水戸の梅まつりとおさかな天国の癒やし旅(後編)

水戸癒やし旅!ひたちなか海浜鉄道でお魚天国

公開日:2019/03/20

50
会員限定

大の鉄道好きマンガ家・文筆家のYASCORN(やすこーん)さんが、女性ひとりで気軽に行ける鉄道旅をご紹介します。水戸の癒やし旅後編は、神々しい日の出からスタート。パワースポット巡り、海の生き物、猫、そしてもちろんグルメ情報もてんこ盛りです。

ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅の駅猫

大洗磯前神社の鳥居から昇る日の出

前編はこちら。「水戸の梅まつりとおさかな天国の癒やし旅(前編)

今朝は5時半起き。服を着替え、歩いてすぐの海岸に急ぎます。

海上の岩の上に立つ大洗磯前神社「神磯の鳥居」から、太陽が昇ってくる瞬間を見るためです。こちらは神が降り立ったという言い伝えがある神聖な場所だそう。

寒い中、海岸沿いにはすでに30人以上の人々がずらりと待機していました。天気予報は晴れ、カメラの三脚を立てて待っている方も多く、美しい日の出に期待がかかります。

雲ひとつない空に昇る見事な日の出
雲ひとつない空に昇る見事な日の出

そして6時前、凍てついた空気を溶かすかのように地平線が明るくなりました。

なんという神々しさ! 岩にくだけ散る荒波、鳥居のシルエット、けあらし、すべてに見とれてしまいます。地平線に雲ひとつないこれだけきれいな日の出は年に3日ほどしかないそう。

朝日に照らされる大洗磯前神社入り口の鳥居
朝日に照らされる大洗磯前神社入り口の鳥居

すばらしいタイミングに出合えたことに感謝しつつ、大洗磯前神社にお参りします。856年創建とされる由緒ある神社の境内は、階段を上がった高台の上。中世の戦乱で荒廃したものの、近世になって、水戸藩主の徳川光圀・綱條により再興したそうです。

日野治旅館の別邸にあるお風呂
日野治旅館の別邸にあるお風呂

旅館に戻り、貸切の朝風呂へ。お風呂のある別邸は、どなたかのお宅のようないでたちでした。それもそのはず、もともと旅館オーナー個人の別荘として作られたものだそう。温泉ではありませんが、神社から出る湧き水を引いたもので、なんといってもこの絶景。シャッター式の窓を全開にして入るお風呂は本当に気持ち良かったです。
 

水族館のアクアワールドで駅弁も食べられます

出会いの海の大水槽のアクアウォッチングタイム
出会いの海の大水槽のアクアウォッチングタイム

さて、バスで「アクアワールド茨城県大洗水族館」へ移動。駅や宿で前売り券を買っておくと入館料が10%お得です。館内に入ると、大きな水槽が目に付きます。こちらでは時間ごとに水中カメラを持ったダイバーが大水槽の生物たちを紹介してくれるのです。アクアワールドはショーがたくさんあるので、プログラムの時間に合わせて行動するのがおすすめです。

海を見ながら朝ごはん。三浜たこめしと常陸野生ビール


実はこちらの入口前の売店にも、駅弁・万年屋の店舗があります。今日は「三浜(さんぴん)たこめし」を選びました。三浜というのは大洗、那珂湊、平磯の3つの浜の総称。三浜地区はたこの加工高日本一だそうです。たこが炊きこまれた風味良いおこわの上に、柔らかいたこが5切れ。やはりおこわが美味しいです。館内のカフェで買った地元の「常陸野ネストビール・ヴァイツェン(小菓子付き)」と共にいただきました。

餌を食べるサメが見られるシャークウォッチング
餌を食べるサメが見られるシャークウォッチング

館内は下の階から上へ上へと巡るのが基本ルート。その合間にショーをいくつか見ました。アクアワールドのサメは現在54種類、飼育種類数は日本一だそう。ちなみにエサを食べるサメが見られるのは1日1回のショーのみです。

(左)マンボウが複数泳ぐ専用水槽は日本最大(右)クラゲはいつ見ても癒される
(左)マンボウが複数泳ぐ専用水槽は日本最大(右)クラゲはいつ見ても癒される

小さい頃、初めてマンボウを見たときは、あまりのインパクトのためしばらく夢に出てきたほどでした。「マンボウはデリケートな魚で水槽の壁にぶつかってよく死ぬ」とその頃読んだ図鑑に書かれていたのを覚えています。こちらの水槽にも、壁にぶつからないようネットが張られていました。ちなみに自然界でのマンボウの餌はクラゲだそうです。

那珂湊おさかな市場で、安くておいしい海鮮を

那珂湊おさかな市場

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

YASCORN

駅弁・駅そばが好きな鉄道好き漫画家&文筆家。温泉ソムリエ。児童誌から鉄道誌まで幅広く活動中。著書に「おんな鉄道ひとり旅」(小学館・プチコミック増刊で連載中)、「メシ鉄!!!」電子書籍1〜3巻(集英社)他。「鉄道漫遊記」を東洋経済オンラインで連載中。HP: yascorn.com

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ