公開日:2021/11/21

0

素朴な疑問

スマホで月をきれいに撮るコツは?

 

スマホで月をきれいに撮るコツは?
スマホで月をきれいに撮るコツは?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

空気が澄んだ秋は、夜空を見上げるのが楽しい季節。きらめく星や輝くお月様を見つけると得した気分になってしまいます。ついついスマホで夜空を連写してしまうのですが、撮った写真を見るとなぜか白くぼやっとしたものばかり……。目の前のきれいな月夜とのギャップに、ガッカリ感が止まりません。

 

スマホできれいな月を撮る方法ってないのかしら? さっそく調べてみようと思います!

 

スマホで月がきれいに撮れない?

スマホで月がきれいに撮れない?

実は、肉眼ではきれいにクッキリと見える月が、スマホで撮ると白くぼやっとしてしまうのには理由がありました。それは、スマホカメラの「露出」機能が影響しているから。

 

スマホに内蔵されているデジタルカメラには、撮りたい被写体にどれくらいの時間や強さで光を当てるかを調整する露出機能が備わっていて、撮りたいものに照準を合わせることで自動的に露出が調整されています。

 

ところがカメラは「明るいもの」と「暗いもの」を同時に認識するのが苦手で、明暗のギャップが激しいほど露出がうまく働かなくなるんだそう。

 

きれいな月を撮ろうと思っても、カメラは画面の大半を占める夜空の暗さに影響されてしまい、月の部分が露出オーバー(光が当たり過ぎた状態)になって「白飛び」という現象になってしまいます。逆光で写真を撮ると光に焦点が当たってしまい、撮りたいものが真っ黒につぶれてしまうというのも同じ理由です。

 

スマホで月をきれいに撮る方法

スマホで月をきれいに撮る方法

スマホが月をキレイに撮るのが苦手ということがわかりましたが、では何か上手に撮るコツはないのかしら? 調べてみると、ありました! ポイントは「月から受ける光の量を調整すること」。ちょっとしたコツでカンタンにできるので、やってみましょう。

 

<iPhoneの場合>

  1. カメラのフラッシュを「オフ(雷マークに斜線が入っている状態)」にします。
  2. 画面の中の月を長押しして、画面に「AE/AFロック」という文字と太陽のマークが見えたらOK。
  3. 太陽のマークを上にスライドすると画面が明るく、下にスライドすると暗くなります。月の白飛びがなくなるように「下にスライド」して調整したらシャッターを押します。

 

<Androidの場合>

  1. メーカーによって機能が異なりますので、お手持ちのスマホカメラに露出補正機能があるかどうかチェックしてみましょう。太陽のマークと目盛りが出てくれば、露出補正可能です。
  2. ゲージを動かすと画面の明るさが変わります。月の白飛びが消えるまで調整してみましょう。数値がわかる場合は「-1~-3」に露出補正すると月がきれいに見えやすくなります。
  3. 調整したらシャッターを押します。

 

  • スマホで月をキレイに撮るコツ

<手ブレに注意する>

夜景をきれいに撮るには、手ブレをできるだけ抑えることも大事なポイント。基本的なことだけど、気を付けるかどうかで写真の仕上がりが大きく違います。

 

近くに欄干や手すり、柵などカメラを固定できる場所があれば、スマホを置いて撮影しましょう。置く場所がなければ、できるだけ脇を固めてシャッターを押す際にスマホが動かないように気を付けて。

 

<カメラアプリを使う>

また、カメラアプリを使うと、内蔵カメラではできないシャッタースピードやISO感度など細かい露出補正をすることができます。

 

きれいな月夜に出合ったら、その感動を写真に残しておきたいわよね。さっそく今夜から実践してみようっと!

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:bitWave

   ソフトバンクニュース

   できるネット

 

以前、満天の星空を撮影したら真っ黒な写真が……。
以前、満天の星空を撮影したら真っ黒な写真が……。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ