女性のための人生相談・80

人生相談:日用品のストックをスッキリ収納できない

公開日:2022/06/22

0

「女性のための人生相談」は読者のお悩みに専門家が回答するQ&A連載。今回は46歳女性の「日用品をストック品をスッキリ収納できない」という悩みに、生活研究家・消費生活アドバイザーの阿部絢子さんが回答します。

日用品や掃除用品を収納する3つのポイント

46歳女性の「ストック品の収納」についてのお悩み

ストックしている洗剤などの日用品や掃除用品の置き場所がなく、困っています。

洗面台の下に置いているのですが、ごちゃごちゃしていて気になります。
いい収納方法を教えてほしいです。
(sarisari 46歳女性)

阿部さんの回答:「我が家のストックの種類と量」を把握して

我が家のストックの種類と量

日用品といえば、トイレットペーパーやティッシュ、キッチンペーパーなどの紙類。さらに、キッチンラップや密封袋類、洗濯や掃除用の洗剤、手洗い用石鹸類や歯磨き剤などといったものでしょうか。家庭によっては、医薬品や外傷薬品なども、日用品としているかもしれません。

これらのストック品の種類や使用量については、家族の人数や行動パターンなどにより、家庭ごとに千差万別。ストック品の種類についても、家族共通の日用品と、最近では各自が所有する日用品とがあります。そこで第一に、sarisariさんが「我が家でのストック品の種類と使用量」についておよそ1週間(あるいは1か月)のだいたいの使用量を把握ことが大切です。

ストック選びの絞り込み基準と収納スペースの測定

収納スペースとストック品の種類

また「我が家の収納スペース」も考慮すべきです。

場所が空いたからと、あちこちにストック品を置いたり、スペースが狭いのにストックの量を増やすなどすれば、ストック品が収納スペースの外に溢れるのは当然のことです。

ストックの「種類」「量」「スペース」この関係は、ストック品の優先順位をよく考えて決めなければなりません。あれも、これもと無意識にストック品を増やしたのでは、我が家がスーパー化してしまいます。

ストック品は必要な種類と使用量から導き出されたものでなければなりません。「無ければ困るかも?と安い時に買い込んで、保管場所に困った」という話をよく耳にしますが、その要因は整理せずに買い込むから。もう少し整理し、合理的かつ計画的にストック品と収納方法を考えていきましょう。


そこで、ストック品ごとに考慮を重ねて、種類を厳選して絞っていきましょう。この絞り込みが、意外と重要。絞り込みが足りないと、あれもこれもとなりますので、1回ではなく、最低でも3回は絞り込みの考慮を行ってみてください。

「我が家のストック」の絞り込み基準

  • 本当に必要?
  • 無くても代用できるのでは?
  • 無くても困らないものでは?

収納スペースを測る

次に、収納をするスペースを測ります。sarisariさんは洗面台の下に収納したいとのことでしたので、洗面台下の収納スペースを測定してみてください。

さらに、その場所に収納したいストック品の、形と大きさなども測ります。収納スペースと、ストックしたいものの形と大きさで、ストック品の収納量が決まります。

使う場所の近くに収納スペースを作る

使う場所の近くに収納スペースを作る

ストック品の大きさと形、収納スペースの大きさを測ったら実際に、収納スペースに保管できるかどうかを確かめましょう。

ストックは、実際にそのものを使用する場所の近くに置けるのが、最も望ましいので、トイレットペーパーはトイレの中であることが一番です。このように、使用場所とストックの収納場所をできるだけ一致させておくように考えます。

このように考えながら、「我が家ストック品」を見直していくと、あふれることなく、取り出しやすく、しまいやすい状態で、収納できるはずです。

 

回答者プロフィール:阿部絢子さん

回答者プロフィール:阿部絢子さん

あべ・あやこ 1945年、新潟県生まれ。生活研究家・消費生活アドバイザー。家事全般や食品の安全性の専門家として活躍。薬剤師の資格を持ち、今も現役で働いている。

構成=石丸繭子(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■


専門家に相談したい質問を募集中です!

連載「50代からの女性のための人生相談」では、専門家の方に相談したい内容を募集中です。下記応募フォームに、人間関係や老後の生き方、お金や介護、恋愛についてなど、相談したい内容を書いてお送りください。

応募はこちら

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ