片付け上手さんに学ぶ「捨てコツ&仕組み」#5

一級建築士が教える!リバウンドを防ぐ収納術

公開日:2021/12/22

1
会員限定

片付け上手さんに、捨てるテクニックと心構えを学ぶ特集です。第5回は一級建築士の水越美枝子さんに教わります。リフォームを手掛ける中で気付いた、不要な物を見分ける方法と、収納をした後に死蔵品にしたり、リバウンドさせないための収納方法とは?

一級建築士が教える!リバウンドを防ぐ収納術

水越美枝子さんのプロフィール

みずこし・みえこ 
日本女子大学住居学科卒業後、建設会社を経て建築事務所アトリエ・サラを共同主宰。一級建築士。「収納は科学」をモットーに、的確な収納で暮らしやすくする設計に定評がある。著書に『40代からの住まいリセット術』(NHK出版刊)、『いつまでも美しく暮らす住まいのルール』(エクスナレッジ刊)最新刊に『がまんしない家 これからの生活様式への住まいリセット術』(NHK出版刊)

捨てるべき物を見分け、コツを押さえて収納する

「片付けたいけれど捨てられない」と悩む、ハルメク世代のリフォームも多く手掛ける水越美枝子さん。長年暮らした状態に慣れてしまい“捨てるべき物”が見分けにくくなっている人が多いと言います。

水越さんはリフォーム前に家中の収納の中を写真に撮ってもらうそう。「設計者として必要な収納量を把握するためですが、お客様に見せると、家を他人の目で見るように客観的に捉えられ、捨てるべき物がわかるようです」

収納方法にもポイントが。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ