2つのアイテムだから今すぐまねできる!

黒田知永子さんが着たいと思った夏秋のシャツ&パンツ

公開日:2020/08/06

22

50代を代表する人気モデルの黒田知永子(くろだちえこ)さんが、夏から秋にかけておすすめする、シャツとパンツの選び方とは? この2アイテムでつくる、おすすめコーディネートも必見です!

黒田知永子さん

シャツ:ふんわり涼しく、デザインで体形カバーできるもの

まだ暑さが残る頃なので、シルエットにはこだわりたいですね。風をはらんで涼しい、ふんわりとしたシルエット。室内は冷房が効いている所も多いので、袖はひじまで隠れる丈を選びたいものです。体形を隠すにしても、「隠してます」という服より、デザインで上手に隠す工夫のあるものが50代の大人女性にはいいですね。

ふんわり涼しく、デザインで体形カバーできるもの

 

パンツ:すっきりシルエットと、足首を見せる丈

トップスをボリュームのあるシャツにするのなら、バランスよく着られるよう、パンツはすっきりとしたものを選びたいところ。とはいえ、ヒップや太ももが気になる50代。この部分に少しゆとりのあるパンツをチョイスするのがいいですよ。シルエットがきれいなら、ウエストはゴムで全然OKです。

パンツの丈はこだわりたいです。七分丈パンツだと今の季節涼しいのですが、脚が太く見えてしまうのでNGです。くるぶしくらいまでの丈を選んで、少しだけ足首に抜け感を出すことがポイントです。

足首を見せる丈

 

黒田さんおすすめの2アイテムを着回しコーデ!

デニムとスニーカーでカジュアルに

デニムとスニーカーでカジュアルに

「50代からは体形を拾わないハリのある素材感が大事」と黒田さん。ハリと光沢のある生地のシャツは、大人にふさわしいキレイさがあって、デニムやスニーカーのカジュアルなアイテムも、品よくまとまります。

肌寒くなってきたら、ニットなどと合わせても

肌寒くなってきたら、ニットなどと合わせても

残暑を過ぎて秋口になれば、少し肌寒い日も増えてきます。そんなときはニットのカーディガンをはおっても。ざっくりした編み目のものを選べば今年らしく、若々しく決まります。

ネイビー×ネイビーの同系色でシックにまとめて

ネイビー×ネイビーの同系色でシックにまとめて

定番のネイビーカラーのシャツも、旬の形や工夫をこらしたデザインのものを選べばぐっと新鮮!パンツにもネイビーを合わせると、たちまちシックでカッコいい印象に。パンプスやクラッチバッグと合わせればちょっとしたパーティーにもぴったりです。


黒田知永子
くろだ・ちえこ 1961(昭和36)年生まれ。学生時代に「JJ」(光文社)でモデルデビュー。以降、「VERY」「STORY」(光文社)、「éclat」(集英社)にて初代カバーモデルを歴任。現在は雑誌の他、テレビなどでも幅広く活躍。

取材・文=峯積抄公子(ハルメクおしゃれ編集部) 撮影=長谷川勝久 ヘアメイク=福沢京子 スタイリング=佐伯敦子


■もっと読みたい■


黒田知永子さんが作った、シャツとパンツをハルメク通販で発売中!
 

黒田知永子さんのヘアメイクを手掛けるナチュラルメイクの名手!
福沢京子さんと作ったメイクパレットは「ハルメク通販」で発売中!

メイクパレットECサイト

■関連記事■ 

 

峯積 抄公子

みねづみ・さきこ 2005年入社。高知県出身。「ハルメク おしゃれ」編集部、ファッション部門担当。身長は150cm前後を行ったりきたり。小さい頃から背が低く、整列すると前から2番目までが定位置。裾上げしたデニムの余り布で、ポシェットが作れます。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ