小掃除の味方オキシウォッシュを編集部員が使ってみた

水回りの汚れ激落ち!酸素系漂白剤「オキシ」の使い方

雑誌「ハルメク」

しつこい汚れを浮かせて落としてくれる、話題のお助け洗剤、酸素系漂白剤の「オキシ」。どう使えば汚れが落ちるの? 水回りのキッチン、お風呂、洗面所、トイレを編集部員が実際に徹底掃除してみました。

オキシウォッシュで汚れを取った排水口
【目次】
  1. 酸素系漂白剤「オキシ」って、どんな洗剤?
  2. オキシウォッシュの使い方、使うときの注意点
  3. キッチン回りのお汚れを落とす方法
  4. お風呂の排水口のぬめりを落とす方法
  5. 洗面台の黒ずみ・トイレの汚れリングを落とす方法

酸素系漂白剤「オキシ」って、どんな洗剤?

環境にも体にも優しい、定番のお掃除洗剤・重曹は、アルカリ性の力で酸性の汚れを落とします。油や皮脂の汚れに強く、水垢やせっけんカスのようなアルカリ性の汚れは不得意です。

では、今話題のオキシは?

主成分は過炭酸ナトリウム。重曹より強いアルカリ性で、さらに汚れを分解する酸素の力で、汚れが酸性であってもアルカリ性であってもきれいに落とせます。生分解性の高い界面活性剤を使用しているので、強い洗浄力がありながら環境に優しいのも◎。また、オキシの別名は酸素系漂白剤。除菌力も強い上に、塩素の刺激臭もありません。

今回は、「オキシウォッシュ」という商品を使って、実際に編集部員が水回りの掃除をしてみました!

オキシウォッシュ

オキシウォッシュの使い方、使うときの注意点

使い方は、オキシウォッシュを溶かしたお湯に汚れ物を浸けるだけ。強くこすらなくても汚れが落ちるので、50代以上のハルメク世代の小掃除にピッタリです。ということで、編集部員宅の台所、お風呂、洗面所、トイレで試してみると、驚くべき効果がありました。週に1回、月に1回でも「オキシ浸け」の習慣を取り入れたら、もう大掃除は必要ナシです!

使い方
オキシウォッシュはお湯に溶かして使います。シンクに入れたオキシウォッシュにお湯を注ぐと、泡立つオキシウォッシュ溶液ができます。分量は、湯4Lに対してオキシウォッシュ30g(※)。その溶液に、汚れ物を浸け込みます。浸け込み時間は10分から、最大6時間まで。汚れの落ち具合を確認しながら試してみてください。終えたら、溶液の跡が白く残らないよう、水でよく洗います。※1kgの袋(上の写真の右側)なら付属の計量スプーン1杯分、680gのボトル(同左側)なら容器の蓋1杯分です。

オキシウォッシュ溶液

お湯を出せない場所を掃除する場合、バケツや桶でオキシウォッシュ溶液を作り、洗浄したい場所へ流し込みます。スプレーボトルでは使用しないこと。泡と液があふれ出てしまいます。
 

使用上の注意
オキシウォッシュはとても細かい粉状のものです。吸い込まないように、マスクをして使用するのがおすすめです。また手荒れ防止のためにゴム手袋をつけましょう。汚れを落としたい箇所に、フッ素加工などのコーティングが施されている場合はがれてしまうことがあります。また金属は変色する可能性もあるので、ご注意ください。ご使用時には、パッケージの注意書きをご確認ください。

ボトルの蓋や計量スプーンで計量するときも、吸い込まないよう注意!
ボトルの蓋や計量スプーンで計量するときも、吸い込まないよう注意!

キッチン回りのお汚れを落とす方法

台所周りで使っている物の、油汚れ、水垢汚れ、黄ばみ……。シンクでオキシ浸けすれば、いろんな汚れ物をまとめてきれいにできます。 

オキシウォッシュでキッチン周りを掃除する

【手順】

  1.  シンクの排水口に蓋をする
  2.  お湯はシャワーで注ぐと、泡立ち◎!
  3. 汚れ物とオキシウォッシュ180gを入れる
  4.  1時間漬け込み、放っておくだけ!
  5. 40~60℃のお湯を注ぐ


花瓶のガラスの曇りビフォー・アフター

花瓶のガラスの曇りをオキシウォッシュで取る

口が小さくて、手が奥まで届かないガラスの花瓶の内側にある曇りや、水筒の中の茶渋もオキシウォッシュの得意分野。

ほうろうケトルの油汚れ ビフォー・アフター

オキシウォッシュで汚れを取ったケトル

食器用洗剤ではこすっても落ちなかった油汚れが、オキシ浸けをしてから、お湯をかけるだけで新品のように。

 

20年間蓄積されたまな板の汚れ ビフォー・アフター

オキシウォッシュで汚れを落としたまな板


まな板のしぶとい汚れは、オキシ浸け後に、さらにキッチンスポンジでこすりました。あきらめていた汚れもご覧の通り!

 

シンクもピッカピカ!

オキシウォッシュできれいになったシンク

シンク自体もピッカピカ! 驚いたのは排水口。目を疑うほどきれいになっていました。蛇口周辺の白いカルキ汚れは落とせず……残念。

お風呂の排水口のぬめりを落とす方法

お風呂の排水口のぬめりを落とす方法

排水口は、髪の毛やせっけんカスがたまり、汚れがドロドロになりがち。そんな排水口のドロドロした汚れも、手で触らないで落とすことができて、臭いも取れます。
 

計量スプーンで、排水口まわりにオキシウォッシュ30gを振り掛けます。

計量スプーンで、排水口まわりにオキシウォッシュ30gを振り掛けます。

シャワーでお湯を注ぐと、ぶくぶくと泡立ってきます。

シャワーでお湯を注ぐと、ぶくぶくと泡立ってきます。

排水口から湧き上がる落とした汚れをつけた泡

排水口からは、落とした汚れをつけた泡が、もこもことツノのように出てきました。

オキシウォッシュを使用した後

30分間置いて水を流したら、まったくこすってないのに、まるで新品のように! 

浴槽にオキシウォッシュを入れて汚れを落とす

浴槽を使ってお風呂のふたや椅子を浸けても!

洗面台の黒ずみ・トイレの汚れリングを落とす方法

黒ずんだ洗面台

洗面台
全体にうっすらと黒ずみがちな洗面台は、溶液を注いで放っておくだけ!

オキシウォッシュ溶液をつけ置いた洗面台

8Lのお湯にオキシウォッシュを60g溶かす。栓をして、溶液を注ぎ90分間置いておく。ついでにうがいコップや歯ブラシ受けもオキシ浸けしました。

オキシウォッシュできれいになった洗面台

黒ずみ汚れは、すすぐだけで、きれいに落ちました。


トイレ 

オキシ漬けしたトイレ

お湯4Lにオキシウォッシュを30g溶かす。溶液をトイレに注ぎ、 30分間置いておく。少し掃除を怠けたらできてしまう輪染みもオキシ浸けをすれば、ブラシでこすらずピカピカ!

実際に試してみて……
ブラシでは取りにくい汚れにこそ、“オキシ”が大活躍することがわかりました! ザルや水筒、洗濯機のゴミ取りネット……習慣にすれば、水回りの大掃除から解放されそうです。


取材・文=岡島文乃、撮影=中川まり子


ハルメク通販でも、オキシウォッシュを販売中!

◆関連記事

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、50代以上の女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値がある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど、幅広い情報が満載。年間定期購読誌で自宅に直接配送します。https://magazine.halmek.co.jp/

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ