話題の「星野リゾート BEB5土浦」にも宿泊!

廃線跡を自転車で走る!つくば霞ヶ浦りんりんロード旅

公開日:2020/07/15

68
会員限定

大の鉄道好きマンガ家・文筆家のYASCORN(やすこーん)さんが、気軽に行ける1泊2日の女性一人旅を紹介。withコロナ時代、今回はソーシャルディスタンスが取れる自転車旅をしてきました。自転車旅といえど、しっかり鉄道とも関係しているんです。

自転車と私

自転車で楽しむソーシャルディスタンスな旅

2020年6月19日、県境をまたぐ移動が全国解除されました。しかし3密は避けたいし、混み合う場所には行きたくない。そう考え思いついたのが、かねてから行きたかった「つくば霞ヶ浦りんりんロード」を自転車で走る旅です。

つくば霞ヶ浦りんりんロードとは、旧筑波鉄道の廃線跡と、霞ヶ浦の周りの湖岸道路を合わせた全長180kmのサイクリングコース。しかも2019年11月に国土交通省から全国3か所の「ナショナルサイクルルート」のうちの一つとして認定されました。さらに2020年3月、土浦駅に「星野リゾート BEB5土浦」という魅力的なホテルが誕生。これは行くしかありません!

小山駅 宇都宮線上りホーム東京寄りにある駅そば「きそば」
小山駅 宇都宮線上りホーム東京寄りにある駅そば「きそば」

今回、自分の自転車は輪行(自転車を公共交通機関で運ぶこと)はせず、レンタサイクルを借りることにしました。荷物をずっと背負って走るので、疲れないリュックと自転車レースの際に着ていた服を着て出発。まずは宇都宮線で小山駅へ向かいます。

「きそば」の天ぷらそば
「きそば」の天ぷらそば

乗り換えの小山駅「きそば」で朝ごはん。こちらのおそばは中太麺の乱切り、つゆは醤油ベースで黒っぽく、出汁の味がしっかり。ほっとする味です。こういう手作りの駅そばらしい駅そばは、本当に少なくなりました。今の時期限定の生そうめんにも惹かれましたが、パワーをつけるために天ぷらそばにしました。

 

岩瀬駅でレンタサイクルを借りて40㎞のサイクリングスタート

岩瀬駅前の高砂旅館でレンタサイクルを借りる
岩瀬駅前の高砂旅館でレンタサイクルを借りる

そして水戸線に乗り岩瀬駅で下車。右斜め方向にある高砂旅館でレンタサイクルを借ります。こちらは「広域レンタサイクル」といって県と沿線の市町村が運営している、11か所の施設に乗り捨て可能なレンタサイクル。料金は1日1500円と安く、申込みはホームページから3日前まで。こちらを2日連続で借りました。

左/高砂旅館の奥さま手作りのキーホルダーと折り鶴。右/つくば霞ヶ浦りんりんロードマップ
左/高砂旅館の奥さま手作りのキーホルダーと折り鶴。右/つくば霞ヶ浦りんりんロードマップ

高砂旅館もその施設の一つ。ご主人から自転車の説明を聞き、奥さまから「よかったら旅のご安全にどうぞ」と趣味で作っているというキーホルダーをいただきました。ちょっとしたお気遣いがうれしいです。地図は必携なので、もらうのを忘れないようにしましょう。

ホームは昔、こちらにあったと説明する高砂旅館のご主人
ホームは昔、こちらにあったと説明する高砂旅館のご主人

今日は、岩瀬駅〜土浦駅までの約40kmのコースを走ります。この区間がまさに、旧筑波鉄道の廃線跡。今回も、なんだかんだ言って鉄道旅です。コースには現在も、かつてのホーム跡などが残っているそうなので、順に巡っていこうと思います。

 

どこまでも続くまっすぐな道「りんりんロード」

りんりんロード
りんりんロード

さて、りんりんロードをスタートです。どこまでもまっすぐで平坦な道は、まさに線路。ああ、かつてここに鉄道が通っていたのだなあ、と感じながら走ると感慨深いです。しかし空はどんより。お天気はかなり怪しい……。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

YASCORN

駅弁・駅そばが好きな鉄道好き漫画家&文筆家。温泉ソムリエ。児童誌から鉄道誌まで幅広く活動中。著書に「おんな鉄道ひとり旅」(小学館・プチコミック増刊で連載中)、「メシ鉄!!!」電子書籍1〜3巻(集英社)他。「鉄道漫遊記」を東洋経済オンラインで連載中。HP: yascorn.com

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ