日帰りでは物足りない大自然アミューズメント島

冒険家気分で「西表島」亜熱帯のジャングルを体験!

ハルメクWEB編集部
2018/07/25 1

沖縄本島に次いで面積が大きい西表島は、島のほとんどが亜熱帯のジャングルに覆われ、ここでしか見ることのできない動植物や絶景で知られています。石垣島離島ターミナルから40~45分で到着する“日本最後の秘境の島”、その魅力をご紹介します。

西表島
【目次】
  1. 石垣島からの日帰り旅行ではもったいない
  2. ここでしか出会えない自然を満喫!
  3. 島ならではの貴重な魚介類やフルーツが楽しめる
  4. まとめ

石垣島からの日帰り旅行ではもったいない

 

日本最大級のマングローブ群も間近に(東部・大見謝ロードパーク)画像提供:竹富町観光協会

 

島全体の約9割を亜熱帯のジャングルに覆われた西表島。イリオモテヤマネコをはじめ、この地にしか生息しない生き物でも知られ、日本最大規模のマングローブ群落や国指定の天然記念物・ウブンドルのヤエヤマヤシ群落など、雄大な自然が広がっています。

そんな西表島には2つの港があり、石垣島離島ターミナルから東部の拠点・大原港へは高速船で約35分、西部の拠点・上原港へは約40分で到着します。

2つの港の間には広大なジャングルが横たわり、どちらを拠点にしても西表島の自然を楽しむことができます。星砂の浜など島北部の観光スポットを目指すなら上原港、島の東側に浮かぶ由布島を訪れるなら大原港など、訪ねたい場所によって拠点を決めましょう。

石垣島発着の離島ツアーもあり、日帰りで見どころを巡ることもできますが、じっくり楽しみたいならぜひ1泊を。島内のホテルや民宿、ゲストハウスではそれぞれジャングルトレッキングやシュノーケリング、カヌー体験にナイトツアーなどアクティビティも提供してくれるので、島をより深く知ることができます。夜行性でなかなか遭遇するのは難しいイリオモテヤマネコも、運がよければナイトツアーで出会えるかも!?   
 

ここでしか出会えない自然を満喫!

 

遠浅でのんびり浜歩きを楽しめる星砂の浜   画像提供:竹富町観光協会

まず押さえたいのは、遊覧船観光。西表島では、「浦内川ジャングルクルーズ」と「仲間川マングローブクルーズ」の2か所の遊覧観光を楽しむことができます。

浦内川上流で遊覧船を降りてトレッキングで進んでいくと、「日本の滝100選」にも選ばれた幅約20Mのマリュドゥの滝や、涼やかなせせらぎが心地よいカンビレーの滝を観ることができます。仲間川ではマングローブの群生地や、樹齢400年のサキシマスオウノキを目にできるコースも。

クルーズは、西表島観光の中でも外せないアクティビティーです。沖縄県外ではまず見ることのできない植物を、自身の年齢や体力を気にすることなくゆったり楽しめます。さらにアクティブ派には、県下最大のピナイサーラの滝へ向かうカヌーやトレッキングも人気です(マングローブクルーズの運行時間は潮の干満で変わるので、運行状況はホームページで確認を)。

さらに、シュノーケリングや海水浴が楽しめたり、星の砂が拾えるビーチもあります。また、遠浅の海を水牛車で由布島に渡ることもできます。由布島はのんびりゆったり過ごしたい人におすすめで、ブーゲンビリアやハイビスカスなど南国の植物が集められていて、目を楽しませてくれます。

 

水牛車でのんびり由布島へ渡る   画像提供:竹富町観光協会

島ならではの貴重な魚介類やフルーツが楽しめる

せっかくの西表島観光ですから、食事もここでしかいただけないものをチョイスしましょう。原始の森が残るこの島は、貴重な魚介類を味わえる店も豊富です。民謡ライブも鑑賞できる「キッチンinaba」では、西表産のノコギリガザミの料理も提供。珍しいリュウキュウイノシシのタタキも人気です(演奏は不定期なので、店舗に問い合わせを)。

 

南国リゾートならではのフルーツを堪能!  画像提供:竹富町観光協会

 

そして亜熱帯ジャングルの恵み、フルーツも楽しみの一つ。亜熱帯植物楽園 由布島のレストランでは、直営農場のフルーツを使ったトロピカルジュースが味わえます。敷地内にある由布島茶屋では西表産の手作りジェラートを販売。小浜島、加屋真島、石垣島など周囲の島と海を一望できるマンタの浜で食べる手作りジェラートは、島観光の素敵な思い出になることでしょう。

まとめ

広大で、他では見られない豊かな自然が広がる西表島。それだけに見どころもたくさんあります。2つの港のどちらを拠点にするかで、島での過ごし方も違ってきます。もちろん、島内を効率よく回りたいという人には、石垣島の観光会社などが企画する日帰りツアーもおすすめ。八重山観光のメインイベントの一つとして、1日かけて“日本最後の秘境の島”をじっくりと楽しんでみましょう。

文・酒寄みち子

 

取材協力:竹富町観光協会 http://www.painusima.com/
住所 沖縄県石垣市美崎町1-5
電話番号 0980-82-5445
営業時間 8:30~17:30
定休日 日曜日 ※イベント等がある場合、日曜日以外でも休みになることあり 
 
浦内川観光(浦内川ジャングルクルーズ) http://www.urauchigawa.com
住所 沖縄県八重山郡竹富町字上原870-3(浦内川)
電話番号 0980-85-6154
営業時間 8:30~16:30
年中無休
 
東部交通(仲間川マングローブクルーズ) http://www.iriomote.com
住所 竹富町字南風見201(大原)
電話番号 0980-84-7320(西表島観光案内所) 
問い合わせ時間 8:30~17:30
※運行状況は潮の干満に左右されるのでホームページで確認を
 
民謡ライブレストラン キッチンinaba http://kitcheninaba.com
住所 沖縄県八重山郡竹富町上原742—6
電話番号 0980-84-8164
営業時間 昼11:30~14:30(入店13:45まで)/夜18:00—22:30
定休日 月曜日
 
亜熱帯植物楽園 由布島 http://www.yubujima.com
住所 竹富町字古見689
電話番号 0980-85-5470
営業時間 9:00~17:00/レストランは11:30〜16:00
年中無休 ※台風等の強風時は休園

由布島茶屋
住所 竹富町字古見689
電話番号 0980-85-5470
営業時間 10:30~16:00頃
年中無休 ※台風等の強風時は休園

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ