インスタグラムは、自分が自分のために楽しむもの!

60歳インスタグラマーちぇぶさんに聞く私の楽しみ方

女子部JAPAN(・v・)
2019/01/12 9

「インスタグラムって、若い人が楽しむものじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、写真好きなら年齢関係なく楽しめるのがインスタグラムの魅力。そこで、60歳でインスタライフを楽しんでいるインスタグラマー、ちぇぶさんにお話を伺いました!

60歳のインスタグラマー
【目次】
  1. 教えてくれたインスタグラマーさん
  2. 散歩で見つけた景色や家族との日常を撮影!
  3. 誰でも真似できる、インスタ映えテクニック
  4. 新たな発見のある、楽しみが詰まったツール

教えてくれたインスタグラマーさん

ちぇぶさんインスタグラマー

 

 ちぇぶさん
@chebu214chebu  
@chebu60  
 

散歩で見つけた景色や家族との日常を撮影!

Q:何歳ごろからインスタグラムをはじめられたのですか?

インスタグラムのサービスが始まったころですね。最初のアカウントを作ったのが53歳の頃ですので、かれこれ7年ぐらい使っています。


Q:インスタグラムのどんなところが楽しいですか?

最初の頃はiPhoneで撮って、すぐに写真を投稿できるのが楽しかったですし、友達や見知らぬ人の日常が、ただ流れてくるのが楽しかったです。

最近は興味のあること、例えば中国茶や台湾茶を検索して、それに関連したタグをフォローしてみたり、実際に日常でお茶を楽しんでいる方をフォローしたり、そこから欲しいものが見つかったり……。知識を教わることもあります。

よく行く場所をフォローしておいて、情報を仕入れることができるのもいいですね。今、あそこにはどんな花が咲いているとか、インスタグラムで知ることもよくあります。


Q:普段、どんなものをスマホで撮影していますか?

目についたものや、私にとって楽しく面白いもの、また「花と目の多重露光」など、テーマを決めて撮ったりもします。あとは、家族の写真もたまに撮りますね。
 

ちぇぶさんの写真

 

ちぇぶさんの写真

 

Q:写真を撮るのは、どんなときですか?
 
散歩や買い物の途中が多いです。あとは、今日は写真を撮るぞと決めて出かけることもあります。
 

ちぇぶさんの写真

 

誰でも真似できる、インスタ映えテクニック

Q:ズバリ! 初心者でも真似できる“インスタ映え”する写真のテクニックを教えてください。

例えば、花の写真などはマクロレンズを使っています。クリップでスマホに簡単に挟めるタイプのものを使えば、とっても手軽なのに素敵な写真に仕上がりますよ。
 

ちぇぶさんの写真

 

あとは、カーブミラーや窓の映り込みを撮ってみたり、魚眼レンズを使って夫とツーショットを撮ったり……。簡単に編集できる加工アプリも活用すると、素敵に仕上がります。

ちぇぶさんの写真

 

Q:インスタグラムのどんなフィルターを主に使っていますか?

インスタグラムのフィルターは、花の多重露光を撮ったときには「Clarendon」というフィルターを使うことがあります。写真が明るくなっておすすめですよ!


Q:インスタグラムの投稿のコツを教えてください!

自分だけが使うオリジナルのハッシュタグ「#」を作成して投稿につけています。そうすると、ハッシュタグで検索をすれば、その写真だけがひとまとめに見ることができるので便利なんです。また、普段は投稿に位置情報はつけませんが、ちょっと特別な場所へ行ったときなどは位置情報をつけます。後から写真を見たときに、どこで撮った写真かがすぐにわかって記録にもなりますよ!


Q:どんな写真が「いいね」をもらいやすいですか?

明るい楽しい雰囲気の写真でしょうか。あとはつけるタグでも変わりますね。でも、あまり「いいね」にはこだわってないです。
 

ちぇぶさんの写真

 

新たな発見のある、楽しみが詰まったツール

Q:自分らしい楽しみ方を教えてください!

59歳の誕生日の前日から60歳になる日を目指して、1日1枚ずつ写真をアップし続けました。これは私にとって、ちょっとした挑戦でしたね。60歳まで連続でアップできましたが、いまだに継続しています。
 

ちぇぶさんの写真

 

あとは、投稿写真が60枚たまると「インスタントブック」を作成できるので、本にして楽しんでいます。専用ケース付きで972円(送料別)で作成できるのでおすすめです。今のところ、8冊できました!

詳しくはインスタントブックで検索。公式ホームページをご覧ください。


Q:インスタグラムを使いはじめて、ちぇぶさんの生活は何か変わりましたか?

インスタグラムは自己満足の世界です。とにかく自分の写真が好きなので、特に目と花の多重露光写真がズラーっと並んでいるのを見て、うふふってなるんです。「私の好きはこれなのよ!」という発信をすることができて、ある意味ストレス発散みたいになっていますね。

あとは、行ったことがない場所の景色、行けない場所の景色を見せてもらえるのも魅力。それがインスタグラムを開いて手のひらの中で見られるって最高です。しかも、誰にも邪魔されずに。楽しみをたくさんもらえたツールですね。

ちぇぶさんの写真

 

 

Q:ちぇぶさんと同世代の方へ、インスタグラムをどんな言葉でおすすめしたいですか?

インスタグラムは自分が自分のために楽しむものですよ。誰かのためではなくね。写真を投稿しなくても、いいなぁと思う人をフォローして見ているだけでも楽しいです。それと、友達とのコミュニケーションとしても活用できます!

 

ちぇぶさんのお話を聞いていると、インスタグラムを通じて毎日を生き生きと楽しんでいる様子が伝わってきます。決して無理はせず、自分らしくマイペースに楽しむのが、インスタグラムを長く楽しむコツなのかも。まずは写真を検索して、自分の知らなかったさまざまな世界を覗いてみるのもいいかもしれませんね。

女子部JAPAN(・v・):内田あり

女子部JAPAN(・v・)

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア。Webでの体感系レポート発信と、月に3回以上の部活(イベント)を行っています。部員は全国に28,000人。登録無料、年齢不問。スマホの使い方の相談も承っています。www.iphonejoshibu.com

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ