車いすジャーニー~ゆっくり歩けば遠くまで行ける~

第7回障害のことを忘れさせる、アロハ・スピリッツ

岸田 ひろ実
2018/12/10 22

車いすユーザーとして自身の視点や経験を生かし、全国各地で〝ユニバーサルマナー”を伝えている岸田ひろ実さん。 今回は、車いすユーザーになって初めての海外旅行先「ハワイ」で、スタディーツアーのアテンドを務めた時のお話の後編です。

ハワイのワイキキビーチ
【目次】
  1. ハワイのバリアフリーは世界最先端
  2. ハワイの人々に息づく「アロハ・スピリッツ」
  3. 念願だった、車いすでのビーチやハイキング
  4. 知的障害のある方が働くレストラン
  5. 日本がめざすこと

ハワイのバリアフリーは世界最先端

前編のお話はこちら「第6回初の海外旅行。不安をほぐしてくれたハワイの風」。

ADA法(障害を持つアメリカ人法)が施行されたアメリカの中でも、ハワイのバリアフリーは特に進んでいます。街全体が隅々までバリアフリー化されているので、私の場合は、滞在中もほとんど誰かに助けてもらうことはありませんでした。

ホテルには車いすに対応した広い客室があり、長期滞在にも不自由しません。公共交通機関では、ホノルルの街をのんびり走る「トロリー」や「ザ・バス」にもスロープやリフトがついていて、それに飛び乗ればどこへでも行けます。

車いすで乗れるハワイのトロリー リフト
トロリーのリフト
車いす可能ハワイの観光バスのリフト
観光バスのリフト
車いすで乗れるハワイのバスの車内
ザ・バスの車内

 小さなカフェやレストランまでもフラットでスロープがついているのは、日本ではなかなかお目にかかれない光景です。私のお気に入りのスターバックスコーヒーには、車いすのままコーヒーを受け取れる低いカウンターも設置されていました。

ハワイは車道と歩道の境目には段差がない
車道と歩道の境目には段差がない​​​​

 

ハワイのスターバックスには車いすユーザー用の低いカウンターがある
スターバックスには車いすユーザー用の低いカウンターがある

ハワイの人々に息づく「アロハ・スピリッツ」

一方で、ハワイには古い建物も多く残っています。入り口が自動ドアではなく、重い開き戸の建物だと、車いすに乗っている私は一人で入ることができません。しかし、心配は無用でした。そんな時は、ハワイで暮らす人たちがサッと扉を開けて待ってくれるのです。

ハワイのカラカウア通りを楽しく移動中
カラカウア通りを楽しく移動中

 にっこりと笑って英語で「どうぞ!」と言ってくれるので、その爽やかな対応に私もいつの間にか「すみません」ではなく「ありがとう」と返すのが当たり前になっていきました。

車いすでハワイのハレイワ通りでショッピング
ハレイワ通りでショッピング

 これは、ハワイの人々に息づく、助け合いともてなしの心「アロハ・スピリッツ」が根付いているからだそうです。障害者だから特別扱いされたり、緊張して対応されたりするのではなく、あくまでも自然な対応をしてくださるので、リラックスした時間を過ごすことができました。

念願だった、車いすでのビーチやハイキング

街中の移動に慣れた頃、念願のビーチへと向かいました。コンクリートで舗装されておらず、足元が悪い砂浜は、車いすに乗るようになってから近づけなくなった場所の1つでした。

ワイキキビーチへは、道が一部舗装されており、海にずいぶん近いところまで自分の車いすのまま行くことができます。その後、私はレンタルしたビーチ用の車いすに乗り換えました。このスペシャルな車いすは、なんと乗ったまま海に入ることができるのです。おへそまで冷たくて気持ちのいい海に浸かった瞬間、なんとも言えない開放感と、嬉しさがこみ上げてきました。

ビーチ用の車いすで海へ
ビーチ用の車いすで海へ

 

車いすで行けるマカブウ岬のハイキングコース
マカブウ岬のハイキングコース

 海だけではなく、美しい景色を臨むマカブウ岬には、車いすに乗ってハイキングができるスロープがあります。

知的障害のある方が働くレストラン

ツアーでは観光だけではなく、ハワイの知的障害者教育訓練センター「ヘレマノプランテーション」を訪れました。地元の、知的障害のある方が訓練を受けて働いているレストランがあります。そこで、ビュッフェスタイルの美味しいランチをいただきました。

レストランで提供するための野菜も栽培されている
レストランで提供するための野菜も栽培されている

 私の仕事中、日本で留守番をしてくれているダウン症の息子の笑顔が頭をよぎりました。いきいきと、ハワイの大自然に包まれながら、誇りを持って仕事をしている知的障害のある方たちを見て、日本にもこんな施設がもっとあったらいいな、と感じました。

日本とハワイを比べた時、ハワイでは障害のある方を街で見かける機会が圧倒的に多いことに気づきました。障害のある方が街で買い物をしたり仕事をしたりすることで、周りの人も対応に慣れていきます。対応を何度も重ねる内に意識が変わり、向き合い方がどんどん洗練されていったのでしょう。

日本がめざすこと

外出する障害のある方、それを迎える街の人々、相互の歩み寄りが作用して、「障害があることを忘れてしまうくらい“当たり前”の環境」ができていると、強く感じました。

外出する障害のある方、それを迎える街の人々、相互の歩み寄りが作用して、「障害があることを忘れてしまうくらい“当たり前”の環境」ができていると、強く感じました。
カラカウア通りで見た虹

日本における障害者への向き合い方は、残念ながら、無関心か過剰の二極化になりがちです。それは障害について、どうしたらいいかわからない、声をかけたら迷惑になる気がした……などの思い込みが原因となっているのかもしれません。

ハワイには「アロハ・スピリッツ」が根付いています。それでは、日本はどうでしょうか。例えば日本には「おもてなし」という言葉があります。障害者だからこうしなければならない、ではなく、「目の前の人に喜んでもらいたい」「粋でさりげない気遣いを実践したい」など、日本で暮らす人々が本来持っている文化や向き合い方を実践していけるのではないか、と私は思っています。

次回は、「第8回輪廻転生と障害者について知った、ミャンマー」。よいとは言えない環境に加えて、「輪廻転生」という仏教の考えが根付く国で気づいた、陰と陽の側面とは。

 

岸田ひろ実さんの記事トップへ
岸田ひろ実車いすジャーニー~ゆっくり歩けば遠くまで行ける~

 

岸田 ひろ実

きしだ・ひろみ 1968(昭和43)年大阪市生まれ。日本ユニバーサルマナー協会理事。株式会社ミライロで講師を務める。27歳、知的障害のある長男の出産、37歳夫の突然死、40歳、病気の後遺症で車いすの生活に。自身の経験から、人生の困難や障害との向き合い方を伝える。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ