「死に逝く自分が想像できますか?」

在宅ホスピス医・内藤いづみさんインタビュー

雑誌「ハルメク」

山梨県甲府市にクリニックを構え、4000人近くの命を看取ってきた在宅ホスピス医・内藤いづみさん。日本の医療政策が病院から在宅へと転換期を迎える中、患者とのエピソードを綴った著書『死ぬときに後悔しない生き方』に込めたメッセージとは?

内藤いづみ
【目次】
  1. 日本の医療は「病院では死ねない時代」へ
  2. 「死はとてつもない大冒険だ!」
  3. 内藤いづみ著『死ぬときに後悔しない生き方』発売中

日本の医療は「病院では死ねない時代」へ

本著は冒頭、在宅ホスピス医・内藤いづみさんの読者へのこんな投げ掛けから始まります。「想像できないという人もやむを得ません。半世紀前まで人が死ぬ場所は『自宅』だったのに、それが『病院』へと変わっていった。それに伴い、身近にあった『死』に私たちは触れることがなくなってしまったのですから」と語る内藤さん。

しかし今、日本の医療政策は、在宅や地域での看取りを推し進め、「病院では死ねない時代」へと転換期を迎えています。「自分の死、家族の死を家で迎えることになる。『死は暗い話』と目を背けている場合ではなくなってきているのです」と警鐘を鳴らします。

「幸せなエンディングのために、どんな最期を迎えたいのかをゆるやかにイメージしておく。この本が、そんなきっかけになればうれしい」

「死はとてつもない大冒険だ!」

自分の余命を知ったとき「家族の洗濯物を畳みたい」と願い、家で愛する家族とともに穏やかな日々を過ごした女性、花が咲く頃に自分はこの世にいないことを知りながら、「孫のために」と庭に球根を植え続けた男性――。本著では、親交のあった永六輔さんをはじめ、内藤さんが寄り添ってきた21人の命との向き合い方を紹介。死を考えることは、生き方を見つめ直すこと。自分らしく生を全うしていった一人一人のエピソードから、そんなメッセージが伝わってきます。

エピソードにも登場する母・富士丸(ふじまる)さんを本著の上梓直前に看取った内藤さん。「97歳の大往生。家族に見守られ、最期に『はぁーっ』と大きく息をして旅立っていきました。まるであの世への扉を力強く開けるかのようでした」と振り返ります。

「母は身をもって『死は怖くない、とてつもない大冒険だ』と私に教えてくれました。私の理想の死に逝く姿は、母のような最期なのかもしれません」

内藤いづみ(ないとう・いづみ)
1956(昭和31)年、山梨県生まれ。ふじ内科クリニック院長。福島県立医大卒業後、東京女子医大などに勤務。86年からイギリスに渡り、プリンス・オブ・ウェールズ・ホスピスで研修を受け、95年、甲府市にふじ内科クリニックを設立。『笑顔で「さよなら」を 在宅ホスピス医の日記から』(KKベストセラーズ刊)など著書多数。

取材・文=小林美香(ハルメク編集部) 撮影=中西裕人

※この記事は雑誌「ハルメク」2019年4月号に掲載された内容を再編集しています。

内藤いづみ著『死ぬときに後悔しない生き方』発売中

内藤いづみ著『4000人のいのちによりそった“看取りの医者”が教える  死ぬときに後悔しない生き方 』(1300円・税別 総合法令出版刊)

■在宅ホスピス医・内藤いづみさん関連記事
医師・内藤いづみVOL.1「父との突然の別れから学んだこと」
VOL.2「人は必ず死にその命は紡がれる」
VOL.3「毎日を前向きに生きる大切さ」
在宅ホスピス医・内藤いづみさんインタビュー
永六輔×内藤いづみ 理想の大往生とは

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、50代以上の女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値がある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど、幅広い情報が満載。年間定期購読誌で自宅に直接配送します。https://magazine.halmek.co.jp/

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ