手放したいけれど、つい先延ばしに……

今年中に片づけたい物、本とレターセット

さいとうひろこ
2019/12/13 5

ハルトモライターさんから、「今年片づけたいもの」を大募集! 多趣味なさいとうひろこさんが、手放したい、でも、つい手放すのを先伸ばしにしてしまいがちなものとは?

今年中に片づけたい物
【目次】
  1. 私が捨てられないもの:本
  2. 捨てられないもの:レターセット

私が捨てられないもの:本

まずは本です。本は余程のことがない限り、いつもブックオフで購入します。図書館で借りると、返却期限が気になって落ち着いて読めないのと、気に入った本に出合ったら手元に置きたくて、結局は買ってしまうので、何だか二度手間のような気がして嫌なのです。

ブックオフでは、新品同様の新古本を選びます。価格もお安いし、気が大きくなってついついせっかくだからと、あれもこれも手に取って、1回に5~6冊は買ってしまいます。これを持って帰る時の幸せなことと言ったらありません。

店員さんは「読んだら1冊でもいいですから、売りに来てくださいね」と必ず言います。

「はい」と返事はしますが、売ると言う行為にはなかなか後ろめたさが付きまとい、実行するまでに決心が要ります。今月はいいか? またにしよう、来月は絶対に売りに行くと思っても、まだいいやと一か月延ばしで、本は溜まる一方です。

特に思い入れのある本との別れは辛いですし、私達世代は購入して所有し、眺めて楽しむのが一番でしたから売るのは抵抗があります。それにしても程があります。そろそろ重い腰をあげて、売りに行かなければと思い始めました。仕分けします。

特にお気に入りの本、まあまあの本と、手放しても良い本。迷います。手放しても良い本の数は15冊、それならば後5冊選抜して、今回は20冊処分しようと決心しました。

でも、今は決められない、決めたくないと言う気持ちが勝ります。う~ん 一晩考えようと思い明日に先送りしながら、決断力がないなと自分で自分を笑います。何があっても明日はあと5冊選びましょう、絶対に……。

今、我家の玄関付近には売りに行く本が、20冊まとめて置いてあります。雨の日は無理なので、晴天の心地よい日にお別れです。

捨てられないもの:レターセット

レターセット

もう一つは、引き出し2段にびっしり入っているレターセットです。数年前までは、美術館に行く度に買った絵葉書や、鳩居堂の手刷りの葉書や、季節感いっぱいの便箋でよく手紙を書いていました。でも、ここ数年は、「メールで失礼」なんて言葉を添えて、ほとんどそれで済ませています。

小川糸さんの「ツバキ文具店」を読んで、また手紙を書いてみたいとつくづく思いましたが、それにしてもあり過ぎです。半分くらいにすれば、今後使い切れそうです。まずは郵便番号5桁の葉書を処分、中には変色してしまったのもありますので、これは迷うことなく出来ました。そして丁度引き出し一つに収まりました。スッキリしました。空いた引き出しには、行き場を失っていた家計簿数年分が収まりました。

小まめに片づけないと億劫になるので、これからは物をため込まないで、少しづつ整理していきたいと思います。

さいとうひろこ

東京都 /69歳
東京都 /69歳

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ