターや、バッグなどの小物と色のトーンが似ているものを選ぶとコーディネートがまとまりやすく、おすすめです。

4.  ニットワンピ&ロングブーツでエレガントに

出典:WEAR

ロングブーツを大人の女性が取り入れるなら、写真のようにボトムスの裾がブーツにかかるような丈のものを選ぶのがおすすめです。脚が分断されて見えることなく、膝下もすらっとした印象をキープ。すっきりと履くことができます。

半端丈のスカートやワンピースなどでも合わせやすい点もgood。エレガントで上品な冬コーデが完成します。

その際は、アウターがボリューミーなものだと重心が下がってしまったり、バランスが取りにくいこともあるため、コンパクトなもの、丈が短めなものが合わせやすいかもしれません。

ぜひチェックしてみてくださいね!

machiko

ファッションライター/19歳で渡英。ファッション、写真を学び、帰国後はファッション誌やアパレルブランドの販売やPRとして勤務したのち、ファッションライターに。毎日がより楽しくなるようなファッション情報をお届けしたい、という想いのもと、WEBをはじめ、雑誌、TV、ラジオなど様々な媒体で活動しています。

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ