2日間、千葉県を自由に回れるお得な切符

サンキュー♥ちばフリーパスで小湊鐵道&いすみ鉄道旅

公開日:2020/09/15

32

マンガ家・文筆家のYASCORN(やすこーん)さんが、気軽に行ける1泊2日の女性一人旅を紹介。今回は、お得な切符を活用して千葉を横断!小湊鐡道といすみ鉄道を乗り継いで、千葉の名所とグルメ、温泉を楽しみます。

サンキュー❤ちばフリーパスで小湊鐵道&いすみ鉄道旅

超お得!「サンキュー♥ちばフリーパス」

Go To トラベルキャンペーンが始まってから、SNSで友人たちの旅報告をよく見るようになりました。私もどこか近場に行きたい……と考えていたところ、タイミングよく、今年も「サンキュー♥ちばフリーパス」が9月1日から発売されました。

サンキュー❤ちばフリーパス

「サンキュー♥ちばフリーパス」(大人3970円)は千葉県内のJR線、ローカル鉄道と路線バスの一部、東京湾フェリーが2日間乗り放題になる大変お得な切符です。しかも今年は、小湊鐵道も加わりました。JR東日本の千葉県内の主な駅の指定席券販売機で購入できます。

鉄道乗り放題の範囲、この他にバスもある 出典:まるごと!eちば
鉄道乗り放題の範囲、この他にバスもある 出典:まるごと!eちば

いつもなら、東京都区内からの往復乗車券とフリーパスがセットになった「サンキュー♥ちばフリー乗車券」も発売されるのですが、新型コロナウイルス感染症の影響により、当面の間、発売見合わせとのこと。なので、東京から行く場合、最初の千葉県内の駅(私の場合は市川)で一旦下車し、「サンキュー♥ちばフリーパス」を購入します。

 

絶品駅弁を購入、小湊線に乗車します

JR五井駅から小湊鐡道への乗り換え口
JR五井駅から小湊鐡道への乗り換え口
「やり田」のお弁当
「やり田」のお弁当

JR総武線快速〜JR内房線快速で五井駅へ。ここから小湊鐵道に乗車します。その前に朝ご飯を購入。JRから小湊鐡道に乗り換える通路沿いで、毎朝お弁当が売られているのです。地元の食材を使ったあさりの炊き込みご飯や巻きずしなど、何種類もあって迷います。

小湊鐡道の車両

小湊鐡道の車両
小湊鐡道の車両

小湊鐡道は、電気で動く電車ではありません。「キハ」とは「気動車」の意味で、ディーゼルエンジンで動きます。電車とは違う「音」と「揺れ」が楽しめますよ。

ロングシートの車内では扇風機も活躍中
ロングシートの車内では扇風機も活躍中

車両は全てこのカラー、車内はロングシート。駅弁を食べるには不向きですが、空いているのでよしとしましょう。さっそく先ほど買ったお弁当をいただきます。

鮪カマがたっぷり乗った、かまとろ丼
鮪カマがたっぷり乗った、かまとろ丼

これは私がやり田さんで一番好きな「かまとろ丼」。醤油ベースで味付けした、たっぷりの鮪(まぐろ)カマほぐしがご飯にのっています。ご飯にも味が染みて本当においしいです。人気なので、すでに最後の1個でした。走行中は揺れるため、落とさないよう注意しましょう。

駅でのすれ違い
駅でのすれ違い

小湊鐡道は単線の路線。上り・下り路線がすれ違うために、ときどき駅でしばらく停車します。車両もですが、駅舎も古いものが多く、国の登録有形文化財に指定されている駅も。CMやドラマなどでもよく登場します。

素晴らしい景色を眺めつつ
素晴らしい景色を眺めつつ

それにしてもいいお天気です。都心から近いので今まで何度も来ていますが、窓を開けて走る車両はやはり旅感が増しますね。

 

太古のロマンを感じる地層「チバ二アン」を見学

駅前の朝日屋
駅前の朝日屋
300円で借りられるレンタサイクル
300円で借りられるレンタサイクル

最初に下車するのは月崎駅。今年話題になった「チバニアン」を見に行きます。「チバ二アン」とは、「千葉時代」を意味する地球史の地質時代名で、千葉県市原市の養老川沿いで見られる約77万~12万6千年前の地層を指します。

しかしチバニアン入口まで、駅から徒歩30分かかると聞きました。そこで、レンタサイクルを借りることにしました。月崎駅前の朝日屋さんというお店で申し込めます。お店には、パンやお菓子、小湊鐡道グッズなども売られています。

硬券きっぷとダッチングマシン
(左)硬券きっぷ(右)ダッチングマシン

月崎駅は無人駅なので、実はお店が駅の代わりもしています。こちらでは昔ながらの硬券きっぷが売られていて、ダッチングマシンと呼ばれる機械で、日付印を自分でガッチャン、と入れることもできます。記念に買う方も多いとか。そういえば私も以前買いました。

チバニアンビジターセンター
チバニアン・ビジターセンター

登り坂を経て、ようやくビジターセンターに到着。チバニアンは無料で見学できますが、何もわからず来てしまったので、前もってガイドさん(1〜15名までは1500円)をお願いしていました。約1時間、説明を聞きながら回ります。

チバニアンへの入口
チバニアンへの入口

地磁気逆転というのは、地球のS極とN極が入れ替わること。実は100年も前からあった説だそうです。現在は北極がN極、南極がS極(正磁極)ですが、何十万年かに一度、地場が逆転していたとか。チバニアンによって、それがはっきりと証明されました。

ガイドの鈴木重人さん
ガイドの鈴木重人さん
赤い杭部分がチバニアンの地層
赤い杭部分がチバニアンの地層

「この辺は大昔、水深500メートルほどの海だったんですよ」とガイドの鈴木さん。77万4千年前の海の底の堆積物が地上に現れているのは、ここ養老川沿いにあるチバニアンと南イタリアにしかない、非常に珍しいものだとか。その堆積物の中に含まれる磁鉄鉱を研究した結果、この時代が地磁気逆転の時代だったことがわかりました。

77万4千年前〜12万9千年前までの時代がチバニアンと呼ばれる
77万4千年前〜12万9千年前までの時代がチバニアンと呼ばれる

その時代にはまだ名前がなかったので、「チバニアン期」(千葉の時代)と名付けることを認められたのが2020年1月17日のこと。白亜紀やジュラ紀と同様、世界的にこの名前が使われ、話題となったのです。太古の昔を想像しながら改めて眺めると、また違う景色が見えてくる気がします。

 

いすみ鉄道に乗り換え、レンタサイクルで自転車旅に

終点の上総中野駅。黄色い列車がいすみ鉄道車両
終点の上総中野駅。黄色い列車がいすみ鉄道車両

77万年前から再び月崎駅。現代のあまりの暑さに朝日屋さんでアイスを買って食べながら、列車を待ちます。今度は終点の上総中野駅へ。接続する「いすみ鉄道」に乗車します。上総中野駅では、小湊鐡道といすみ鉄道のホームは隣り合っているのでわかりやすいです。

大多喜駅ホーム
大多喜駅ホーム

いすみ鉄道の大多喜駅で下車。こちらでも、駅前の観光案内所でレンタサイクルを借りて、街を回ります。「サンキュー♥ちばフリーパス」を見せれば100円引き、電動自転車もありました。フリーパスは、県内150施設以上でさまざまな特典を受けられます。

大多喜城
大多喜城

まずは大多喜城へ。かなりの坂道なので、お城だけなら歩いて行ってもいいかもしれません。大多喜街道沿いは城下町で、国指定重要文化財の建物や資料館もあり、見学できます。

ポッポの丘の入口
ポッポの丘の入口
敷地内には鉄道車両がズラリ
敷地内には鉄道車両がズラリ

そして少し遠いのですが、大好きなポッポの丘へも向かいました。なんとこちら、丘の上に鉄道車両がずらりと並んでいる不思議な場所。車両は全国各地からトレーラーで運ばれ、このように展示されています。数えたら、来るのは5回目でした。

 

ポッポの丘で、名物の卵かけご飯と車両見学

卵かけご飯
卵かけご飯
カフェTKG車内
カフェTKG車内

お腹が空いていたので、まずは名物・卵かけご飯をいただきます。鉄道車両内が、カフェになっています。実は、ポッポの丘は元々鶏卵牧場でした。他には卵を販売したり、鉄道グッズを販売している車両も。現在の営業日は金土日月の10時〜16時、車の場合、駐車場代はかかりますが、鉄道車両見学はなんと無料! 遠くから来る方も多い人気の場所です。

久留里線の車両から顔を出す村石社長
久留里線の車両から顔を出す村石社長

この方がポッポの丘の経営者、村石愛二社長です。以前にインタビューをさせていただいたことがあり、すっかり顔なじみ。今回も、ポッポの丘をご案内いただきました。

新しく入った車両、右から103系通勤形電車、クモニ83形荷物電車
新しく入った車両、右から103系通勤形電車、クモニ83形荷物電車

「以前来てもらった時は、22両だったけど、今は3両増えて25両になりましたよ」と村石社長。今年、長野電鉄モハ1000形ほか2両が増え、配置もだいぶ変わりました。個人的にオレンジ色の103系をよく使っていたので、久しぶりに会えてうれしいです。

国鉄車両もずらり
国鉄車両もずらり
懐かしい寝台車両内
懐かしい寝台車両内

列車は基本、引退したものが運ばれてくるので傷んでいるものも多く、保存会の方々が徐々に塗装を直しています。寝台列車は開放されているときは、室内にも入れます。車内放送装置やオルゴール(ハイケンスのセレナーデ)も健在。これだけの車両が一堂に会する場所は、なかなかないのではないでしょうか。

オリジナルマスクは3枚セットで税込2200円
オリジナルマスクは3枚セットで税込2200円

最近、オリジナルマスクの販売も始めたそうです。実際に展示されている車両の刺繍がかわいい。私もさっそく買って使いました。

 

養老渓谷温泉の鶴乃家旅館に宿泊します

養老渓谷駅の足湯
養老渓谷駅の足湯は現在休止中

ポッポの丘を堪能した後は、大多喜駅に自転車を返し、先程来た路線を戻ります。夕方、養老渓谷駅に到着。本日泊まるのは、鶴乃家旅館です。駅から宿までは山道を歩いて20分くらいかかりますが、このときは事前連絡し、送迎してもらえたので助かりました。

黒湯の温泉、夜は貸し切り可能
黒湯の温泉、夜は貸し切り可能

こちらの温泉を楽しみにしていました。暑い中走り回ったので、まずは汗を流します。
以前、立ち寄り湯で寄った養老渓谷の温泉は透明なお湯でしたが、こちらはナトリウム-塩化物強塩泉の黒湯。かけ流しではありませんが、入った後に肌がツルツルしました。

旅館での豪華な夕食
旅館での豪華な夕食

温泉に入った後は浴衣に着替えて食事処で夕食です。たくさん並んだお鉢や焼き物、これぞ旅館のご飯!おすすめは千葉のブランド牛・かずさ牛の陶板焼き。あまり火を入れずに食べられるということで、少しレアな状態でいただきました。しみじみと、おいしいです。

2階建てトンネル
2階建てトンネル

翌朝は朝食前に、行ってみたかった2階建てトンネル(向山トンネル)まで散歩しました。このトンネル、かつては上段の素掘りトンネルが使われていたそうですが、1970(昭和45)年に道路改良で掘り下げられ、現在のトンネルが作られたそうです。朝方でもおどろおどろしい雰囲気があり、夜に来なくてよかったと心底思いました。

さて、これからいすみ鉄道・大原駅に移動して、「いすみ酒BAR列車」に乗車します!

1日めのルートはこちら!
1日めのルートはこちら!

養老渓谷は2019年の台風の影響で、通行止めになっている遊歩道も多いので注意しましょう。
 

■もっと知りたい■

 


YASCORN 鉄道食べすぎひとり旅 トップへ

YASCORN 鉄道食べすぎひとり旅

☆本記事に記載されている写真や本文の無断使用・ 無断転載を禁じます。また掲載情報は取材時点のものであり、最新の情報は施設等へお問い合わせください。

YASCORN

駅弁・駅そばが好きな鉄道好き漫画家&文筆家。温泉ソムリエ。児童誌から鉄道誌まで幅広く活動中。著書に「おんな鉄道ひとり旅」(小学館・プチコミック増刊で連載中)、「メシ鉄!!!」電子書籍1〜3巻(集英社)他。「鉄道漫遊記」を東洋経済オンラインで連載中。HP: yascorn.com

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ