元気な今から始める終活

【PR】終活のもやもやは「信託銀行」でまるっと相談

公開日:2021/09/06

27

元気な今から少しずつ始めておきたい「終活」。でも、どこから手をつけていいのか悩んでいる方が多くいます。そんな悩める終活のあれこれをまとめて相談できるのが「三井住友信託銀行」です。頼れる終活のパートナーと一緒に賢く終活を始めてみませんか?

お金やお墓など終活の悩みあれこれ

あなたの「終活」、どのくらい進んでいますか?

自分のため、家族のために、元気なうちから少しずつ終活を始める方が増えてきました。

ハルメク読者210人に「終活に関する意識調査」を行ったところ、自分にもしものことがあったとき、多くの方が気になるのが家の片付けと回答しています。

​​自分が亡くなったあとに気になる、身の回りのことは何ですか? ※終活に関する意識調査(ハルメク調べ) 家財の整理・片付け54%、お墓のこと13%、ペットのこと11%、葬儀のこと4%、スマホの中身5%、その他13%

また、お墓や相続のこと、一緒に暮らしているペットの心配もあるでしょう。さらに年金や保険の手続きなど、整理しなくてはならないことがたくさんあります。

こうした終活のやるべきことの多さから、どこから手をつければいいのか分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?まずはそんな終活の“もやもや”を整理しましょう。

 

ハルメク世代が抱える終活のもやもやはこの4つ

頭の中に抱えている、終活の“もやもや”を整理してみましょう。

終活で準備が必要な項目は主に「片付け」「手続き」「お葬式・お墓」「財産」の4つに分けられます。それぞれどんな準備が必要なのか、見ていきましょう。

 

片付けのこと

家財の片付けや形見分け、のこされたペットやデジタル遺産をどうする?

家財の片付け形見分けはのこされた家族の悩みの種。自分の死後にどうしてほしいのかをリスト化しておき、きちんと希望を伝えることが大切です。

また、もしものときに備えて、大切なペットの託し先を決めてお願いしておく必要もあります。

見落としがちなのが、パソコンやスマホのデータなどのデジタル遺品。特に個人情報が悪用されることがないよう、削除のためのIDやパスワードをまとめておきましょう。

片付けのことで、「のこされた家族に迷惑をかけたくない」「自分だけで解決が難しい」という方は
→三井住友信託銀行の「おひとりさま信託」で解決!

 

手続きのこと

面倒で負担の大きい死後の手続き、どうする?

実は面倒で負担の大きい死後の手続き

年金や介護保険などの役所の手続きだけでなく、公共料金やクレジットカードの解約など、するべきことが山積みです。

自分が不在になったあとに行われるこれらの手続きはのこされた家族の大きな負担となります。信頼できるプロにおまかせすることで負担が軽くなります。

手続きのことで、「のこされた家族に迷惑をかけたくない」「プロに任せたい」という方は
三井住友信託銀行の「おひとりさま信託」で解決!

 

お葬式・お墓のこと

お葬式やお墓のこと、どうする?

もしものときに自分のお葬式やお墓はどうしたいのか希望をまとめておけば、のこされた家族も安心です。最近では、お葬式やお墓の形態も多様化しています。

たとえば身近な人だけで行う「家族葬」や費用を抑えた「直葬」という考え方も増えています。

のこされた人の負担を減らすため、お墓を建てない「自然葬」や寺院・霊園が代わりに管理や供養をしてくれる「永代供養墓」を選ぶ方もいます。自分の希望をよく考えておくことが大切です。

お葬式やお墓のことで、「のこされた家族に迷惑をかけたくない」「誰かに相談したい」という方は
→三井住友信託銀行の「おひとりさま信託」で解決!

 

財産のこと

気になる財産の受け渡し、どうする?

事前にきちんと準備しておかないとトラブルを招くこともある財産の受け渡し。

まずは、現金や有価証券、土地などさまざまな形の資産を洗い出し、すべての資産を漏れなくリストアップすることが重要です。

その上で、「どの財産を誰に相続してもらうのか?」「寄付をするのか?」など託し先を決めていきましょう。

財産のことで、「のこされた家族に迷惑をかけたくない」「自分だけでは準備が難しい」という方は
→三井住友信託銀行の「遺言信託」で解決!

 

「終活」成功のカギは信頼できる相談先選び

終活で準備が必要なこれらの項目には、葬儀社や司法書士などの専門の相談先があります。

しかし、それぞれ専門分野が異なるため、希望通りに進めるためには様々な相談先との調整が必要となり、さらに手間と時間がかかることも。終活を無理なく進めるなら、まとめて相談できる先を選ぶことも賢い方法の一つです。

三井住友信託銀行なら、自分の希望や意思に沿った形で終活の4項目すべてを相談することができます。さらに死後の手続きにかかる資金もしっかり管理し、もしもの時には、対応を行ってくれます。

 

三井住友信託銀行なら、まとめて相談できるから安心!

家財整理、形見分け、デジタル遺品、ペットなど片付けのこと 年金・介護保険、行政関係届出、公共サービス、クレジットカードなどの手続きのこと、死亡届、訃報連絡、葬儀、埋葬などお葬式・お墓のこと。この3つの死後の手続き(死後事務)はまとめて「おひとりさま信託」におまかせ。預貯金や有価証券など金融資産、土地や建物の不動産など、大切な財産の行き先を決める「遺言信託」

三井住友信託銀行はハルメク世代の終活の頼れる相談役。特に終活のもやもやを解決するのにぴったりな2つのサービスがあります。

 

死後の手続き(死後事務)はまとめておまかせ!「おひとりさま信託」

「おひとりさま信託」では、エンディングノートにまとめられた、想いに沿った終活をまるごとサポート。死後事務の履行(※1)もまかせることができ、のこされた家族の負担を減らせます。
※1 「死後事務」の履行を依頼できる一般社団法人をご紹介いたします

<「おひとりさま信託」のポイント>

  • エンディングノートを管理
  • かんたんSMS安否確認
  • 死後事務の資金管理(遺言代用機能)
  • 死後事務の履行(一般社団法人をご紹介)

 

大切な財産の行き先を決める「遺言信託」

「遺言信託」では、相続人や対象となる財産の事前調査をしっかり行った上で、ご意向に沿った遺言書作成のアドバイスをし、お客さまの作成した遺言書を保管。もしもの時は、遺言執行者として遺言内容を執行します。

<「遺言信託」のポイント>

  • 遺言書作成のアドバイス
  • 遺言書の保管
  • 遺言の執行

 

「おひとりさまの終活ハンドブック」を無料でプレゼント

おひとりさまの終活ハンドブックプレゼント
自分がおひとりさまになった時に備えておきたいことがまるごとわかります。

今ならお申し込みの方に、「おひとりさまの終活ハンドブック」を無料でプレゼントします。

下記にお電話、または下記のボタンをクリックしてぜひこの機会にお申し込みください。 ※お一人さま一冊限り。

終活ハンドブックのお申込みはこちら

お電話でのお申し込みはこちら

0120‐358‐237
(平日、土 9時~17時 ※日、祝日および12/31~1/3はご利用いただけません。通話料無料)

「終活のもやもやを解消!」じっくり相談できる個別相談受付中!

個別相談のお申し込みはこちら


 

※「おひとりさま信託」の具体的な商品内容および信託報酬についてはこちらをご覧ください。
※「遺言信託」の具体的な商品内容および手数料についてはこちらをご覧ください。

■提供/三井住友信託銀行

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ