バングル、ピアス、ちょうどいいバランスは?

アクセサリー使いで夏のマンネリコーデを脱却

公開日:2021/07/12

39
会員限定

ハルメクでもおなじみのモデル・青木沙織里さん(51歳)の連載です。大好評の青木沙織里さんの私服コーディネート。今回は、マンネリになりがちなファッションを、ひと味違ったコーデにするアクセサリー使いのコツをご紹介します。

アクセサリー使いで夏のマンネリコーデを脱却

スタイリングにはアクセサリーが欠かせない!

コーディネートがワンパターンになりがち。。

夏のスタイリングにはアクセサリーが欠かせない!

スタイリングに欠かせないのは、ちょっとだけ個性的なアクセサリー。
アクセントになってくれるアクセサリーは、シンプルなスタイルを華やかに引き立ててくれます。

物足りないコーディネートには太めのバングルを

物足りないコーディネートには太めのバングルを

アクリル製バングル+ゴールドフープピアス。

コーディネートに何か足りない……そんなときは、太めのバングルをサッと付けて出掛けます。

グラデーションコーデに選んだのは、3色のアクリル製バングル。

三色のアクリル製バングル

差し色になる朱赤、べっ甲、アイボリーの落ち着いた配色はバランスがよく、大人っぽい雰囲気に仕上げてくれます。

ボリュームのあるバングルですが、洋服と同系色のアイボリーが入っているので、馴染んで悪目立ちしません。

ピリッと良いスパイスになってくれます。

ブラウンやベージュなどの暖色系と相性がいいゴールドの、小さめフープピアスを組み合わせました。

夏に限らず、出番が多いピアスです。

小さめフープピアス

主張が強い服のときはシンプルな真鍮のバングルでバランスを取る

主張が強い服のときはシンプルな真鍮のバングルでバランスを取る

真鍮バングル+真鍮ピアス。...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

青木 沙織里

あおき・さをり カフェ巡りとあんこが大好き。19歳よりモデルを始め「nonno」などの雑誌、CM等を中心に活動。30代から「いきいき(現・ハルメク)」のモデルに。バッグ製作も行う。趣味はキックボクシング、ピラティス、陶芸など。現在、ホットフラッシュ真っ最中&グレイヘア育成中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ