公開日:2019/11/14

8

素朴な疑問

冷凍した食材をおいしく食べられる期限は?

冷凍した食材をおいしく食べられる期限は?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

令和の新時代がやってきても、災害、豪雨、地震と心配の種は尽きません。体の疲れも取れにくいし、スーパーへ行くと「いつ何があるかわからないから」と、つい買いだめする癖がすっかりついてしまいました。気付けば冷凍庫には肉に魚、加工食品など大量の食材がぎっしり! そして悲報です。先ほど冷凍庫の底から、化石のようなひき肉パックが発掘されました(泣)。

 

長期保存できるからと気軽に冷凍庫を使ってしまいますが、ついつい大量に買ってしまいます。冷凍した食材をおいしいうちに使い切れるように、買い物も料理も考えないといけませんね(二度と化石にしないと心に決めました……)。

 

では、冷凍した食材の賞味期限ってどう考えればいいのでしょう。冷凍食品なら賞味期限がパッケージに書いてあるけれど、生鮮食品の冷凍状態はいつまでおいしく保たれるものなのかしら? カチンコチンのお肉が解凍されるのを待つ間に、ちょっと調べてみました。

 

どうやら、冷凍した食材の保存期間は数週間~1か月程度とのこと。一般的に家庭用の冷凍庫は-18℃以下に保たれるよう設計されていて、これは食中毒を引き起こす細菌や微生物が活動しなくなるため、長期保存が可能になるんですって。

 

保存だけなら1か月以上でも可能ですが、1か月以上冷凍していると食材が劣化してしまい、せっかくの風味が損なわれてしまいます。劣化の原因は、酸化と乾燥。水分量が多いと水分が結晶化してしまい、膨張した氷が細胞にダメージを与えてしまうんだとか。また、空気に触れると酸化が進んでいくので、面積の広い食材ほど酸化がひどくなるそうです。

 

たとえば肉なら鶏肉、豚肉、牛肉の順番で水分が多く、ひき肉、薄切り肉、ブロック肉、ステーキ肉、塊肉の順で空気に触れる面積が大きくなります。つまり肉の中で最も傷みやすいのは鶏のひき肉、最も保存がきくのは牛の塊肉ってことなのね!

 

冷凍期間が長くなるほど、栄養やうま味はどうしても失われやすくなります。さらに、家庭用の冷凍庫はどうしても開けたり閉めたりする機会が多いので、冷凍庫内の温度が不安定になりやすく、食材が傷みやすくなるんだとか。

 

やはり冷凍した食材は早めに使うのが鉄則ね! とはいえ冷凍庫なしには生活できないワタシ。せめて、できるだけ栄養やうま味を長持ちさせる方法をマスターしておきたいところ。さらに調べてみました。

 

ポイントは3つ。1つめは「鮮度のあるうちに冷凍する」こと。食材を使い切れなかったから冷凍庫に……ではなく、買ったらできるだけ素早く冷凍するといいそうです。急速冷凍モードがある冷凍庫は、そちらを利用して。

 

2つめは「密封する」こと。乾燥と酸化から風味を守るには、できるだけ外気に触れないように食材を閉じ込めることが重要です。食品トレーのまま保存するのは厳禁! 必ず取り出して水気を拭き、冷凍用の保存袋に入れて保存を。小分けにしてラップに包んだ肉などは、保存袋に入れるとなおよし。

 

3つめは「ひと手間かける」こと。塩を振って水分を出したり、野菜をゆでておくなど、下ごしらえをしてから冷凍すると風味が落ちづらい上に、すぐ料理に使えて便利。魚は頭や内臓をきれいに取り、水分を拭き取っておくと臭みを抑えられます。

 

便利な冷凍庫も、食材を生かせてこそ。そろそろお肉も解けたことだし、張り切って料理しましょうか!

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:春夏秋凍食材マーケット

   ベターホーム協会

   NAVERまとめ「冷凍保存の賞味期限」便利な冷凍保存のあれこれ

   株式会社ニチレイフーズ

   Suits-woman.jp

 

再冷凍は細菌が繁殖しやすくなるので危険なんですって!(キャー、身に覚えが…)
再冷凍は細菌が繁殖しやすくなるので危険なんですって!(キャー、身に覚えが…)

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ