「考え過ぎ」を防ぐことが大切!

【まとめ】医師が解説!「50代うつ」の予防と治療法

公開日:2020/06/03

1

更年期以降の女性に多い「うつ(鬱病)」。女性の発症は40代でグンと増え、50代を過ぎても患者数が多い状態が続きます。この特集では、うつの原因・予防・治療について、医師がわかりやすく解説します。

医師が解説!「50代うつ」の予防と治療法

「50代うつ」を治療せず放置すると認知症リスクにも

仕事や人間関係のストレスが原因で、うつになる50代女性は多いもの。気持ちが落ち込んだり、やる気が出なかったりするのは、誰にでもあることですが、症状が2週間以上続き、日常生活にも支障が出ているなら「うつ」かもしれません。

うつの治療に詳しい、川村総合診療院院長の川村則行さんは、「50代以降の女性の場合は、人間関係のストレス、特に子どもや夫など家族の悩みが原因で、うつになる人が多い」といいます。

また、うつになると、もの忘れが増えますが、治療せずに放置しているとさらに状況が悪化してしまうそう。

「うつが長い間続くと、将来、認知症になるリスクが上がるという報告もありますから、放置せず、受診してきちんと治すことが重要です」

参考:【医師が解説】50代女性のうつの症状と認知症リスク

うつの予防には「考え過ぎ」を防ぐことが大切!

川村先生は「“考え過ぎ”は、うつにつながるため、要注意です」といいます。その他、悩み過ぎ、物事をつい悪い方向に捉えてしまうマイナス思考などに心当たりのある方は、特にうつになりやすいタイプといえます。

うつの予防として効果的なのが、リラックスするための「やめる」習慣と、他人との付き合い方を「変える」習慣を日常生活に取り入れること。少しずつでも意識を変えていくことが、心の安定につながります。

参考:うつを寄せ付けない!考え過ぎないための7つの習慣

うつの治療は、季節&田んぼに例えて考える!

もし、うつになってしまったら、どうやって治療していくのでしょうか。

うつは、薬を飲んだからといってすぐに治るという病気ではありません。人によっては治療に何年もかかる場合もあります。川村さんは、発症から治るまでの期間を、“冬”から“実りの秋”までの5段階に分けて、田んぼに例える「田んぼ理論」を提唱しています。

治療開始の“冬”は最もつらい時期。田んぼが荒れて、稲、すなわち神経伝達物質を作れなくなった状態です。代表的なうつ症状9項目のうち5つ以上に該当し、仕事や家事もできず、「本当に治るの?」と悲観的になりがちです。

しかし“春”を迎えると、患者が自覚するうつ症状は1~4項目に減って、「もしかしたら治るかも」と少し希望が見えてきます。調子がよくなる“初夏”から“夏”にかけては、考え方や行動の仕方を修正して、うつになりにくい自分を作る心理療法にも取り組みます。

そして、最終段階の“実りの秋”には、田んぼに稲がたわわに育ち、うつの治療は完了となります。

参考:うつは5段階でしっかり治す!回復へのロードマップ

50代女性にとって、うつは身近な病気ですが、予防・治療できる病気です。「もしかしたら、うつかもしれない」そう思ったら、早めに対処するよう心掛けましょう。


★無料の会員登録をすると、記事全文が読めます。会員特典の詳細は、「ハルメクWEB」会員登録ページでご確認ください。

※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ