簡単・大人の心理テスト

【心理テスト】若いと言われて思うこと

公開日:2019/10/12

更新日:2020/01/04

4

面白いほど当たると話題の心理テスト。「若いと言われて感じたこと」で、どんな深層心理が暴かれるのでしょうか? 人気占い師・章月綾乃さんの「性格も見た目も美しくなれる!? 簡単・大人の心理テスト」です。

【心理テスト】若いと言われて思うこと

Q 自分よりもずっと年下の同性から「とってもお若いですね!」と言われたら?

回答A うれしくなる!
回答B どうせお世辞でしょ?と、勘ぐる
回答C なんだかバカにされた気がして不快

この心理テストが表すものは何?

あなたは、若く見られる方ですか? 食事や運動に気を使い、素晴らしいプロポーションをキープしている人もいれば、年齢と重力に身を任せている人もいらっしゃるかも……。見かけはともかく、中身をチェックしましょう。

【回答A】うれしくなる!

回答A うれしくなる!

あなたの心は”華麗”中! 加齢ではなく、華麗です。美意識が高く、心がオープンで素直なあなたは、年齢よりもずっと若いメンタルで生きていそう。自分よりも年下の人とも、すぐに打ち解けて、友達みたいにつきあうことが多いはず。ノリがいい楽しい人として、人気があるでしょう。ただ「心の老化」は、思いがけない形で表れているようです。

「若くありたい」という気持ちが強すぎて、知らず知らずのうちに、若い人のマネをしていませんか? どんなに素敵な芸能人でも、年齢に合わない遊びやファッションは、慎重に回避しているものです。年下と張り合おうとするのをやめると、もっと素敵になれるはず。

【回答B】お世辞でしょ?と、勘ぐる

回答B お世辞でしょ?と、勘ぐる

あなたの心は加齢中。ある意味、開き直ってしまっているあなた。年には勝てない、昔みたいにはできない、だから何か新しいことをする前に、やらない言い訳を探していませんか? 疲れそうだから、好きじゃないから……、でも、そんなことは、やってみないとわからないはず。自分では、分別や理性と思っていることが、実は、ただの老化ということもあるかもしれません。

本当は、もう傷つきたくないのです。そして、何も失いたくない。だから、心にバリアを張って、テリトリーを守って、自分の持っているものにしがみつこうとしています。

でも、ちょっと考えてみてください。これからの人生で、一番若いのは、今、この瞬間です! 失敗やムダを恐れずに、チャレンジを。心のハリも戻ってくるはず。

【回答C】なんだかバカにされた気がして不快

回答C なんだかバカにされた気がして不快

あなたの心は反抗期。ホメられているのに、怒ってしまうのは、実は、そこが一番触れられたくないゾーンだから。若さに関する事柄は、あなたにとって禁忌なのです。

本当は、誰よりも執着しています。ちょっとしたむくみやハレも気になり、それが消えるまで、徹底的にケアをするでしょう。若く見られたいけれど、見透かされるのはイヤなのです。

この不器用な感じ、ちょっと覚えがありませんか? そう、あなたの心は、「第二の反抗期」に差し掛かっているのです。イライラしたり、ムカムカしてしまうのは、それだけ、心が若い証拠です。わかってくれないと人とモメるよりも、新しい人間関係や活躍の場を求めてみて。もっと自分に合う世界、素晴らしい可能性に出合えるはず!



関連記事

章月 綾乃

占術研究家・心理テストクリエーター。All About占いガイド。 雑誌やwebにて、占い記事、心理テストを監修、執筆。 『こっそり読みたいオトナの心理テスト』(実業之日本社刊)他、著書多数。 小学館『Sho-Comi』、『増刊フラワーズ』『Cheese!』、anan web他にて好評連載中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ