特別展「明治錦絵×大正新版画」5組10名様

2020/03/24

ハルメクWEBへ会員登録してくださった方へ、感謝の気持ちを込めてプレゼントをご用意。応募はアンケートに答えるだけ。抽選で、特別展「明治錦絵×大正新版画」の招待券を5組10名様に差し上げます。

世界が愛した近代の木版画(神奈川県立歴史博物館)

特別展「明治錦絵×大正新版画」5組10名様

世界に誇る日本の木版画、その近代の展開を紹介する、神奈川県立歴史博物館の特別展「明治錦絵×大正新版画-世界が愛した近代の木版画-」に5組10名様をご招待します!

 

錦絵とは多色摺りの木版画を指し、色鮮やかな浮世絵の定番の手法です。江戸中期に確立し、末期には繁栄を極め、大衆娯楽文化として確固たるものとなりました。

錦絵の前にも版画は存在しましたが、色も少ない素朴なものでした。技術の革新により誕生した色鮮やかな錦絵は、日本の印刷技術のすべてを担った技術と言っても過言ではありません。

そして、明治なかばに江戸時代以来の伝統が途切れかけた後、大正、そして昭和に改めて「新版画」として復活したという、知られざる歴史もあるんです。

特別展「明治錦絵×大正新版画-世界が愛した近代の木版画-」では、明治錦絵の最大の版元大倉孫兵衛、そして新版画の版元土井版画店、二人の版元に焦点をあて、明治から大正昭和にかけての活動を連続的に追いかけます。

近世的な浮世絵の伝統を継承しながらも、新たな表現に挑戦した二人の版元と、そのもとで活躍した絵師とその多彩な作品をご紹介します。

またコレクション展示室では、石版画や銅版画など、他の印刷文化を語る作品や資料を見ることができます。

土屋光逸_シリーズ「東京風景」のうち四ツ谷荒木横町_個人蔵 (1)
土屋光逸_シリーズ「東京風景」のうち四ツ谷荒木横町_個人蔵


特別展「明治錦絵×大正新版画-世界が愛した近代の木版画-」
■会期:2020年4月25日(土)~6月21日(日) 月曜休館(5/4(月・祝)は開館)
■時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
 ※コレクション展示室部分のみ入場は17:00まで可能
■会場:神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室・コレクション展示室

公式ホームページ

応募要項

応募締切
4月25日(土)
応募方法

下記の「応募する」ボタンより、必要事項を入力ください。

※プレゼントの応募には、会員登録が必要です。
既に、ハルメクWEB、ハルメク通販サイトにご登録されている方はそのままご応募ができます。まだご登録されていない方は、サイト右上の会員登録ボタンから、会員登録をお願いいたします。

その他

・当選者の発表は厳選なる抽選の上、商品の発送をもって代えさせていただきます。

・当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、利用目的を明らかにした上で個人情報を取得いたします。本人の同意又は法令に基づく場合以外には利用目的の範囲を超えた個人情報の利用・提供はいたしません。また、目的外利用を行わないための措置を講じます。
個人情報保護についてはこちら

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお願いいたします。

ページ先頭へ