トレッキング初心者でも行けた!

屋久島 縄文杉への挑戦~白谷雲水峡編

ちょこび
2018/11/09 2

人気の国内旅行先のひとつ屋久島。縄文杉を見に個人旅行を敢行。今回は縄文杉を見に行く前に、まずは足慣らしとして、白谷雲水峡トレッキングに挑戦! その時の様子をご紹介します。苔むす森、がじゅまるの木といった見どころも。

屋久島 縄文杉への挑戦 白谷雲水峡
白谷雲水峡
【目次】
  1. ドラマの撮影地にもなった屋久島は、自然の宝庫
  2. 足慣らしで白谷雲水峡のトレッキングへ
  3. 圧巻! 包み込まれるようなパワーを感じ
  4. 5時間の道のりで足がパンパンに

ドラマの撮影地にもなった屋久島は、自然の宝庫

今回の旅程は

1日目(9/23):羽田→鹿児島→屋久島 屋久島観光(自然遺産・フルーツパーク)

2日目(9/24):白谷雲水峡トレッキング

3日目(9/25):縄文杉トレッキング

4日目(9/26):屋久島→鹿児島→羽田

こんな感じでした。

屋久島は縄文杉が有名ですが、それ以外にも見所はたくさんあります。

まず、車で行ける世界自然遺産があります。屋久島の約2割に当たる面積が世界自然遺産に登録されているとのことで、西部林道というのがそこに含まれており、車で通ることができます。屋久島についてからホテルに行く際にそこを通過しましたが、あちこちに野生の猿や鹿を見かけました。のんびりと道路を歩いていたりして、猿や鹿の通行待ちなんてこともありました。

また縄文杉のトレッキングはしなくても、とてつもなく大きな杉をあちこちで見ることができます。NHKドラマ「まんてん」の撮影地にもなったがじゅまるの木、大滝など、自然の宝庫なので縄文杉に行かなくても屋久島はぜひおすすめです。

足慣らしで白谷雲水峡のトレッキングへ

さて、今回は旅程2日目に行った、白谷雲水峡のトレッキングについてお話したいと思います。白谷雲水峡にはもののけ姫の舞台にもなったと言われる苔むす森があります。縄文杉のコースよりも標高差が少ないので気軽に行けるところです。

コースも何種類かあり、1時間から6時間まで、どこまで行くか、どのコースで行くかによって時間も難易度も違うので、気軽に屋久杉を満喫するのにはとってもいいと思います。

私達は、有名どころの屋久杉を見ながら苔むす森まで行くコースを選びました。途中大きな岩を渡り歩いて川を渡ったり、森の中を歩いたり、時間も往復で5~6時間と、手ごろなコースながら、有名な大きな杉もたくさんあり、見どころも満載でした。

 

圧巻! 包み込まれるようなパワーを感じ

宮崎駿監督がもののけ姫を手掛けた際には、何回もこの雲水峡に足を運んだそうです。実際行ってみましたが、まさに映画で見た場面そのままでした。うわぁ~と思わず声が出るほど神秘的な空間で、あの風景はいまだ目に焼き付いています。

雨が月に35日も降ると言われる屋久島の自然が生み出す風景。全体からあふれるように、包み込まれるように感じるパワー……圧巻です。

屋久島ならではの環境が生み出したまさに芸術そのものでした。

縄文杉は最古の最大級の屋久杉として有名ですが、私はこの白谷雲水峡もそれに劣らない魅力があると思います。

ぜひ機会を作っていかれる事をおすすめいたします。

白谷雲水峡。
白谷雲水峡。

 

苔むす森。

 

苔むす森。
苔むす森(上、下)。

 

がじゅまるの木。
がじゅまるの木。

 

5時間の道のりで足がパンパンに

何の準備もしないまま、いきなり縄文杉(往復約11時間)へはあまりにも無謀と考え、前日に足慣らしとして白谷雲水峡散策をしましたが、やはり終わってみると足はパンパン。5時間余りの行程とはいえ、身体も疲れてしまいました。

翌日の縄文杉を控え、夜はホテルでゆっくりと温泉につかり、全身マッサージを受けてしまいました(笑)。やはり、元気なうちに先に縄文杉に行き、余力で白谷雲水峡の方が良かったかなと思いました。

次回は、屋久島での最大の目的、縄文杉とのご対面です。約11時間にも及ぶトレッキングの様子もご紹介します。

ちょちょこび

ちょこび

神奈川県/56歳

夫、長男29歳、長女27歳、私の4人家族ですが、子どもふたりは結婚をして家を出ていますので、現在は夫とわんこ、私の2人と一匹の生活です。趣味は旅行とお遊びのテニス、そしてベイスターズの応援です。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクTRAVELメールマガジンを受け取る

ゆったりと非日常を味わいたい方におすすめの旅情報をお届けします。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ