ゆったり、ぜいたくな大人の旅

温泉、食、仏像三昧でも、疲れ知らずの南伊豆の旅を

渡辺 裕子

日々の疲れをとりに行ったはずの温泉旅行なのに、自宅に戻ると「は~っ疲れた」とため息が…‥なんて経験はありませんか? そろそろそんな言葉を吐かずに済む、疲れ知らずの旅行をしませんか。大満足の南伊豆のホテルと美術館鑑賞のコースを紹介します。

【目次】
  1. 伊豆下田エリアで、里山を堪能!?
  2. 国宝級の美術品を、ゆったり堪能できる
  3. 美術館への送迎付きで、移動も楽々

伊豆下田エリアで、里山を堪能!?

“疲れ知らず”の旅の宿、私のおすすめは伊豆下田にある「下田セントラルホテル」です。伊豆下田といえば伊豆エリアの最南端。ペリー来航の開国の街として知られ、海を臨むリゾートホテルが多いイメージがあると思います。

しかし、このホテルは山側の里山エリアに位置しており、里山の原風景に囲まれながら過ごせるところが自慢です。その評判は、口コミサイトでも、伊豆下田エリアで1度は泊まってみたいホテルとして名前が上がるほどです。

隠れ家的な落ち着いた宿自慢の天然温泉は、美の最高値といわれるph9.2を保ち、肌にスーッとなじむ心地よさはいつまでも余韻が残ります。また、山里ならではの季節ごとの旬の味を堪能できる食の数々と繊細なもてなしに口コミ評価が高いのも納得です。

海の幸、山の幸でもてなされて至福の時間を堪能

海の幸、山の幸でもてなされて至福の時間を堪能しました。部屋は個室露天付きの部屋もあるのでこちらもおすすめ。

 

新鮮な地魚は酒が進んで困ります

自慢の美肌湯を堪能したら美食時間!新鮮な地魚は酒が進んで困ります。


伊豆と言えば「金目鯛」
伊豆と言えば「金目鯛」。アレンジ料理もリクエストできます。

国宝級の美術品を、ゆったり堪能できる

でも、おすすめはこれだけはありません。宿にステイするなら特に美術、仏閣好きにはぜひ行っていただきたい所があります。

その場所は、「上原美術館」です。

元々は、地元で有名な「達磨大師寺」の構内にありましたが、2017年11月に改めて「仏教館」と「近代館」の2館にリニューアルされました。展示物のクォリティーの高さは仏像好き、仏閣好き、絵画、彫刻好きなら興奮ものですが、普段、芸術関連に触れることが少ない人でも、極上の作品を垣間見るいい機会です。


まずは観覧順序に従い、「仏教館」に足を踏み入れると広大な展示室に阿弥陀如来像や大黒像などの木彫りの仏像が目の前にワーッと現れます。その展示数はなんと、約130体ほどです。どれもが圧巻の迫力で、そこにいるだけで一瞬にしてパワーを充電できそうなトリップ感を味わえると思います。歩み進めると、1000年以上前に書かれた貴重な古写経などもあり、古美術ファンにも満足いく鑑賞ができると思います。
 

上原美術館

バスケットコート大の展示室に並べられた木彫り仏像の数々は圧巻です。(写真撮影許可済み)


隣接する「近代館」のコレクションも、もちろん感動ものです。西洋近代絵画にはゴッホ、モネ、セザンヌ、日本画には横山大観の絵画など貴重な「原画」の数々は感激を超えるレベルです。仮に都内の展示だと混雑してよく見ることができないほど貴重な絵画を、間近でゆったりと鑑賞できる幸せは、ここに来たことを絶対に後悔させません。

「仏教館」「近代館」の両方合わせても90分もあればゆったりと隅から隅まで堪能できるので、気持ち的に満ち足りながらも疲労感が少ないのも魅力です。
 

手入れの整った庭を眺めながらひと息
「仏教館」→「現代館」の順に鑑賞を終えたら手入れの整った庭を眺めながらひと息。最初から最後までレベル高き芸術を堪能です。

美術館への送迎付きで、移動も楽々

さらに、上原美術館に足を運ぶ前に、先に宿でチェックインしておけば、スタッフが美術館までの約2.4kmの道のりを送迎してくれるのもうれしいポイント! ぜひ体験してほしい“疲れ知らずの”南伊豆旅行の裏技です。

伊豆下田駅から宿までは、電車の時間に合わせた無料送迎バスがあるので、昼くらいに伊豆下田駅に到着し、宿に荷物を置いて身軽に美術鑑賞。満足したら、送迎車で宿に戻り、自慢の湯にゆったり浸り、思う存分南伊豆の食を堪能し、満ち足りた山里時間を過ごせば“疲れ知らず”の旅の仕上がりです。

私自身は2017年2月末にこのお宿に訪れて、川津桜満開の南伊豆を満喫しました。宿独自の無料ミニツアーもあって、春だと夜桜鑑賞、夏はホタル観賞など、季節に合わせた里山だからこその楽しみも満載です。「相玉温泉」の湯で火照った体に牛乳やコーヒー牛乳の提供、朝から和洋中の選びきれないほどの朝食も高評価でした。

そんな雰囲気よし、お湯よし、食もスタッフの気遣いもいいし、旅本来の醍醐味である、何もしなくていい贅沢に「また来よう!」と必ず思うはずです。


旅情報
・伊豆下田セントラルホテル
特急踊り子号
東京駅→伊豆下田駅(約2時間46分)
13:45より送迎あり(要予約・要確認)

・上原美術館
観覧時間9:00~17:00(最終入場16:30)
年中無休(臨時休館あり)
入館料1000円(仏像館、近代館共通)

渡辺 裕子

渡辺 裕子

東京都

旅行、お酒、グルメ、風水など幅広い趣味を持っています 。子どもが大きくなり、ある程度時間ができたので旅行は国内外よく行きます。おすすめの旅行地、おすすめの遊び方、ワンランク上の楽しみ方など実体験をもとにご紹介して行きます。Twitter@Jsi1Kz2siUy1pgq

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ