"片づけ"の検索結果

69
片づけ

家でできること〜編み物とクローゼット整理

・・・ウェアから始めてます)数えてみてください。スイッチ入りますよ。   さあ、次はこの手放す服たちをどうにかしたい……。衣類を送ると、世界の子どもにワクチンを贈れる素敵なお片づけサービス「ハルメク  古着でワクチン」や、まだ使えるけれど不要な物を箱につめて寄付する「ワールドギフト」へ送る手続きをしたいのですが、そのスイッチがまだ入っておりません。。。 ・・・

2020/04/06  2
山本ふみこさんの「エッセーの書き方講座」

随筆家・山本ふみこ流 エッセーを書くポイントとは?

  随筆家。武蔵野市教育委員。1958年北海道小樽市生まれ。家事や片づけ、家族との会話など日々の暮らしを描くエッセーや、人物の魅力発見に定評がある。『家のしごと』(ミシマ社刊)など著書多数。 雑誌「ハルメク」では「だから、好きな先輩」を連載中です。また、半年間かけて・・・

2020/04/03  19
生き活片づけ

これからをラクに楽しく!50代からの生き活片づけ

はじめまして。遠藤亜紀と申します。片づけ大賞で準大賞をいただき、それを機にコラムを書かせていただくことになりました。  「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」がモットー(笑)の、工夫好き・

2020/04/03  17
子ども・孫・嫁にイライラ!家族ストレスの対処法は?

子ども・孫・嫁にイライラ!家族ストレスの対処法は?

・・・られます。(たまに感じる・60歳~64歳) 娘のイライラエピソード 長女が、まったく片付けをしないくせに、次から次へと物を出してきます。出したら出しっぱなし! 注意しても生返事で、結局私が片づけることもしばしば。そのくせ「〇〇ちゃんちは物が散らかってた。もっと片付ければいいのに」と、自分のうちがそこそこ片付いていることを自分の手柄のように語るから許せません!(いつも感じる・40歳~49歳) ・・・

2020/03/31  1

【まとめ】やましたひでこさんに学ぶ!断捨離のコツ

・・・す。 ■もっと詳しく読む! 【断捨離のコツ】提唱者に聞くシンプルに暮らす新習慣 50代から70代はためこみ期!断捨離する方法は? 後編では、やましたひでこさんが実践している片づけワザを、ご自宅の写真とともにご紹介します。「冷蔵庫の扉には何も貼らない」など、キッチンやリビング、クローゼットをキレイに保つための具体的なアイデアが満載! 今すぐ実践できるものばかりなので、ぜひ生活に・・・

2020/03/24  2
家事代行スタッフ

50代女性におすすめの仕事!家事代行スタッフ

家事代行スタッフの仕事は、依頼主の自宅を訪問して、依頼主に代わって掃除や片づけ、料理などの家事をすること。「掃除や

2020/03/19  2
安くて安心な家事代行サービス

安くて安心な家事代行サービス!人気の依頼内容は?

・・・、家族との時間に充てることができますよ」 市場拡大中!家事代行サービスを利用するメリットは? 今回アンケート調査で、50代以上の女性に「一番負担に感じる家事は?」と聞いたところ、1位は「部屋の片づけ・掃除機がけ(35%)」、2位は「お風呂掃除(18%)」となりました。続く3位は同率10%で「トイレ掃除」・「料理」・「台所掃除」となり、数ある家事の中でも特に掃除を負担に感じる女性が多いようです。 ・・・

2020/03/17  6
銘仙で作ったきものリフォーム

一番好きな素材、銘仙で作ったきものリフォーム作品

・・・シブルで、暖かかったです。今、銘仙のリフォームで着られるのは、数が少なくなってしまいました。 この1月久しぶりに、弘法市に出掛けましたが、飛びつきたく思うのには、出会えませんでした。友人から蔵を片づけたからなどと、いただくことがあり、リフォームの材料は探しに行かなくても、手元にはたくさんあります。それでも、いろいろな物を見て、目を楽しませることはできました。 今回は、さまざまな過去のリフォー・・・

2020/03/17  4
介護の準備・老後の住まい作り

50代から始める!介護の準備・老後の住まい作り

「老後、もし介護が必要になったとしても、できるだけ長く自宅で暮らし続けたい」 こんな声に対し、ケアマネジャーとしての知見を生かして、片づけのコツを発信しているRin(りん)さんは、「長く安心して住める家とは、安全で清潔な家のこと」と言います。 それはつまり、快適で事故が起こりにくい家のこと。「家の中が整理されていて、日々の家事が楽・・・

2020/03/09  10
読書

読むほどに不思議な本『こちらあみ子』今村夏子

・・・た装丁なのだろうと、装丁家柳川貴代さんのセンスに惹かれました。スミレの花のカットがかわいいです!。 ヒロインのあみこは優しくっていい子なのだけれど、そのことに誰も気が付いていなくて、問題児として片づけられているのが残念で仕方なかったです。こんな風に1つの家庭って崩壊していくのかなぁと思いながら読んでいました。物語の中で、彼女の故郷の広島弁がときどき出てくるのに救われました。 実に、読むほどに・・・

2020/03/05  2
芦野温泉の旅

夫婦で行っても一人部屋!疲れを癒やす芦野温泉の旅

・・・ 朝風呂、朝食、食後のコーヒーを楽しんで、10時にチェックアウトしました。「道の駅伊王野」で地場産の野菜と果物、お菓子などを買い、東北道で帰宅しました。 出かける前の支度や家事、帰宅後の片づけや洗濯……。どうしてこんなに女には雑用が多いんだろうと、先程まで温泉ライフを満喫していたのに日常の雑事に早くもイラついてしまった私です(笑)。 芦野温泉は東北道の岩槻・・・

2020/03/02  9
今日から始める50の手習い

コーチングは50代女性の仕事と人生のカギになるか?

・・・academia.com/ ■柚原路子さんの他の記事はこちら ・「英会話カフェ」で英語力を磨く! ・「コンディショニング」で体の不調を解消する! ・こんまりメソッドと整理収納サービスに学ぶ片づけ法 ・「ファスティング」で体にたまった毒素をスッキリ排出! コーチングの目的に応じた信頼できるスクールの選択を

2020/02/28  2
断捨離のコツ

【断捨離のコツ】提唱者に聞くシンプルに暮らす新習慣

・・・ まずは手軽に始められる平面から。冷蔵庫の扉やテーブルの上など、物を置かず必要なときにその都度出すよう心掛けます。 「それだけで空間にゆとりが生まれ、スッキリしますよ」 50代から70代の片づけでは、ためこみ期だと意識する 平面の次に手をつけるべきは、隠れている引き出しや棚。 「引き出しや棚の中も物の居場所は快適に。ぎゅうぎゅうのところにいたら出し入れしづらくて、“・・・

2020/02/25  15
やましたひでこさんのクローゼット

【断捨離】提唱者の家を公開!キレイが続く新習慣8

・・・の2つだけに。よく使う物なら、使うたびにサッと拭く癖をつければホコリもたまらず、自然とキレイな状態がキープできます。 手をつけるべきは“今”いる場所。捨ててからでないと、片づけはできません。無理は禁物。棚1段、引き出し1つから始めましょう。 【習慣4】捨てられない物は1か所にしまう どうしても捨てられない物は、無理に捨てる必要はありません。ただし、収納場所は・・・

2020/02/25  21
「ラクな収納」で無理なくキレイ

50代からの片づけは「ラクな収納」で無理なくキレイ

橋本さんがシニアの片づけコンサルタントとして活動するきっかけとなったのは、認知症の義母の介護経験だったそう。 義母の介護をする中で、50代のうちから体力、気力、握力、視力の低下に対応できる収納にしておくことの大切さを痛・・・

2020/02/18  12

ページ先頭へ