お任せするか、自分で決めるか、あなたはどっち派?

海外旅行、あなたはツアー向き、それとも個人向き?

前原 利行

海外旅行を計画する時、個人旅行にするかツアー旅行にするか迷うことがありますよね。それぞれの長所と短所は何でしょうか。ここでは向き、不向きだけでなく、使い分けもご紹介しましょう。

海外旅行 個人or団体
【目次】
  1. 人見知りの私はツアーじゃないほうがいい?
  2. 現地でしっかり説明を聞きたい私は?
  3. 心配性の私とハプニングが楽しい私は?
  4. まとめ

人見知りの私はツアーじゃないほうがいい?

 

人付き合いが苦手な人でも、何日も過ごす間にみんな仲良くなることもよくある

 

旅行会社が募集する主催旅行(パッケージツアー)は、グループツアーとフリープランのツアーに大きく分かれます。グループツアーはその名の通り、団体行動。決められた時間に集合し、バスに乗り、観光地ではガイドさんの説明を皆で聞き、一緒にご飯を食べという集団のルールを守らなくてはなりません。グループの人数はツアーによって異なりますが、4人から20人ぐらいの間。同じ人たちと何日間も過ごすわけですから、人付き合いが苦手な人は心配しますよね。

とはいえ何日も過ごす間に仲良くなり、帰国後にはツアー参加者同士で集まるなど、付き合いが続いている人もいます。以前、私が添乗したツアーでもそういうことがあり、帰国後にお客さんたちが食事会を開き、私をゲストで招いてくれたことがありました。「旅」という趣味が一緒なのですから、そこで楽しい出会いがあることもあります。

旅行業法的には「ツアー」ですが、マイペースで旅をしたいなら、フリープラン型ツアーを選びましょう。実質はほとんど個人旅行と同じで、自分で旅行プランを練り、飛行機の乗り継ぎも自分で対処しなければなりません。心配もありますが、それも旅の楽しさと割り切れる人ならOKです。フリープラン型はひとりでなくても使えます。私の友人は、家族旅行で行く場合は基本的にはこのパターンです。途中で移動のないリゾート滞在やパリやニューヨークなど一都市滞在型もこのタイプのツアーが向いているといえます。
 

現地でしっかり説明を聞きたい私は?

 

 

筆者がマヤ遺跡の観光ツアーの添乗をした時、詳しい現地ガイドがついてとてもみんな盛り上がった

 

「見どころの説明をしっかり聞きたい!」という人は、現地ガイド付きの観光があるツアーを選びましょう。「ギリシャ遺跡をめぐる」とか「ボルネオの熱帯雨林を行く」のようなテーマ性があるツアーなら、その道のプロフェッショナルであるガイドさんと行く方が、より理解が深まります。

フリープランでも、現地のオプショナルツアーを利用することもできますが、現地発の日本語ツアーは少なく、また少々割高。それなら最初から現地ガイドがパッケージ組み込まれているツアーを探したほうがいいでしょう。私が以前、メキシコのマヤ遺跡の観光ツアーの添乗をした時、かなり詳しい現地ガイドさんがついたのですが、お客さんたちも事前に勉強会をしてくる方もいて、移動のバスの中で質問が白熱。私が一番勉強になりました(笑)。

心配性の私とハプニングが楽しい私は?

 

 

外国語が不安というという人は、添乗員や現地ガイドがお世話してくれる団体ツアーがおすすめ

個人旅行では、観光、移動、ホテルのチェックインまですべて自分でしなくてはなりません。英語が通じるかも不安、というという人は、添乗員や現地ガイドがお世話してくれる団体ツアーを選びましょう。何かあった時のトラブルも、現地ガイドやスタッフがたいてい解決してくれます。私が添乗したツアーでも病気のために予定通りに帰国できない参加者が出たことがありました。その時は現地のガイドさんがケアしてくれたので、安心して他の参加者を連れて帰国できました。心配事が少なければ、旅に集中できます。

トラブルは困るけど、ハプニングなら旅の思い出になる、と考えられる人は、文句なく個人旅行でしょう。航空券からホテル、現地での移動手段、現地でのスケジュールなどをすべて自分で決め、手配しなくてはなりませんが、苦労して作り上げた旅だからこそ、より思い出深い体験になることは間違いありません。「スケジュール通りいかないハプニングを楽しむ」余裕ができたら、すでに旅の上級者です。
 

まとめ

歳を重ねてくると、余計な心配せずに楽に旅行したいという気持ちが強くなってきます。一方で旅の経験を重ねるにつれ、パッケージツアーに物足りなさを感じる人もいるでしょう。パッケージツアーにするか、個人旅行にするか、目的地ややりたいことに合わせて使い分けるのもいいでしょう。自分に合った旅を見つけて、楽しい時間を過ごしに出かけてください!

前原 利行

まえはら・としゆき  旅行会社勤務を経てフリーの旅行ライター・編集者に。訪れた国は80か国以上。ツアーパンフレットを作っていた経験も  

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ