50代からの女性のための人生相談・9

人生相談:古い着物を処分したいけれど捨てられない…

公開日:2021/03/26

7

「50代からの女性のための人生相談」は、読者のお悩みに専門家が回答するQ&A連載。今回は62歳女性の「思い出の着物が始末できない」というお悩みに、生活研究家・消費生活アドバイザーの阿部絢子さんが回答します。

人生相談:古い着物を処分したいけれど捨てられない…
人生相談:古い着物を処分したいけれど捨てられない…

62歳女性の「思い出の着物が始末できない」というお悩み

62歳女性の「思い出の着物が始末できない」というお悩み

なかなかモノに対する執着が取れず、捨てるのに時間を要します。

特に着物。嫁入りの時に持たせてくれた母の気持ちが湧き上がり、捨てることができません。

(62歳女性・W.Nさん)

阿部絢子さんの回答「無理に手放す必要はない」

思い出の着物…無理に手放す必要はない

「モノが手放せない」という悩みを持つ方は意外と多くいます。それも当然です。

収入の中から高額で購入した、両親が嫁入りに持たせてくれた、念願の合格祝いに贈られた、亡き父や母の形見など、手放せないモノには思い出が絡むことがあるからだと思います。そのためモノへの執着心が強く、なかなか手放せないのです。

この強い執着心、一体どこから来ているのでしょうか? 本当に思い出と繋がっているのか、まずは、自問してみてはいかがでしょう。

例えば、質問に書かれていた「嫁入りの時の着物」。母が一生懸命に縫ってくれた、時間の無い母が苦労して選んでくれた、などの思いが湧き、「着物を手放すと母の姿も遠ざかってしまうのでは」という不安が、執着心の理由であるとハッキリするはず。

「始末=捨てる」ではない!着物リフォームや寄付も

着物リフォームや寄付もおすすめ

執着心の理由が明確にわかったなら、無理に着物を手放すことなど考えなくてよいでしょう。そのまま保管する、あるいは収納場所が狭いというのであれば、着物の形を変えて思い出をキープするのも方法です。

例えば、スカートやベスト、ランチョンマットやテーブルクロスなどへ着物をリフォームして活用することでも、思い出はつながるはずです。

「始末=捨てる」だけではありません。形を変え再利用することも、立派な始末です。自分でできなければ、人の手を借りて再利用すればいいのです。

また、始末する片付け道は、一つではありません。他にも、人に譲る・寄付する・売るといった道も片付け道です。

モノを始末する前にどのような存在か自問することが大切

いずれの方法でも「始末しようと思っているモノは、自分のとって一体どのような存在なのか」と、一度モノと自問することが大切です。その答えを出すこと、そこから片付けは始まります。

自問せずに、モノをただ消し去ろうとするのは、大きな間違い。どんな小さなモノでも、まずは答えを見つけてから、次の行動を探していくことが片付けです。

さらに、モノにはそれにまつわる思い出だけではなく、多くの資源・エネルギー・労力が注がれて完成しています。これら見えない存在があることを知り、モノを大切に扱う気持ちも忘れないようにしたいですね。

回答者プロフィール:阿部絢子さん ​​​​​​

回答者プロフィール:阿部絢子さん

あべ・あやこ 生活研究家・消費生活アドバイザー。家事全般や食品の安全性の専門家として活躍。薬剤師の資格を持ち、今も現役で働いている。

構成=竹下沙弥香(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■


専門家に相談したい質問を募集中です!

連載「50代からの女性のための人生相談」では、専門家の方に相談したい内容を募集中です。下記応募フォームに、人間関係や老後の生き方、お金や介護、恋愛についてなど、相談したい内容を書いてお送りください。

応募はこちら

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ