公開日:2019/01/01

更新日:2021/01/01

5

素朴な疑問

おせち料理の「祝い肴三種」とは何?

おせち料理の「祝い肴三種」って何
おせち料理の「祝い肴三種」とは

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

年末におせちを作っていたときに数の子が「祝い肴(さかな)」と呼ばれていることを知ったのですが、実は「祝い肴」は他にもあるみたいです。おせち料理には「祝い肴三種」が欠かせないらしいです。「三種」って何かしら? 気になったので調べてみました。

 

祝い肴三種は関東と関西で違う

祝い肴三種とは、お正月のお祝いに欠かせないとされている三種類の料理のこと。「三つ肴」「三種肴」とも呼ばれています。

 

関東の祝い肴三種は、「数の子」「黒豆」「田作り」の三つ。「田作り」と聞くと少しなじみがないように感じられますが、「ごまめ」とも呼ばれる、カタクチイワシの稚魚を干し、しょうゆであめ炊きにしたものを指します。おせち料理の定番料理ですね。
 

  • 数の子 
    子孫繁栄の縁起物

  • 黒豆
    日に焼けて真っ黒になるまでまめ(勤勉)に、過ごせますようにという願いを込めたもの。関東では、「シワが寄るまで元気で働けるように」と、長寿の意味を込めてシワが入るように豆を煮ます。

  • 田作り
    豊年満作の願いを込めています。「五万米(ごまめ)」とも呼ばれます。
     

関西の祝い肴三種は「数の子」「黒豆」までは同じ。最後の一つは田作りではなく、「たたきごぼう」なのです。これは、細く切ったゴボウを叩いてゆで、甘酢で和えたり、ごま煮、醤油煮、ごま酢、くるみあえなどにしたりするもののことを指します。こちらは田作りとは違い、味付けについては特に決まっていないみたいです。四国地方の一部では「たたきごぼう」ではなく「田作り」がおせちに入れられていたという話もあります。どうやら、地域によって多少の差はあるようです。

  • たたきごぼう
    ゴボウは根づく野菜なので、家の土台がしっかりとするようにと願いがこめられています。

この祝い肴三種とお餅をそろえれば、最低限のお正月のお祝いができるとされています。逆に、他の料理や飾りがどれだけ豪華でも、祝い肴三種がそろっていない場合は、お正月をお祝いするお膳の体裁が整わないのだそうです。

 

なぜ祝い肴は三種なのでしょう? それは、昔の人は「三」という漢字が完全を意味すると考えていたからです。おせち料理を作るときは、忘れずに祝い肴三種を入れようと思いました。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:おせち料理の種類とその意味
   たたきごぼうの由来と作り方(オイシックス・ラ・大地株式会社)
   キッコーマン 

 

おせちがある間は、主婦も休業
おせち作り、がんばります!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ