2019/02/06 0

霧(きり)と靄(もや)の違いは何?

 

2019年のゴールデンウィークは10連休になるそうですね。知り合いのご夫婦は、ロマンチックな「霧のロンドン」に旅行に行くそうです。(海外なんてうらやましい!)わが家の場合は家計的に、国内で「霧の摩周湖」あたりが現実的かも……。

 

そういえば、霧と似ている自然現象に靄(もや)があります。霧と靄は何がちがうのかしら? 今まで考えたことなかったけど、気になったので調べてみました。

 

気象庁によると、「霧と靄」はどちらも気象用語ですが、霧は予報用語、靄は解説用語として分類されています。たしかに天気予報では、霧にまつわる注意報は耳にしますが、靄はあまり聞きませんね。でも、気象庁が報道向けに発表する資料には、靄という言葉も登場するんですって。

 

霧とは、空気中の水蒸気が水滴になり、白っぽく見える現象のことです。(だからいつの間にか、髪や衣服が湿るのね!)白っぽく見える理由は、浮遊する水滴が、光を反射したり散乱するためです。陸上で水平方向を見通せる距離が、100m以下(海上なら500m)なら濃霧(のうむ)、1km未満なら霧と呼ばれます。

 

霧は、その発生の仕方によって、たくさんの種類に分けられます。たとえば、初夏の海に発生する移流霧(いりゅうぎり)、盆地に多い放射霧(ほうしゃぎり)、山の斜面を昇る滑昇霧(かっしょうぎり)、冬の川に多い蒸発霧(じょうはつぎり)などです。入道雲やちぎれ雲……、雲にたくさんの種類があるのと同じですね。それもそのはず、雲と霧は発生する場所がちがうだけで、本質的な仕組みは同じなのですから。

 

ところで靄は? というと、水平方向に1km以上見通せて、10km未満の場合が靄です。そう、霧と靄のちがいは、「見通せる距離」だけだったんです! 

 

ちなみに霞(かすみ)と朧(おぼろ)という言葉も、霧と靄にイメージが似ていませんか? せっかくなので、こちらも調べてみました。すると、霞と朧は気象用語ではありませんでした。霞と朧は、浮遊する水滴にチリや煙が混ざることで白っぽく見える現象を指し、見通せる距離は関係ないそうです。昼間なら霞、夜間なら朧とよばれます。

 

霧、靄、霞、朧。やたらと画数が多くて目がチカチカする漢字ばかりですが、どれも美しい響きの日本語ですよね。それぞれが俳句の季語にもなっているんですよ~、霧は秋、靄は冬、霞と朧は春の季語です。ワタシも一句ひねってみようかしら。でも、正しい漢字が書けるか心配です。

 

参照:気象庁

         e-気象台

         海上保安庁

         昭和海運株式会社

 

朝靄の中でコーヒーなんて素敵

 

イラスト:飛田冬子

 


知っているようで実は知らない?素朴な疑問ランキング

 

水の飲み過ぎはいけないって本当?
しゃっくりの上手な止め方とは?  
日本で一番多い名前ってなに?
ヒジキは食べ過ぎると体に良くないの?
お賽銭の金額はいくらがいちばんいいの?     
お祝い事があるとなぜ紅白饅頭が配られるの?     
日本人の身長が低くなってるって本当?
親知らずって抜歯したほうがいいの?     
次の元号は誰がどうやって決めるの?
家電寿命10年説の真実に迫る!

 

素朴な疑問TOPはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ