50代以上のゆったり旅プラン

[神戸1泊2日]JAZZを楽しむおとなの休日!

ハルメクWEB編集部
2018/07/02 2

神戸は何度行っても飽きない街。だけどもっと深く神戸の魅力を堪能したいという方にご提案! 港街神戸は、JAZZ文化が根付く街。ライブとともにお酒や料理を楽しみ、音楽談議に花を咲かせる旅で、神戸の魅力を再発見してください。

神戸の夜景
【目次】
  1. 神戸JAZZの魅力は演者・店・観客の近さ
  2. 神戸JAZZを堪能できるスポット&イベント
  3. 神戸JAZZを楽しむ旅プラン例
  4. まとめ

神戸JAZZの魅力は演者・店・観客の近さ

間近で見られる演奏は迫力満点

 

神戸JAZZの魅力として「演者、店、観客の距離が近い」という特徴を挙げる人は少なくありません。ステージと客席が近く、演者の息遣いや演奏する指の動きなどが細かく見られ、迫力のある生演奏には、多くの人をひきつけてやまない力があります。そんな魅力ある神戸JAZZはどうして育まれてきたのか、その歴史をほんの少しだけ紹介しましょう。

神戸は、一説によれば1923年(大正12年)日本で初めてプロのJAZZバンドによる演奏が行われた土地とされ「日本のJAZZ発祥の地」とも呼ばれています。すでに当時港町として栄えてきた神戸には、洋館が立ち並び、ダンスホールなども多くできてJAZZなどの音楽が盛んに演奏されていたそうです。

戦後、1960~70年代にかけて、JAZZ喫茶やライブハウスが全国的に増えましたが、この時期に神戸でもJAZZを楽しめるスポットが次々とオープン。その後ブームは過ぎ去りましたが、現在でも根強く残っている店舗が多くあります。北野、三宮界隈には今も老舗のJAZZ喫茶やライブハウスが多く残り、オープン当時の雰囲気を今に伝えています。

神戸JAZZを堪能できるスポット&イベント

屋外でJAZZを楽しめるイベントもあります

 

神戸でJAZZを楽しみたくなったらここに行こう、というイチオシスポットと、定期的に開催されているJAZZイベントをご紹介します。気になるスポット&イベントを見つけましょう!

ムーディーなおすすめJAZZスポットはこちら。

「ジャズライブ&レストラン ソネ」
神戸でもっとも有名な老舗のJAZZクラブ。ライブとともにお酒と料理をゆっくり楽しみたい方にはピッタリのJAZZスポットです。

「ジャズ喫茶 JAMJAM」
リスニング席と会話席があるJAZZ喫茶。5,000枚ものレコードとともにコーヒーを楽しみましょう。

「ジャズバー グッドマン」
毎週金曜日にJAZZの生演奏が楽しめる老舗JAZZバー。グラスを傾けながら、心地良い酔いとともに素敵な夜を過ごせます。

「ラウンジ&バー グラン・ブルー」
「ホテル ラ・スイート・神戸」の2Fにあるラウンジ&バー。毎晩20時から3回のJAZZライブが行われています。優雅な環境でライブに耳を傾けたい方に。

「旧グッゲンハイム邸」
神戸の中心地から少し離れた塩屋にある「旧グッゲンハイム邸」。港に迫る山の斜面に建てられた洋館です。暖炉のある1Fリビングルームでは、不定期に音楽会が催され、独特な魅力が感じられます。

主なJAZZイベントはこちら。

「KOBE JAZZ DAY / KOBE JAZZ WALK」
4月4日のジャズの日にちなみ毎年行われるイベント。多くのJAZZミュージシャンが集うビッグイベントです。ホールライブと野外イベントがあり、市内のJAZZスポットと連携した企画も実施し、イベントを盛り上げています。

「KOBE JAZZ FESTIVAL」
毎年5月に行われるJAZZコンサート。ラジオ番組でリクエストを募り、その内容からピックアップして演奏曲を決めるスタイルです。JAZZの名曲を生演奏でいろいろ聴いてみたい方におすすめです。

「神戸ジャズストリート」
毎年秋に行われるイベントで、神戸の街中で世界中のJAZZミュージシャンが思い思いの演奏を繰り広げます。神戸JAZZの魅力を知りたい方は、まずこのイベントに参加してみましょう。

神戸JAZZを楽しむ旅プラン例

 

jazzイベントを楽しむなら金曜の晩が狙い目

ここからは、神戸JAZZを楽しみに行く1泊2日の旅プラン例をご紹介します。金曜日にジャズイベントのある確率が高いので、宿泊日は金曜日にしましょう。また、神戸空港は三宮とモノレール1本でつながっていて約30分と意外に近いため、安くLCCのチケットが取れれば飛行機移動も考えてみてください。

【1日目】金曜日

東京:午前中出発 → 神戸:午後到着(新幹線またはLCC)
<午後は神戸ランチとJAZZ喫茶巡り>
「フロインドリーブ」「cake stand 」などで神戸らしいカフェランチ
「JAMJAM」「グッドマン」などでゆったり過ごす
<夜はJAZZライブ鑑賞>
「ソネ」などライブ開催しいてるライブハウスやバーなどで生演奏を堪能
<宿泊>
「ホテルピエナ神戸」など神戸・北野坂近辺のホテルに泊まるとゆっくりできます。

【2日目】土曜日

<朝はゆっくりホテルで朝食ブッフェ>
口コミ旅サイトで日本一と評判の「ホテルピエナ神戸」朝食ブッフェを楽しむなど
<ホテルチェックアウト後~午後は神戸散策>
神戸ブランドのファッションや靴などのショッピングを楽しむ
神戸:夕方出発 → 東京:夜帰宅(新幹線またはLCC)

2泊3日の余裕がある場合は、塩屋にある「旧グッゲンハイム邸」の音楽会と絡めて塩屋散策もおすすめです。いつも知っている神戸とは違う魅力が塩屋にはあります。

まとめ

いつも見ている神戸とは少し違う、JAZZを楽しむ旅をご紹介しました。あまり移動せずじっくりと神戸の中心地を回りつつ、JAZZの心地良いリズムと各スポットの雰囲気をお楽しみください。

文・藤森みすず

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ