2019/01/10 0

月まで歩いていったら、何時間かかる?

 

日本最古の歌集「万葉集」に歌が詠まれたり、お月見の習慣があったりと、日本の風物詩には欠かせない月。しんと静まりかえった夜に月を眺めていると、昔の人たちもこうして月を見上げていたのかなとしみじみします。

 

あれは、満月の日だったでしょうか? 空に浮かぶ月が、とても近くに見えたのです。これなら歩いていけるんじゃないかって思えたほどでした。

 

もしも実際に月まで歩いて行ったとしたら、何時間ぐらいかかるのでしょうか? 気になったので、さっそく調べてみました。

 

仙台天文台のHPによると、地球から月までの距離は約38万km。こうして具体的な数字を知ると、月をより身近に感じます。けれども、約38万kmっていったいどれくらいの距離なのか想像がつきません。歩く時間を調べる前に、もっと速い乗り物で調べてみましょう。

 

例えば、車で月まで行くとしたらどれくらいの時間がかるのでしょうか? 時速80㎞でずっと走った場合にかかる時間は、約6か月なのだそうです。6か月ということは……、1か月を30日で計算すると180日間。1日24時間だから、4320時間ということになります。

 

時速300㎞の新幹線だと約53日。あっという間に通り過ぎるあの新幹線の速度で、約53日かかるなんてかなりの距離だということです。もっと速い時速1000㎞の飛行機では? なんと約16日間。飛行機でも約16日間飛び続けなければいけないってことは、あんなに近くに見えた月は、実際にはとても遠くにあるということがわかります。(歩いていくのはもっと時間がかかるってことよね)

 

けれども、宇宙船アポロは、もっと早く月に到着していたんじゃなかったかしら? アポロ11号が、地球を出発してから月に到着するまでかかった時間は約102時間。秒速11㎞もの速度で飛んでも、4日と6時間もの時間がかかっています。

 

となると、月まで歩いていくのは、とんでもなく時間がかかるのでは? ええ、そうです。もしも月まで歩いていったとしたら、8760時間、約11年もの年数がかかります。休憩なしでずっと歩き続けてもこれだけかかるそうです。休憩時間などを考慮し1日8時間だけ歩いたとしたら、約32年もかかることになるとか。(ヒエ~)

 

しかも現在、月は1年間に約3.8cmずつ地球から離れていっているというデータもあるそうです。あんなに近く見える月も、実のところは遠い存在。やはり月は、眺めるだけにしておくのがいいのかもしれません。

 

参照:仙台市天文台
   国立天文台
   宇宙情報センター
   太陽系探検隊
   宇宙科学研究所キッズサイト

 

映画のETみたいに自転車で月まで行くのもあこがれるわ!

 

イラスト:飛田冬子

 


知っているようで実は知らない?素朴な疑問ランキング

 

水の飲み過ぎはいけないって本当?
しゃっくりの上手な止め方とは?     
ヒジキは食べ過ぎると体に良くないの?
お賽銭の金額はいくらがいちばんいいの?     
お祝い事があるとなぜ紅白饅頭が配られるの?     
日本人の身長が低くなってるって本当?
園遊会に、私も参加することはできるの?
親知らずって抜歯したほうがいいの?     
銀行口座を10年以上使っていないと下ろせなくなる?
家電寿命10年説の真実に迫る!

 

素朴な疑問TOPはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ