シニア女性のスマホのお悩みを解決!

【スマホの使い方講座5】災害時に役立つ使い方とは?

公開日:2021/02/15

0

スマホの基本的な使い方や知っておくとより便利なことをご紹介する連載です。第5回目は災害時に役立つお話を。停電しても情報を得たり、連絡を取るための必須アイテムのスマホ。電池の消耗を減らしたり、緊急時の充電方法を覚えておきましょう。

スマホ塾

第5回目スマホの困った短歌

今回も、スマホの使い方でよくあるお悩みを短歌で表現してみます。

「乾パンに お水、へそくり だけでなく 持ち出しリストに スマホ加える」
 

地震の予測を通知してくれたり、家族の安否確認や情報収集に使えるなど、スマホが1台あれば災害時には心強いもの。災害時のスマホの使い方は、ライフライン情報として、NHKのテロップでも流れるようになりました。いざというときに備えておきたいことをご紹介します。

 

緊急地震速報の受信設定を確認しましょう

緊急地震速報の受信設定を確認しましょう

地震がくる直前にアラーム音で知らせてくれる緊急地震速報の設定を確認します。ただし、格安スマホでは対応していない機種も。その場合はアプリを使いましょう。

iPhone

緊急地震速報の受信設定を確認しましょう


[設定]を開き、[通知]をタップ。一番下まで行くと、[緊急速報]があるので、ここをオンに。

Android

スマホの緊急地震速報の受信設定を確認しましょう


災害用キットアプリをタップして、[緊急速報「エリアメール」]を選びます。

右上の、縦に「・」が3つ並んでいるとメニューボタンをタップすると、エリアメールの設定ができます。[エリアメールの許可]をオンにして、さらに音量の設定などもここでできます。

格安スマホの人は、アプリをダウンロード


Yahoo! 防災速報
自分の住む地域を登録すると、地震や台風、噴火など災害の予報や警報を通知してくれます。

 

緊急時、電池の消耗を抑える方法は?

スマホは災害時に便利といっても、電池がなければ使えません。電池をなるべく長持ちさせるための、3つの方法を覚えておきましょう。

省電力モードをオンにする

iPhone

省電力モードをオンにするiPhone


[設定]を開いて、[バッテリー]をタップします。[低電力モード]をオンにすればOK。

Android

省電力モードをオンにするアンドロイド

本体の右脇にある電源ボタンを長押しするとこの画面に。[緊急時長持ちモード]をタップします。

Wi-FiやBluetoothをオフにする

iPhone

Wi-FiやBluetoothをオフにするiPhone


画面を下から上へ引き上げて表示される、Wi-Fiマークとブルートゥースマークをタップしてオフ。画面の明るさを暗くしておくのも効果的。

Android

Wi-FiやBluetoothをオフにするアンドロイド


画面を上から下へ引き下げて表示される画面で、Wi-Fiとブルートゥースをタップしてオフ。画面の明るさを暗くしておくのも◎。

使っていないアプリを終了する

iPhone

使っていないアプリを終了するiPhone


ホームボタンを2回早押し。終了させたいアプリの画面を上へ弾くようにすると終了できます。

Android

使っていないアプリを終了するアンドロイド


左下の□のボタンをタップして、開いているアプリ一覧を表示。右上の×をタップして終了。

 

緊急時に充電する方法も覚えておこう!

電池がなくなってしまったときに使える、3つの方法をご紹介! 緊急時は、自治体のホームページなどで充電ができる場所を確認できます。

避難所で充電

避難所によっては、スマホの充電サービスを開設している場所も。充電ケーブルは持参しましょう。

携帯バッテリーを充電

電源がなくても充電できるモバイルバッテリー。コンビニでも買えます。ケーブルは、別売りの場合もあります。

車で充電

スマホを車で充電する方法

写真のような器具をシガーソケットに差し込めば、家が停電中でもマイカーで充電できます。

 

【教えてくれた人】

女子部JAPAN(・v・)
じょしぶ・じゃぱん スマホの使い方ガイドなどを制作するスマホのプロ集団。ハルメクのスマホ講座では講師を務めています。http://www.iphonejoshibu.com/

 

※説明には、〈Android〉Galaxy Note9 Android8.1.0(通信会社はドコモ)、〈iPhone〉iPhone 8 iOS12.1の画面を使っています。お使いの機種、OS、通信会社によっては、画面や手順が異なる場合があります。画面や動作は、iPhoneとAndroidとで異なる場合がありますが、おおむね同じです。

※今記事は2019年4月号「ハルメク」を再掲載しています。

 

■もっと知りたい■

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ