インナー課長徹が行く

僕の効能

2019/12/17

22

ハルメク通販で女性用下着を開発しているインナー課。女性だらけの中、ただ一人在籍する男性……そう、それが徹(とおる)課長。チームを牽引する男性課長と周りの女性メンバーによる商品開発・通販誌編集の日々を、ほぼ100%実話マンガでお届けします。

ハルメクのインナー課

「ハルメク 健康と暮らし」インナー課の自己紹介

徹(とおる)課長
ある日突然インナー課長に任命されたインナー課唯一の男性。嫌いな言葉は「残在庫」。

住井(すみい)さん
長年女性用インナーを開発してきたプロ中のプロ。その詳しさは徹課長の10000倍。

流石(さすが)さん
通販誌のインナーページ編集リーダーをしながら、セミプロとしてこのマンガを描く。

日和佐(ひわさ)さん
最近インナー課に配属された若葉マーク。それなのにこのマンガのネタ作りを任される。


古川(ふるかわ)さん
インナー課の平均年齢を一人で下げる平成生まれ。住井さんのもとインナー開発修行中。

僕の効能

シニア向け下着

しびれるような熱い交渉(?)を経て新商品完成へ!

ハルメクは下着の自社工場を持っているわけではありません。協力会社の方々に支えられながら下着を作っています。

協力会社の方々とやりとりをするのは商品開発担当の仕事なので、このマンガのように、徹課長が同行することは、実は少ないんです。ただし「ここぞ!」というときには頼れる(?)課長にも同行してもらい、現場ではしびれるような熱い交渉が繰り広げられているとかいないとか……。

では、「ここぞ!」というときがどんなときなのか。

商品開発担当によると、新商品やリニューアル商品の発売前であることが多いみたいです。

「ハルメク 健康と暮らし」最新号の2020年1月号でリニューアルした「骨盤底筋サポートショーツ(あったか裏起毛)」もその一つ。

尿漏れのお悩みにアプローチするショーツとして大人気の商品ですが、リニューアルにあたっては、人気があるからこその難しさも伴います。
サポート機能を進化させつつも、人気のポイントを外さないようにしなければならないため、製作していく上でいろいろなせめぎ合いがあるようです。

サポート力を改善しつつ、はき心地のよさはキープしつつ、ギリギリまで粘りながら納期は守りつつ……。こちらの要望を引き受けてくださる協力会社の方々には頭が上がりません! (これを読んでくださっているメーカーのみなさま、本当にありがとうございます!)

徹課長も出動し、進化した「骨盤底筋サポートショーツ(あったか裏起毛)」について詳しくは、ハルメク通販サイトから!
トイレのお悩みが増える冬におすすめの一枚、ぜひお試しください。


毎月17日(インナーの日)に更新!
「インナー課長徹がゆく」をもっと読みたい方はこちら!

インナー課長 徹がゆく

流石・日和佐

ハルメクの通販誌「健康と暮らし」でインナーページの編集を担当する2人組。流石(さすが):2012年ハルメク入社。趣味は動物の動画鑑賞とサウナ。特技は筋トレ。夢は猫と暮らすこと。日和佐(ひわさ):18年ハルメク入社。新人と見せかけて社会人歴は10年超え。趣味は宮崎への帰省。特技はマイルを貯めること。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ