公開日:2019/12/30

3

素朴な疑問

ブラインドの簡単なお掃除方法は?

ブラインドの簡単なお掃除方法は?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

年末が近づくにつれてよく話題に上るのが「大掃除」! 年末ってただでさえ忙しいのに、大掃除をしなきゃって思うと気が重くなるんですよね……。友人と大掃除について話していたところ、ブラインドのお掃除で悩んでいるのだそう。

 

友人いわく、「ブラインドの掃除が面倒で……」とのこと。なるほど、最近はブラインドを使っている家もたくさんあるけれど、ブラインドって小さな部品がつながっているだけに、一気に洗うのは難しそうだし掃除が面倒な気がしますよね。簡単に掃除できる方法ってあるのかしら?

 

調べてみたところ、ブラインドを掃除する簡単な方法がありました!

 

ブラインドに付く汚れはホコリ、カビをはじめ、油汚れや皮脂汚れ、せっけんカスやたばこのヤニまでさまざま。特にブラインドにホコリが付いてしまう原因は「静電気」なのだそう。その他の汚れについては、ブラインドが設置されている場所によってどんな汚れが付きやすいか違いがあるんですって。

 

ブラインドの基本的な掃除方法は実は簡単。ブラインドの羽を下げ、ハンディモップやはたきで軽くホコリを落としてから、羽の向きを反対にし同じようにホコリを落とすだけなのだとか。

 

これなら他の場所のホコリを掃除するついでに掃除ができるかも。今は、マイクロファイバーなどの特殊素材を使ったはたきやモップが市販されているから、それを使えば、ブラインドの汚れ掃除がより簡単にできます。

 

とはいえ、これは普段行う場合の掃除方法。大掃除などでガンコな汚れを取るにはどうしたらいいのかしら? その方法は「軍手」を使って直接拭き掃除をするのがいいみたい!

 

軍手を使ったお掃除の仕方は、ブラインドの表面のホコリを除去した後、500mLのぬるま湯に対し大さじ1杯の重曹を溶かしたものをスプレーでブラインドに吹き付け、軍手にも同じものを浸します。ゴム手袋を装着した上からその軍手を装着! 指と指の間にブラインドの羽を挟み拭いていくという方法です。ブラインドの下に新聞紙を敷いておくと、床に落ちたホコリをまとめて捨てられるので楽ちんです!

 

大掃除のときにブラインドの掃除を簡単にするためにも、普段から汚れを付きにくくしておきたいですよね。そんなときには、柔軟剤を活用するのがおすすめです。水100mLに柔軟剤を数滴混ぜたものを、雑巾や軍手に含ませてブラインドを拭くと、柔軟剤の効果で静電気が起こりにくくなり、ブラインドに汚れが付きにくくなるのだとか! 

 

また、部屋が乾燥すると静電気が起こりやすくなるため、加湿器などを活用して部屋の湿度を下げ過ぎないことも有効です。湿度は夏は50~60%、冬は40~50%の湿度になるように調整しましょう。

 

ブラインドのお掃除方法について詳しくなったから、今度友人に会ったら教えてあげようと張り切るワタシなのでした!

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:くらしのマーケットマガジン

   タスクル

   RELIVERS

 

寒さに耐えながらの大掃除。ちょっとはダイエットになったらいいのに……
寒さに耐えながらの大掃除。ちょっとはダイエットになったらいいのに……

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ