青春18きっぷで観光列車(前編)

青春18きっぷで観光列車!小海線で長野への旅

公開日:2018/12/15

43
会員限定

大の鉄道好きマンガ家・文筆家のYASCORN(やすこーん)さんが、食べて食べて、また食べる鉄道旅の楽しさをご紹介します。今回は青春18きっぷで観光列車に乗り、長野へ。青春18きっぷだからといって無理はせず、絶景、観光地、グルメを満喫します。

やすこーんさん長野へ行く

誰でも買える、青春18きっぷの使い方

「青春18きっぷ」を知っていますか?

ご存じない方は「青春」という文字と、「18」という数字から、てっきり18歳までしか使えないきっぷだろう、と想像するのではと思います。10年前までの私もそうでした。

青春18きっぷ
18きっぷは11850円(おとな・こども同額)。1回分は2370円、乗車当日限り有効


実はこのきっぷ、年齢にかかわらず、誰でも利用することができます。日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席と、BRTやJR西日本宮島フェリーに乗り降り自由なきっぷです。春・夏・冬にそれぞれ期間限定で発売されます。

5回分あるので、5日間連続の1人旅や、5人で日帰り旅行など、使い方も自由。1日に使う乗車券代が2370円以上であれば元が取れる、というわけです。

 

観光列車「HIGH RAIL 1375」はJR線標高最高地点1375mを通ることから
観光列車「HIGH RAIL 1375」はJR線標高最高地点1375mを通ることから


ただし、新幹線や特急には乗れません。そうなると、特別な列車には一切乗れないのでは……と思われるかもしれませんが、実は指定券を買えば、18きっぷで利用できる観光列車が意外とあるのです。今回は夏に18きっぷを使って、長野まで観光列車旅をしてみました。

小淵沢駅から観光列車に乗り換え。駅弁の購入を忘れずに

小淵沢駅。屋上は展望台となっており、富士山が見えることもある
小淵沢駅。屋上は展望台となっており、富士山が見えることもある


まずは東京・新宿駅からスタート。中央本線で山梨県の小淵沢駅まで行き、そこからまず1つ目の観光列車、小海線を走る2両編成の「HIGH RAIL1375」(ハイレール1375)に乗車します。

その前に、駅弁を買うのを忘れずに。夏の間は小淵沢駅の小海線ホームでも売っていますが、駅改札口を出た1階に駅弁売り場があります。18きっぷなら、改札を何度出入りしてもOKです。

冬の小海線をゆく普通列車
こちらは冬の小海線をゆく普通列車(撮影=坪内政美)


列車は小淵沢駅を出発すると、右へ大きくカーブします。ここの景色を見逃さないように、乗車したらしばらくは景色に集中してください。最初の頃、私はすぐお弁当を広げて気づいていませんでした......。

左手に、南アルプスの山々が大きく見えます。空気が澄んでいれば右側に富士山が見えることも。小海線は「八ヶ岳高原線」という愛称がつくほど景色が素晴らしいので、ぜひ車窓を楽しみながら駅弁やお酒を味わってください。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

YASCORN

駅弁・駅そばが好きな鉄道好き漫画家&文筆家。温泉ソムリエ。児童誌から鉄道誌まで幅広く活動中。著書に「おんな鉄道ひとり旅」(小学館・プチコミック増刊で連載中)、「メシ鉄!!!」電子書籍1〜3巻(集英社)他。「鉄道漫遊記」を東洋経済オンラインで連載中。HP: yascorn.com

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ