翻訳家・食野雅子さんが魅力をリポート

ターシャ・テューダーゆかりの地を訪ねる旅

ハルメクWEB編集部
2019/08/02 39

絵本作家やガーデナーとして活躍し、没後10年以上たった今もなお、世界中で愛され続けるターシャ・テューダー。ターシャと親交の深かった翻訳家・食野雅子さんが、アメリカ・バーモント州のターシャの家を訪れた様子をリポートしてくださいました。

世界中で愛され続けるターシャ・テューダー
世界中で愛され続けるターシャ・テューダー
【目次】
  1. 世界中で愛され続けるターシャ・テューダーとは?
  2. 「ターシャを身近に感じられる旅」を食野さんがリポート
  3. ターシャの庭は今も健在
  4. 皆さんのターシャに対する思いに、勇気づけられました
  5. 食野さんとターシャゆかりの地を巡ってみませんか?

世界中で愛され続けるターシャ・テューダーとは?

日本にも多くのファンを持つ、絵本作家のターシャ・テューダー。アメリカ・バーモント州の山中で美しい庭をたった一人でつくり上げ、自給自足の生活を送る姿が本やテレビなどで特集されると、その前向きな生き方に日本でも多くの人が心を動かされ、彼女のファンは一層広がっていきました。

2008年、92歳でターシャはこの世を去りますが、愛犬のコーギと美しい花畑を歩くターシャの姿が今でもはっきりと思い出されるという人は、少なくないのではないでしょうか。

そんなターシャの言葉を翻訳し、日本に伝えたのが食野雅子さんです。食野さんはターシャだけではなく彼女の家族とも親交を深め、現在は山梨県にある「ターシャ・テューダー・ミュージアム ジャパン」をブックデザイナーの出原速夫氏とともに運営。雑誌「ハルメク」ではターシャとの思い出や彼女の魅力について綴ったコラム「ターシャ・テューダー 喜びの見つけ方」を連載しています。

そんなターシャの魅力を知り尽くした食野さんが案内する、アメリカ・バーモント州へのツアーが2019年6月に開催されました。ターシャのファンと交流を深めながら彼女のゆかりの地を巡った今回の旅は、食野さんにとってどんなひとときだったのでしょう。

「ターシャを身近に感じられる旅」を食野さんがリポート

クラブツーリズム主催の「食野雅子と行くターシャの庭と愛した世界」ツアーに、今年も行ってきました。ちゃんと観光もしながら、アメリカの歴史やターシャの先祖についても学び、「ターシャがぐっと身近になった」と、喜んでいただきました。

このツアー、4年目の今年は、12名の方が参加され、バーモントのターシャの家だけでなく、生まれ育ったボストンや、先祖と関わりのあったコンコード、ターシャが大好きだった1830年代のアメリカの暮らしを再現している歴史村なども訪ねました。

1830年代の暮らしを再現しているオールド・スターブリッジ・ビレッジ
1830年代の暮らしを再現しているオールド・スターブリッジ・ビレッジ

ターシャの先祖は、父方も母方も、イギリスからの移民で、植民地時代のボストンで地歩を築き、アメリカの独立とその後の発展に貢献した名家でした。ボストンでは、その痕跡を訪ね、「子ども時代のターシャも、お母さんになってからも、ここを歩いていたのだわ」と想像しながら、当時のまま残るレンガの歩道を歩きました。

『若草物語』を書いたルイーザ・メイ・オールコットの一家は、ボストンで、ターシャの曽祖父母とご近所でした。その後一家はコンコードに引っ越します。その家が、「オーチャードハウス」、ターシャも挿絵を描いた『若草物語』の舞台です。今回は、ターシャの家を訪ねた後で見学しましたが、当時のままに残されており、タイムスリップしたようでした。

いよいよターシャの庭へ。この山々も、秋には紅葉で真っ赤に染まります
いよいよターシャの庭へ。この山々も、秋には紅葉で真っ赤に染まります


 

ターシャの庭は今も健在

このツアーのハイライトはもちろん、「ターシャの家と庭」の見学です。私は、「帰ってきた」という懐かしさとともに、「ターシャはもういない」というさみしさで、思わず涙がこぼれました(年齢と共に涙腺がゆるくなりまして)。

「ルカリー」と呼ばれる、事務所兼ショップの建物で荷物を預け、ターシャの住まいへ。「森を抜けると突然視界が開け、わかっているのに、毎回感動します」と、私がいつもお話する「ワイルドフラワーガーデン」には、案の定、皆さんから一斉に歓声が。「ね? 感動するでしょう?」と、私。

ターシャの家と庭

雑誌「ハルメク」の連載でご紹介したターシャの庭を実際に訪ねます。ここは、2019年7月号に掲載したワイルドフラワーガーデン
雑誌「ハルメク」の連載でご紹介したターシャの庭を実際に訪ねます。ここは、2019年7月号に掲載したワイルドフラワーガーデン

ターシャの家は、数人ずつのグループに分かれ、ターシャの息子のセスと奥さんのマージョリーが分担して案内してくれました。セスに案内してもらったグループは、セスの日本語での説明に驚いたり、感心したり。家の中は、ターシャがいた頃のまま残してあり、大型の織機や、寝室の外に作られたドールハウス、大きな暖炉や薪ストーブを目の当たりにすると、本の世界に入ったようです。

庭の案内は、孫のウィンズローが担当。今年は寒さが長引き、バラもつぼみがたくさんついていましたが、開花はまだ先。ちょっと残念でしたが、ウィンズローが「祖母は、よくこうしていました」などと説明してくれるので、庭の世話をしているターシャがまぶたに浮かびました。

皆さんのターシャに対する思いに、勇気づけられました

再びワイルドフラワーガーデンを通って「ルカリー」に戻ると、家族が準備してくれた昼食が待っていました。ちょうど雨が降り出し、外のテントでもよかったのですが、ウィンズローの奥さんのエイミーが建物の中にテーブルと椅子を用意してくれたので、全員、家の中で、サンドイッチや果物、料理名人のウィンズローが焼いてくれたクッキーをいただきました。

ウィンズローは、ターシャに習ったレシピをまとめた本も日本で出版しています。
ウィンズローは、ターシャに習ったレシピをまとめた本も日本で出版しています。

ウィンズロー夫婦の娘(ターシャのひ孫)エリーとケイティ―もお手伝い。ふたりは、家で教育するホームスクーリングで育てられています。そのことに話が及ぶと、エイミーは、「個性を大事したいので」と、自分たちの思いを語ってくれました。

旅の間に、みんなで集まって、ターシャについての思いを語り合いました。皆さん、それぞれ、何らかのターシャのイメージを持っておられましたが、みんなで語り合ううちに、自分が知らなかったターシャの側面を知ったり、誤解していたことに気づいたり。「ターシャがますます好きになった」という皆さんのお声に、私は大いに励まされました。

ツアーで向かう頃、バーモントは秋!今回とはまた違った風景が楽しめるはずです
ツアーで向かう頃、バーモントは秋!今回とはまた違った風景が楽しめるはずです。

食野さんとターシャゆかりの地を巡ってみませんか?

毎年6月に催行してきた食野さんとターシャゆかりの地を巡るツアーが、今年は秋も行われます。ぜひご参加ください。

詳しくは、「ハルメク 旅とイベント」サイトまで

食野雅子(めしの・まさこ)

文=食野雅子(めしの・まさこ)
翻訳家。『ターシャ・テューダー 手作りの世界 暖炉の火のそばで』(KADOKAWA刊)を翻訳したことからターシャを出会い、ターシャやその家族と親交を深め、日本でのターシャの本を多数翻訳。現在は山梨県北杜市で「ターシャ・テューダー ミュージアム ジャパン」をブックデザイナーの出原速夫氏とともに運営している。ハルメク本誌で「ターシャ・テューダー 喜びの見つけ方」を好評連載中。

ターシャ・テューダー ミュージアム ジャパン

ターシャ・テューダー ミュージアム ジャパン

【所在地】山梨県北杜市大泉町西井出8240―4579
【電話】0551-45-8788
【開館時間】10:00~17:00
【休館日】火・水・木曜日 ★祭日・8月は無休 ※2019年の開館は11月4日(月)まで
【入館料】大人 700円 ※団体(10名以上)大人650円

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ