素朴な疑問

日光浴は骨粗しょう症の予防になるって本当?

日光浴は骨粗しょう症の予防になるって本当?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

友人がつまずいた拍子に足首を骨折したというので、お見舞いに行って来ました。お医者さんに「骨粗しょう症」と診断されたそうで、普段は元気な友人もさすがに落ち込んでいました。

 

友人に「そろそろあなたも人ごとじゃないわよ~」なんて言われてしまったワタシ。そういえば、自分の骨について考えたことなんてなかったわ……。ちょっと不安になったので、骨粗しょう症について調べてみました!

 

骨粗しょう症とは、骨がもろくなり、骨折しやすい状態になることをいいます。骨粗しょう症を予防するためには、カルシウムを多く含む食品・食事を取ることが大切です。

 

また、カルシウムの生成には、ビタミンDが関係しています。ビタミンDは骨の材料となるカルシウムの吸収を助けたり、カルシウムが不足しているときは、尿の中からカルシウムを再吸収するよう働きます。また、骨への沈着を調整して骨形成を促します。つまり、骨の生成するためには、ビタミンDがあってこそ、カルシウムが活用されるということです。

 

ビタミンDは、体内で無条件に生成されないので、食事から摂取する必要があります。サケ、イワシ、カツオなどの魚類、卵黄、干しシイタケ、キクラゲなどのきのこ類に多く含まれています。

 

また、ビタミンDは、日光を浴びることで作り出すことができます! 皮膚の下にある皮下脂肪には、紫外線に当たるとビタミンDをつくるコレステロールの一種が含まれているそうです。驚いたことに、日光を浴びてつくられるビタミンDの量は、食事から得られる量よりも多いのですって。厚生労働省によると、1日に必要なビタミンDの必要量は15μg(1μg=0.001mg)以上。食品から取る必要量の目安が5.5μgしかないので、不足している10μgは日光浴から作る必要があります。

 

ビタミンDをつくるための日光浴に必要な日光照射時間は、夏は木陰で30分程度、冬は1時間程度とされています。日に当たる皮膚の面積を増やせば、その分日光照射時間も減らせるそうです。

 

顔や首の日焼けが気になる場合は、日傘や帽子、スカーフなどを使い、手のひらや腕、足を日に当てるといいそうですよ! ガラスは紫外線を通しにくいので、窓ガラス越しの日光浴ではなく、外に出て日光を浴びるようにしましょう。

 

骨粗しょう症の原因は老化だけでなく、女性の場合は閉経後のホルモンバランスが影響しているそう(本当に人ごとじゃないわ!)。

 

骨は刺激を与えると強くなるそうなので、ウォーキングや筋力トレーニングといった骨に刺激を与える運動も、骨粗しょう症の予防として効果的だそうです。外に出て、日光を浴びながらウォーキングをしたら、一石二鳥ってことね!

 

骨粗しょう症に気を付けないとならないお年頃のワタシ。今日からビタミンDが豊富な食事、適度な日光浴、適度な運動を心掛けようと思います。

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:いいほね.jp 骨を元気にする習慣―日光浴をしよう!

   公益財団法人 骨粗鬆財団 日光浴はどのくらい必要?

   e-ヘルスネット 骨粗鬆症予防のための運動 -骨に刺激が加わる運動を

   運動器の健康・日本協会 Q 運動以外に骨粗しょう症の予防として有効なことはありますか?

   糖尿病ネットワーク ビタミンDをつくるのに日光浴が必要 4つの方法で紫外線に対策

 

日光浴すると、心もほっこりするのよね♪
日光浴すると、心もほっこりするのよね♪

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ