50代からの女性のための人生相談・35

人生相談:片付けをやる気になる方法はありますか?

公開日:2021/08/24

2

「50代からの女性のための人生相談」は、専門家が読者のお悩みに答えるQ&A連載。今回は47歳女性の「片付けをやる気が起きない」というお悩みに、生活研究家・消費生活アドバイザーの阿部絢子さんが回答します。

人生相談:片付けをやる気になる方法はありますか?

47歳女性の「片付けをやる気が起きない」というお悩み

机の上が片付かなくて、いろいろ積んであります。やる気になったらやろうと思うのですが、なかなかやる気になりません。片付けをやる気になる方法はありますか?
(47歳女性・すいかさん)

阿部さんの回答:家事は「継続させること」が大切!

阿部さんの回答:家事は「継続させること」が大切!

何事も、物事を積極的に進めていくためには、気力・体力・集中力がいると思うのです。

例えば、料理。仕事や家事で疲れ果てて、やる気が起きないことも、時にはありますよね。そんなときは、冷蔵庫にあるものを電子レンジでチン!したり、切る&混ぜるなどの簡単な料理でお腹を満たしたり、手抜きしがちです。

年を取ると、気力・体力・集中力などが若い時と違い、数段に落ちています。だからこそ、簡単で手間のかからない方法に向かいがち。たまにならいいですが、やる気が起きないからと、ずっと家事をしないで過ごすとしたら、どうでしょうか?

若い時と同じつもりで不摂生な生活をしていると、体や心に影響が出て、いつかは不調や不具合を引き起こすはずです。

確かに何かをスタートするのに「やる気」は大切です。でも、それ以上に家事はやる気がないときでも「継続させる」ことが大切、というわけです。

片付けは「やる気」よりも習慣として「身に付ける」こと

片付けは「やる気」よりも習慣として「身に付ける」こと

相談者の方が悩んでいる「片付け」も同じこと。料理・掃除・洗濯などと同様、片付けも、一生続く家事作業なのです。

机の上が片付かないまま散らかっていくと、印鑑や鍵など大切なモノが見つからない、重要な書類を紛失・破損する、などといった問題にも発展しかねません。もしそうなったら、自分一人の問題ではなくなります。

片付けは「継続させる」ことが大切な家事なのです。そのためには、やる気があるときにやるのではなく、習慣として「身に付ける」ことが大切です。

習慣にならない限り、片付けようというやる気が起きても、疲れた・突発的なのことがあった・予定が変更された、などと理由を連ねてやらなくなり、「継続させる」ことができないのです。

やる気に左右されてその場の雰囲気で進める場合、片付けたり止めたり……。これでは、暮らしをうまく成り立たせられません。とにかく片付けを「身に付ける」ことです。

「たった1分の作業。その繰り返しが、片付けです」

そのためにはまず、今、机にあるモノに目を向けます。それらを使うモノ・使わないモノの二つに分けて、使うモノのしまう場所を決めます。場所を決めたら、そこにしまう。この、たった1分の作業。その繰り返しが、片付けです。

片付けは、習慣化すれば無意識にできる作業です。「やる気が起きないからできない!」などと大袈裟に思わずに、1分の作業から、自然体で身に付けましょう。

身に付けてしまえば、今後年を重ねても、片付けに困らなくなるはずです。常に机の上がスッキリした状態を保てますよ。

回答者プロフィール:阿部絢子さん

回答者プロフィール:阿部絢子さん

あべ・あやこ 生活研究家・消費生活アドバイザー。家事全般や食品の安全性の専門家として活躍。薬剤師の資格を持ち、今も現役で働いている。

構成=竹下沙弥香(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■


専門家に相談したい質問を募集中です!

連載「50代からの女性のための人生相談」では、専門家の方に相談したい内容を募集中です。下記応募フォームに、人間関係や老後の生き方、お金や介護、恋愛についてなど、相談したい内容を書いてお送りください。

応募はこちら

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ