アライアンスやお買い物でも上手に加算

マイルを貯めて次の旅をお得に、贅沢に楽しむ

鴻森 晶

旅好きの女性であれば、2~3枚は持っているであろうマイレージカード。言わずと知れた航空会社のポイントプログラムです。ここではマイレージの基本をおさらいするとともに、賢い貯め方・使い方についてレクチャーします。

スターアライアンス
【目次】
  1. 航空会社を絞れば、効率よくマイルが溜まる
  2. 空で、陸で、賢くマイルを獲得する
  3. 有効期限内に特典と交換することを忘れずに
  4. まとめ

航空会社を絞れば、効率よくマイルが溜まる

マイレージとは、フライト距離に応じてさまざまな恩恵が得られる航空会社のサービスプログラムのこと。1マイル(=約1.6km)飛ぶごとに、ポイント(マイル)が加算されます。溜まったマイルは、無料航空券や座席のアップグレードなどの特典と交換できる、というのが基本的な仕組みです。

もちろん、ただ飛行機に乗るだけではマイルは貯まりません。まずは航空会社のマイレージ会員に登録しましょう。手続きは各航空会社のサイトで、簡単に無料で行えるほか、出発当日に空港で申し込むこともできます。

会員になったその瞬間から、あなたはもう立派なマイラー。加入したプログラムの路線でフライトするたびに、無料航空券の夢に近づけるというわけです。

問題は、どこの航空会社のマイルを貯めるかということです。少しでも早く無料航空券をゲットするためには、利用する航空会社を絞って集中的に貯める必要があります。

その意味でも、まずは国内でも使える身近な航空会社エアライン、つまりANAかJALのマイレージに入ることをおすすめします。海外旅行ではあまり日系航空会社を使わない、という人も大丈夫。世界には航空会社同士の大きな提携グループ(アライアンス)が3つあり、同じアライアンス同士であれば、他社フライトでの旅でもマイルが貯まる仕組みとなっているからです。


ANAは、ユナイテッド航空やルフトハンザ航空、タイ国際航空などで構成される「スターアライアンス」、JALは、アメリカン航空、ブリティッシュエア、キャセイパシフィックなどから成る「ワンワールド」というグループに属しています。米国のデルタ航空を中心にした「スカイチーム」というものもありますが、残念ながらJALやANAのマイレージはたまりません。逆にJALやANAの国内線に搭乗するとデルタのマイレージがたまるという個別のプログラムがありますので、とりあえず登録だけはしておく手もあります。いずれにしても、よく行く国や利用する航空会社に合わせて、マイレージプログラムに参加するアライアンスを選ぶとよいでしょう。
 

空で、陸で、賢くマイルを獲得する

いちばん簡単にマイルを貯める方法は、飛行機に乗ること。例えばJALの場合、正規エコノミークラスで東京とニューヨークを1往復するだけで、13,446マイルが貯まります。国内線であれば、12,000マイルから特典が使えるので、一度の旅行で無料航空券が手に入る計算です。12,000マイルなら、東京発着で、大阪、名古屋、秋田、山形、小松空港の往復航空券に引き換えられます。

ただし、格安航空券やツアー利用の場合は、マイル加算率が30~70%も低下しますのでご注意を。逆に正規ビジネスクラスなら125%、ファーストクラスなら150%と加算率もアップします。

一方で、旅行はいつも格安ツアーパックの旅行を選ぶし、海外は年に一度ぐらいしか行かない、という人もいるでしょう。そんなときは、クレジットカードを買い物に使ってポイントマイルを貯めてマイルと交換するという方法もあります。中でも最も効率がいいのは、各社のマイレージ提携クレジットカードを使う方法です。

カード利用額に応じて、200円につき1マイルが加算され、飛行機に乗らなくてもマイルを貯められます。実際、空を飛ぶことなく、日々の買い物だけで無料航空券を手にする“陸マイラー”も少なくありません。

他にもショッピングポイントをマイルと交換できるクレジットカードは数多くあります。気になる方は、一度お手持ちのクレジットカードを調べてみてはどうでしょう。
 

有効期限内に特典と交換することを忘れずに

上級マイラーになると豪華なラウンジ利用が可能に​​​​​​

貯まったマイルの使い道は、無料航空券だけではありません。座席のアップグレードや提携ホテルの宿泊といった旅行まわりの特典のほか、航空会社やパートナー企業のポイントやクーポン、電子マネー、全国の特産品などと交換することもできます。

1マイルあたりの価値を考えれば、航空券に交換するのが最もお得な使い方なのですが、マイルには有効期限(利用日から3年など)があります。また、無料航空券に交換できない期間が設定されています。マイルを貯めたものの、期限内に旅行の目処が立たないという場合は、いったん無料航空券に引き換えてあとで搭乗日を変更するか(国際線の場合、発行から1年間有効)、他の商品と交換することも考えましょう。航空会社のクーポンやポイントに変えておけば、後日ツアーや航空券に利用することも可能です。

最後に、マイルを貯めるメリットをもうひとつ。上級マイラーになることで、ビジネスクラスラウンジや優先チェックイン、優先搭乗、荷物の優先受け取りなどのVIP待遇を受けられる点です。

マイレージプログラムのメンバーステータスには3~4段階あり、ステータスを上げるには、マイルの獲得数だけでなく搭乗回数も条件となります。しかも、ステータスを保っていられるのは、条件を達成した翌年の1年間だけ。なかなかに険しい道のりですが、それだけに挑戦し甲斐もあります。陸マイラーを卒業した暁には、ぜひエリート会員を目指してみてはどうでしょう。
 

まとめ

まずはお気に入りの航空会社のマイレージ会員になりましょう。加入したプログラムの路線でフライトするたびに、お買い物をしたポイントをマイルにかえるたびに、次の空の旅が待ち遠しくなります。さあ、無料航空券や座席のアップグレードを目指しましょう。

鴻森 晶

こうのもり・しょう  フリーライター.初めての海外旅行で大失敗するも、懲りずにいろんな国を巡り続けるハルメク女子。空港はもちろん、お店やレストランでも並ぶのは苦手なので、旅行はなるべくオフシーズンに出かけるようにしています。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ