50代からの女性のための人生相談・74

人生相談:離れて暮らす親の介護…道筋が見えません

公開日:2022/05/18

1

「50代からの女性のための人生相談」は、読者のお悩みに専門家が回答するQ&A連載。今回は52歳女性の「離れて暮らす親の介護」についてのお悩みに、介護・暮らしジャーナリスト、太田差惠子さんが回答します。

50代からの女性のための人生相談・75

52歳女性の「離れて暮らす親の介護」についてのお悩み

52歳女性の「離れて暮らす親の介護」についてのお悩み

父88歳、母84歳。共に要介護2ですが、自宅介護を希望しています。

両親と同居している姉は父と仲が悪く、また金銭感覚がルーズです。

私もなるべく頻繁に見に行きたいですが、仕事をしながら貯金を切り崩して生活しているため、週に一度が限界です。なんとかしなくてはと思うのですが、理想形がわかりません。
 
どのように計画して進めていけばいいか、道筋を教えてほしいです。

(52歳女性・にこにこくにこさん)

太田差惠子さんの回答:あなたがキーパーソンになるのはいかがですか?

あなたがキーパーソンになるのはいかがですか?

要介護2のご両親は、にこにこくにこさんの姉と3人暮らしなのですね。しかし、姉と父親が不仲……ご心配ですね。

にこにこくにこさんが、こんなふうに悩んでおられるということは、「姉」のことをあまり信頼できないということなのかもしれません。

お悩みの文面だけではわかりませんが、ご両親は介護保険のサービスを利用されているでしょうか。サービスを利用されていると仮定し、担当のケアマネジャーとの窓口は姉が担っておられますか。

もし、姉に対し「頼りにならない」「任せられない」という思いがあるなら、にこにこくにこさんがキーパーソンになってはいかがでしょう。

キーパーソンになれば自分のペースで物事を進められる

キーパーソンになれば自分のペースで物事を進められる

介護の現場では家族側の責任者のことを、「主たる介護者」とか、「キーパーソン」と呼びます。厳格な定義があるわけではありませんが、ざっくり下記のような意味で使われています。

  • 主たる介護者

要介護者のそばで、身体的・精神的なケアを行う人

  • キーパーソン

本人や家族間の意見を調整し、医療や介護の専門職との窓口になる人。本人の判断力が不十分な場合は、代わって決断する人

平たく言えば、主たる介護者は「中心になって介護する人」、キーパーソンは「大事なことを決める人」という感じです。

比較的、元気な配偶者や子どもと同居している場合は、その者が担うケースが一般的です。けれども、負担が集中しないよう、同居家族がいてもキーパーソンを別居の子が担うというやり方もあります。

今の時代、体の弱った親の一人暮らしも多いので、キーパーソンのみで主たる介護者は不在というパターンも珍しくありません。

姉が気分を害さないように、言葉を選びながら提案してみましょう。「お姉ちゃんにばかり負担をかけるのは申し訳ないから『キーパーソン』は任せて」と。「医師やケアマネさんとのやりとりは、私が担うよ」の方がわかりやすいかもしれませんね。

ケアマネジャーには現状を伝えておくのがおすすめ

ケアマネジャーにはざっくばらんにでも現状を伝えておくのがおすすめ

現在、通院はご両親だけでできているでしょうか。もしそうなら、月に1回くらいは同行し、心身の状況を聞くと、現状を把握でき、今後も相談がしやすくなります。

一方、介護の方はケアマネジャーが月に1回は自宅を訪問してくれていると思います。そのときに顔合わせを。窓口役なら、直接やりとりできるので、姉を挟むより時間調整がスムーズです。そして、親にとって、必要なサービスを入れることができます。

ケアマネジャーには、ざっくばらんに家族の現状を伝えておきましょう。姉と父親が不仲であることも言っておくと、様子を見守ってくれると思います。あまりに仲が悪いようなら、要介護度が進むと施設介護も選択肢となるかもしれません。そのときも、にこにこくにこさんがキーパーソンになっている方が、話が早いでしょう。

自分の老後のために体力を残しておくことも大切!無理をし過ぎないで

自分の老後のために体力を残しておくことも大切!無理をし過ぎないで

現在、「仕事をしながら貯金を切り崩して生活」とのこと。ケアマネジャーにはそのことも話しましょう。そうすれば、にこにこくにこさんの負担を軽減できるように介護サービスをプランニングしてくれるでしょう。通いの回数を減らすこともできるかもしれません。

どうか、あまり無理をし過ぎないでください。いずれ自分自身にも老後はやってきます。そのために、体力とお金を残しておくことは大切です。世の中、“不仲な親子”は少なくありませんし、これまでにケアマネジャーも対応したことがあると思います。うまく支えていく方法を一緒に考えてくれるでしょう。

ただし、中には、“打てば響く”の逆をいくケアマネジャーもいます。そんなときは、ケアマネジャーは変更可能なので別の人にお願いすることも検討を。その場合は、地域包括支援センターで相談してみてください。

回答者プロフィール:太田差惠子さん

回答者プロフィール:太田差惠子さん(介護・暮らしジャーナリスト)

おおた・さえこ 介護・暮らしジャーナリスト、NPO法人パオッコ理事長、AFP(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定)。京都市生まれ。1993年頃より老親介護の現場を取材。取材活動より得た豊富な事例をもとに「遠距離介護」「仕事と介護の両立」「介護とお金」 等の視点でさまざまなメディアを通して情報を発信する。著書に『親が倒れた!親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと』(翔泳社)など多数。最新刊は『子どもに迷惑をかけない・かけられない!60代からの介護・お金・暮らし』(翔泳社)。

構成:渡邊詩織(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■


専門家に相談したい質問を募集中です!

連載「50代からの女性のための人生相談」では、専門家の方に相談したい内容を募集中です。下記応募フォームに、人間関係や老後の生き方、お金や介護、恋愛についてなど、相談したい内容を書いてお送りください。

応募はこちら

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ