ハルメクモニター「ハルトモ」393人にアンケート

【PR】 親のお墓、私のお墓、みんなどうする?

公開日:2020/04/17

37

ふだん避けがちなお墓の問題。でもいつかは向き合わなければなりません。そこでハルメクではハルメクモニターの「ハルトモ」393人にお墓の悩みについてアンケートを実施。みんなどんなことで悩んでいるのでしょうか……?

お墓

お墓の悩みは「親のお墓」「私のお墓」の2種類

お墓

お墓の問題は、人生の終焉のことだからとつい考えるのを先延ばしにしがちですよね。あるいはお盆やお彼岸の時期、親戚一同が集まったときに、思い出すぐらいかもしれません。

でも一方で、人生の終活を始めようと思った時、お墓は避けては通れない問題として出てきます。なぜならお墓の問題は、親のお墓だけではなく自分のお墓、2つの問題を抱えてしまうからです。

今回、ハルメク読者へのアンケートで上がってきたのも「親のお墓」と「私のお墓」の2つの悩み。たとえ「親のお墓」では悩みがなくても、「私のお墓」では思うに任せない将来の問題があることが見えてきました。
 

親のお墓、「遠くて行けない」がいちばんの悩み

義家の家で困っていることのアンケートグラフ

 

義家の家で困っていることのアンケートグラフ

 

実家の墓で困っていることグラフ

実家の墓で困っていることグラフ

 

お墓の悩みと聞いて、真っ先に上がったのが親のお墓について。現在すでに困っていたり、お墓の面倒を見ている方の高齢化など、近い将来に確実に起きてくる悩みだったりすることから、より切実な意見が多く上がりました。

実の親・義理の親のお墓ともにトップは「お墓が遠くにある」ことで、別のアンケートでは車や公共交通機関を使っても1時間以上かかる方が6割を占め、3時間以上の方も3割以上いました。

また実の親のお墓で2位、義理の親のお墓で3位になったのが「お墓参りに行きたいのに行けていない」こと。「遠い」こととも関係しますが、お墓参りに行けないことで、どこかで申し訳なさや亡き祖先と疎遠になることへの不安があるようです。一方で、管理面も含めてそもそも「おっくう・考えたくない」という回答も多くありました。

そしてもうひとつ特徴的だったのが、義理の親のお墓についてで「夫の家のお墓に入りたくない」が2位に入ったこと。いかがでしょう、思い当たることはありますか?

ただこちらは義理の親との関係性の良し悪しというよりは、大都市で年代が若くなるほど傾向が強くなるため、すでに義理の親の家とは独立した家庭や地縁を、遠く離れた地で築いているからというのが理由のようです。

お墓の悩み

            

私のお墓、「希望と現実が違う」んです!

お墓の悩み

 

お墓の悩み

 

お墓の悩み

 

そしてまだ漠然として悩みとまでは言えないかもしれないけれど、「きちんと向き合わねば……」と思わされるのが、自分のお墓についてです。

みなさんは自分のお墓はどのようにしたいか希望はありますか?

アンケートでは散骨や樹木葬といった墓石不要の形から、管理をお寺や霊園が行ってくれる永代供養などが多く上がりました。フリー回答の理由欄には、そのほとんどに「子どもに迷惑をかけたくない」と書かれており、「子どもや残された家族の負担軽減」が、お墓をどのようにしたいかの希望につながっているようです。

では改めて、現実に自分は最終的にどんなお墓に入るとイメージされますか?

墓石不要の形でしょうか? いえいえ、なんとアンケートでは半数近い方が墓石のある一般墓を選ばれたのです。

本当は墓石のいらない供養の仕方を願っているのに、実際は墓石のある一般墓に落ち着いてしまう。それがハルメク読者の現状のようなのです。

お墓の悩み

                  

お墓の悩み解決のために検討したい3つのこと

親のお墓は「遠い」「行きたいのに行けない」「おっくう」。私のお墓は「希望と現実の隔たり」が、ハルメク読者の悩みや不安のようです。でも、実はそれぞれの悩みの解決策はとてもシンプルで、検討しておきたいのは3つ。

  • お墓を自宅の近くに移す
  • 永代供養で管理を不要に
  • 墓石以外の選択肢をもつ

「遠い」「行きたいのに行けない」方はお墓を自宅の近くに移せば解決。管理などが「おっくう」と感じている方は永代供養を検討されるのもいいでしょう。また「子どもや残された家族に負担をかけたくない」方は、散骨や納骨堂といった墓石以外の選択肢について、イメージではなく情報を集めてみることが大切です。

ただそうは言っても、「何からすればいいかわからない」「解決策はわかっているけれど実際に行うのは大変そう」という方は、どの解決策でもまず始めに行わなければならない、今あるお墓の「墓じまい」から考えてみてはいかがでしょうか。
 

>>大阪から茨城県へ「墓じまい」、永代供養墓にされた方の実体験はこちら!

>>親のお墓、私のお墓。10の疑問に応えます!

墓じまいから改葬まで任せるなら、まごころ価格.Com

https://magokorokakaku.com/hakajimai/

☑全国どこでも、一律価格!
☑解体から移動、行政手続きまで代行!
☑遠いお墓の墓じまいも代理で実施
☑永代供養墓、散骨、樹木葬などもご紹介
☑お墓・終活の有資格者がお手伝い
☑価格は198,000円(税別)~

今なら「墓じまい」の流れがわかる「墓じまいガイドブック」を無料でプレゼント!

墓じまいガイドブック

ご相談・ガイドブックのお申し込みは下記から

まごころ価格ドットコム

 

■提供/株式会社まごころ価格ドットコム0120-983-035(10:00~20:00土日祝も営業)

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ