公開日:2021/04/25

0

素朴な疑問

曇りの日は紫外線対策をしなくてもいいの?

曇りの日の紫外線対策
曇りの日は紫外線対策をしなくてもいいの?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

毎日じめじめと蒸し暑い日が続いていますね。こんな日は日焼け止めのクリームを塗るのも億劫になってしまうし、ちょっとくらい手を抜いてもいいかなって思っちゃいます。曇りの日は紫外線も弱くなるイメージがあるけど、対策は必要ないのでしょうか? この際しっかり調べてみましょう!

 

天気による紫外線量の違い

天気による紫外線量の違い

曇りの日とは、雲が太陽光を遮っている状態です。真夏の強い日差しに比べて、曇りの日や雨の日は紫外線が地表に届きにくくなります。気象庁のサイトによると薄曇りの日で快晴時の8~9割、曇りの日は快晴時の6割、さらに雨の日には3割まで紫外線が減少するそうです。曇りや雨の日に紫外線量が少ないというのは、あながち間違いでもないということですね。

 

しかし、気になる情報もありました。雲の状態によっては、雲が多くても晴れの日より紫外線量が増える日もあるそうです。これは雲の隙間から日差しが射すときに雲からの散乱光が加わって、より多くの紫外線が降り注ぐという現象です。曇りの日だから紫外線量が少ないとは一概に言えないということのようですね。それでは、曇りの日はどのような紫外線対策を取ればよいのでしょうか?

 

曇りの日でも紫外線対策を

曇りの日でも紫外線対策を

地表に届く紫外線は、UV-A波とUV-B波の二種類に分けられます。日焼けで赤くなったり、やけどのような症状を引き起こすUV-B波は、直射日光を遮ればある程度避けることができます。

 

しかし、波長が長く窓ガラスも通過する性質を持つUV-A波は、曇りの日でも地表に降り注いでいるのです。さらに、気象庁のデータによると、UV-Aはピーク時の4月~8月以外の時期も、ピーク時の半分以上の紫外線量があるという結果に。

 

UV-A波はじわじわと肌の奥に影響を及ぼし、シワやたるみの原因となります。長期的なお肌のケアには、肌の深い部分のダメージを防ぐことが欠かせません。曇りの日の紫外線対策には、UV-A波を効果的に防ぐことが大切だといえるでしょう。

 

UV-A波を効果的に遮るには、日焼け止めの数値の見方を知っておく必要があります。日焼け止めのパッケージに、「SPF〇〇・PA+」という数値が記載されているのに見覚えはありませんか? これはUV-A波とUV-B波を防ぐ能力がどのくらいあるのかを示したものです。

 

「SPF」はUV-B波を防ぐ効果があり、その後に続く数字が大きいほど効果が高く、「PA+」はUV-A波を防ぎ、「+」の数が多いほど高い効果を発揮します。UV-A波を重点的に防ぎたい場合は「PA」の「+」の数が多いものを選べばいいということになります。屋外での軽い運動には「SPF30・PA+++」程度を推奨しています。この数値を参考に普段使いの日焼け止めを選ぶとよさそうですね。

 

曇りや雨の日でも紫外線は地表に降り注いでいます。日焼け止めや日傘などを活用して、紫外線対策を習慣付けるようにしたいですね。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:国土交通省 気象庁

   ウェザーニュース

   Homeo Beau

   COOL GARAGE

   株式会社資生堂 アネッサ

 

さらっと付けられるタイプの日焼け止めを常備しておかなくちゃね!
さらっと付けられるタイプの日焼け止めを常備しておかなくちゃね!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ