入賞者は俳句王子とワークショップに参加できる!

GoodDAY 関節リウマチ俳句コンテスト2021

公開日:2021/06/01

更新日:2021/07/01

12

昨年多数の方にご参加いただいた「関節リウマチ俳句コンテスト」に続き、今年は自宅から参加できる俳句ワークショップを加え開催します。関節リウマチの専門家である医療者の方々も特別参加。入賞者はプレゼントも【応募受付は6月30日で締め切りました】

GoodDAY 関節リウマチ俳句コンテスト2021
俳人 髙柳克弘さんが俳句を添削! 司会は中井美穂さんです!

知っていますか?「関節リウマチ」のお悩み

知っていますか?「関節リウマチ」のお悩み

関節リウマチは、関節の炎症と進行性の関節破壊が特徴の疾患です。患者さんは日本に70~80万人(※1)、女性の患者さんは男性の約3倍と言われています(※2)。痛み・倦怠感・こわばりといった主観的症状に悩まされ、日常生活に不自由さを感じている方も多くいます。

※1引用元 厚生労働省:リウマチ・アレルギー対策委員会報告書について(2011年8月)
※2引用元 Yamanaka,H.et aL:Mod Rheumatol,2014,24(1),33-40.

周りの人に伝わりにくい関節リウマチの症状って?

周りの人に伝わりにくい関節リウマチの症状って?

主な症状は、「朝のこわばり」「痛み」「倦怠感」。関節リウマチの患者さんは、症状そのもののつらさ以外にも、「症状が出ると気分が落ち込む」「症状が心配でやりたいことができない」という心理的なお悩みも抱えています。

主観的な症状はお医者さんや周りの人に伝えづらく、伝わりにくいので、患者さんのことを理解することが大切です。

※オノマトペとは、音・声、物事の状態や動きなどを音で象徴的に表した 擬音語・擬声語・擬態語などのことです。
引用元:一般社団法人日本リウマチ学会「リウマチお困りごとチェックシート」

>>リウマチお困りごとチェックシートはこちら

「リウマチお困りごとチェックシート」は、自分が困っていることを「伝えたい」「わかってほしい」という患者さんの声から生まれました。こちらを印刷して診察時に持っていくと、先生や看護師さんに症状や日常生活の困りごとを伝えやすくなるかもしれません。

関節リウマチのお悩み、五・七・五で詠んでみませんか?

今年の募集テーマは、「A:伝えづらい、言いづらい、私の関節リウマチ症状」「B:医療者に伝えたい私の望み・困っていること」の2テーマです。あなたが、日頃なかなか口に出せない関節リウマチのお悩みを、五・七・五の俳句で詠んでみませんか?

必ず下記の動画を見てお申し込みください。動画内では、講師・髙柳先生が、俳句で病を詠むコツを解説しています。詳細な応募概要はページ下部をお読みください。

 

★コンテストの応募受付は6月30日で締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

関節リウマチ俳句ワークショップ開催概要

今年のGoodDAY 関節リウマチ俳句コンテスト2021は、関節リウマチがもっと理解される社会になるよう、受賞選考を兼ねた俳句ワークショップに入賞者の方々をご招待! ご応募いただいた俳句を髙柳克弘先生に添削してもらえたり、同じ悩みを持った仲間と共有し合ったりと楽しみも盛りだくさん! ワークショップの参加者には、入賞賞品としてQUOカードをプレゼント。

他人につらさを伝えることが難しい関節リウマチのお悩みを、あなたも五・七・五で表現してみませんか?

ハルメクWEB ×日本イーライリリー共催企画 GoodDAY関節リウマチ俳句ワークショップ

【主催】ハルメクWEB 、日本イーライリリー株式会社
【協力】公益社団法人 日本リウマチ友の会

開催イメージ
※開催イメージ

テーマに沿った俳句と、その背景となったエピソードを募集します。入賞者(10名程度)の皆さまはワークショップにご参加いただきます。ワークショップでは、参加者による俳句の発表や感想、髙柳先生による俳句添削や、関節リウマチに関するお悩みや困りごとを話し合う場も設けられます。

入賞者にご参加いただくワークショップはオンラインでの開催となりますので、ご応募の際には、下記応募要項をご確認のうえご応募ください。

開催概要

  • 開催日:2021年8月6日(金)15:00~16:30終了予定
  • 開催形式:オンライン開催(Zoom)
    ※ハルメクスタッフがパソコン操作をお電話でサポート致しますので、操作が不安な方や初めてZoomを使う方も安心してご参加ください。
  • 開催場所:ご自宅などからインターネットで参加
  • 講師:髙柳克弘さん
  • 司会:中井美穂さん
  • 参加者:関節リウマチ患者さん/そのご家族(つきそいの方の同画面参加もOK)
  • 応募方法:下記のお題で俳句と、その元になったエピソードをご応募ください。髙柳克弘さんが応募作品を選考し、ワークショップにご参加いただく入賞者を決定します。
    ※参加者へは、7月21日(水)までにハルメクよりお電話またはメールにてご連絡致します。

俳句募集テーマ

下記2部門に応募ができます。作品ごとに部門を選んでご応募ください、お一人につき最大3作品まで。同じ部門に複数応募することも可能です。1部門でもご応募可能ですが、ぜひ2部門チャレンジしてみてください。

俳句を詠むワンポイント

患者さんご自身の症状を言葉で表すのはなかなか難しいですよね。それには色々な表現方法がありますが、例えば、音・声、物事の状態や動きなどを音で表す「オノマトペ」や、季語に想いを託して詠んでみるのもひとつの方法です。

応募資格

  1. 関節リウマチに罹患しているご本人。またはそのご家族。
  2. 日本国内にお住まいで、応募時に満20歳以上の方。
  3. パソコンまたはタブレットまたはスマートフォンでインターネットに接続できる方。また、接続できる方のつきそいが可能な方。※ハルメクスタッフがお電話でサポートすることも可能です。Zoomの接続方法についてはこちらを参照
  4. 応募作品の著作権は、株式会社ハルメクに帰属します。また、日本イーライリリー株式会社が実施する関節リウマチに関連する啓発活動(紙・WEBニュースを含むメディア掲載、広告、啓発用動画、印刷物、ホームページ・SNSなどのオウンドメディア掲載、その他各種PR活動等)に使用いたしますので、これに同意頂ける方。
  5. 俳句ワークショップの様子は、雑誌『ハルメク』11月号、ハルメクWEB内の記事(10月10日配信)で掲載されます「作品/本名(ペンネーム)/年代/都道府県」を掲載いたしますので、本名を掲載してほしくない場合は、ペンネームをご入力ください。また、ワークショップを視聴する取材メディアの記事や番組内で、画面に映ったお顔が掲載される場合がありますので、これに同意頂ける方。

賞品

コンテストに入賞し、俳句ワークショップにご参加いただいた方には賞品をご用意しております。最優秀賞、優秀賞は当日の俳句添削で発表します。

  • 最優秀賞×1名 QUOカード5000円分
  • 優秀賞×1名 QUOカード4000円分
  • ワークショップ参加者投票賞×1名 QUOカード3000円分
  • 入賞(ワークショップ参加者) 一律QUOカード1000円分
     

    ★コンテストの応募受付は6月30日で締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

審査員・特別参加者紹介

【審査員長】
俳人 髙柳克弘さん

1980年、静岡県浜松市生まれ。専門は芭蕉の発句表現。2004年、第19回俳句研究賞受賞。現在、俳句結社「鷹」編集長。読売新聞朝刊KODOMO俳句選者。早稲田大学講師。句集に『未踏』(第1回田中裕明賞)、『寒林』。評論集に『凛然たる青春』(第22回俳人協会評論新人賞)、『どれがほんと? 万太郎俳句の虚と実』。鑑賞書に『芭蕉の一句』『蕉門の一句』『名句徹底鑑賞ドリル』など。2017年度、Eテレ「NHK俳句」選者。 

俳人 高柳克弘さん

【特別参加】
公益社団法人 日本リウマチ友の会 会長 長谷川三枝子さん

「日本リウマチ友の会」とは、関節リウマチに関する啓発・関節リウマチ対策に関する事業を行い、関節リウマチの方の福祉の向上を目指す団体です。

 【特別参加】(写真左から)

  • 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科 教授 金子祐子先生
  • 東京大学医学部附属病院 アレルギーリウマチ内科 講師(医局長) 俳句結社 天為同人    庄田宏文先生
  • 北播磨総合医療センター リウマチ・膠原病内科 主任医長 三崎健太先生
  • 兵庫医療大学 看護学部 療養支援看護学 教授 神﨑初美先生

特別参加の先生方

【司会】
フリーアナウンサー 中井美穂さん

日本大学芸術学部を卒業後、フジテレビに入社。アナウンサーとして「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」など多くの番組に出演し人気を集める。退社後は「世界陸上」(TBS)メインキャスター、「スジナシ」(TBS)などのテレビ番組のほか、映画・演劇のコラム、イベント司会、クラシックコンサートのナビゲーターなど幅広く活躍。がん啓発のイベント・市民公開講座の司会などの活動もしている。2019年よりNPO法人キャンサーネットジャパンの理事、2020年6月より新国立劇場の理事を務める。

応募についての注意事項

本コンテストについての注意事項をお読みいただき、同意いただいた上でご応募ください。応募者は注意事項に同意したものとみなします。

  • 本コンテストはお一人様最大で3作品まで応募可能です。それぞれA・Bどちらの部門の作品かチェックを入れて、作品に関するエピソードを添えてご応募ください。1作品のみの応募でも選考に影響はございません。
  • 応募の際、俳句内・エピソード内で具体的な医薬品名、有害事象(副作用を含む)、個人名への言及はしないでください。
  • ⼀般の方の不安をあおる表現は避けてください。
  • 他の応募者との公平・公正を保てないと当社が判断した場合、選考対象から除外することがあります。例)他の雑誌・インターネット上で既に出ている作品を使用するなど
  • 応募やワークショップ参加にかかる通信費等の諸費用は応募者の負担となります。
  • 参加権利の他人への譲渡や、賞品の換金・返品・交換等はできません。
  • WEBで応募する際は、必ず通信環境のよい場所でアクセスしてください。通信環境の悪い場所で応募した場合、無効になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  • 株式会社ハルメクと日本イーライリリー株式会社の社員及び関係者は応募できません。
  • 参加者への賞品の発送は8月31日(火)前後になります。
  • 応募作品は株式会社ハルメクと日本イーライリリー株式会社内で使用致します。

 

個人情報のお取扱いについて

株式会社ハルメクではご提供頂いた個人情報を「個人情報のお取扱いについて」の通り取扱います。ご入力いただいた個人情報につきましては、資料発送や問合せ対応のため、日本イーライリリー株式会社にクラウドサービスにより提供いたします。ご同意のうえご応募ください。株式会社ハルメクと日本イーライリリー株式会社は個人情報の取扱いに関する契約を締結しています。

本企画はハルメクWEB ×日本イーライリリー株式会社との共催企画になり、日本イーライリリー株式会社の個人情報保護方針はこちらに記載しています。お預かりした個人情報は両社で厳重に管理致します。

本企画へのご質問・お問い合わせはこちら

ハルメクWEB 俳句コンテスト・ワークショップ事務局(ハルメクお客様センター内)
0120-86-1094(9:00~19:00 土日祝除く)

 

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ