18きっぷで観光列車(後編)

青春18きっぷで観光列車!おいこっととアートの旅

公開日:2018/12/20

40
会員限定

大の鉄道好きマンガ家・文筆家のYASCORN(やすこーん)さんが、食べて食べて、また食べる鉄道旅の楽しさをご紹介します。青春18きっぷで長野駅に到着した翌日は、観光列車「おいこっと」で十日町に向かいます。鉄道旅の醍醐味が詰まった後編です。

青春18きっぷ おいこっと

青春18きっぷ旅2日目の朝食は、立ち食いそば!

前編を読んでいない方はこちら「青春18きっぷで観光列車(前編)小海線で長野への旅

翌朝は長野駅発9時15分の飯山線観光列車「おいこっと」に乗車します。こちらも快速列車なので、あらかじめ指定券を取っておけば18きっぷで乗車できます。

乗車前に食べる朝ごはんは、駅そばと決めていました。長野は駅の立ち食いそばも美味しいのです。

6・7番ホームにある「蕎麦処しなの」
6・7番ホームにある「信州蕎麦処 しなの」

「信州蕎麦処 しなの」はホーム階段下の、昔ながらの駅そば然とした佇まいが気に入っています。

こちらでかけそばを注文しました。

シャキッとしたネギがたっぷり乗ったかけそばは、麺は少しやわらかく、つゆは甘め。ちゃんと八幡屋礒五郎の七味唐からしが置いてあるところが長野らしいです。目の前にベンチがあるので、空いていれば座って食べることもできます。
 

古民家風のデザインの飯山線観光列車「おいこっと」に乗車

(3-写真・快速おいこっとは基本2両編成)
快速おいこっとは、基本2両編成


4番線ホームに移動して、すでに入線している「おいこっと」に乗車します。

「おいこっと」は田園風景や山、川を眺めながら走る観光列車。そのふるさと(田舎)のイメージから、東京の真逆にあるという意味で、「TOKYO」を反対から読んだ「おいこっと」という愛称が付いています。

おいこっと車内。2人掛け席と4人掛けボックス席、ロングシートがある。写真=坪内政美
おいこっと車内。2人掛け席と4人掛けボックス席、ロングシートがある。撮影=坪内政美

 

茅葺き屋根の民家の襖や障子をイメージしている外観と同様、車内も古民家風の内装デザイン。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

YASCORN

駅弁・駅そばが好きな鉄道好き漫画家&文筆家。温泉ソムリエ。児童誌から鉄道誌まで幅広く活動中。著書に「おんな鉄道ひとり旅」(小学館・プチコミック増刊で連載中)、「メシ鉄!!!」電子書籍1〜3巻(集英社)他。「鉄道漫遊記」を東洋経済オンラインで連載中。HP: yascorn.com

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ