森林浴や滝のマイナスイオンで癒やされる

大阪の足湯|都会のオアシスや自然豊かな足湯5選

大曽根 桃子
2019/06/18 4

大阪には個性あふれる足湯がたくさんあります。都会のオアシスのような足湯から、森や滝、海の近くの足湯までバラエティー豊かです。足湯ファンにオススメの大阪の足湯を5つご紹介します。

大阪の足湯
【目次】
  1. 五感が癒やされる緑豊かな足湯「森の足湯」
  2. 箕面散策の後にほっこり「もみじの足湯」
  3. 雄大な滝の音が心地いい「みのお滝茶屋 楓来坊」
  4. 無料の天然温泉の足湯「シティプラザ大阪」
  5. 海から足湯に直行 「天然温泉 虹の湯 二色の浜」

五感が癒やされる緑豊かな足湯「森の足湯」

 

緑に包まれた足湯

太陽の塔で有名な万博記念公園に、心身ともにリフレッシュできる足湯があります。「森の足湯」はその名の通り、公園内にある自然文化園の森の中にあり、周りの木々を眺めたり、野鳥のさえずりを聞いたりしながら足湯を楽しめます。

森の足湯
足湯に浸かりながら四季折々の花も見られます

足湯のお湯は、公園内の間伐材を燃料にして地下水を沸かしたもの。自然エネルギーを活用した環境にも配慮した優しい足湯なんです。月に2回ほど、ハーブや菖蒲、お茶の葉など、園内の植物を浮かべて香りを楽しむイベントもありますよ。オリジナルタオル(200円)の販売があるのも嬉しいですね。

「ミル・ヴィラージュ」のシェフは世界大会で優勝した経験あり

万博公園近くのオススメのグルメは、「ミル・ヴィラージュ」という全国的にも有名で人気のパン屋さん。シェフの渡辺明生さんは、パンの世界大会で優勝した実力の持ち主なんです。店内のイートインスペースや、テラス席で購入したパンをいただくこともできます。

店内に並ぶパンは「どれもおいしい」と評判



【森の足湯】
住所:大阪府吹田市千里万博公園10-15
電話:06-4862-6314
営業:2~6月中旬、10~11月の10:00~16:00(最終受付15:50)水曜定休
*2019年の夏季休業6月10日(月)〜9月30日(月)
料金:250円(万博記念公園の入園料)
交通:電車 大阪モノレール「万博記念公園」から徒歩10分
     車 名神高速道路吹田IC下車すぐ

 


【ミル・ヴィラージュ】
住所:大阪府吹田市千里万博公園14-13
電話:06-6877-7070
営業:7:30~19:30 月曜・火曜定休
https://www.mille-village.com/

箕面散策の後にほっこり「もみじの足湯」

散策で疲れた足を休められます


もみじの足湯は阪急箕面駅にあり、地元の方をはじめ観光で訪れた人にも人気の足湯です。駅構内に足湯施設のある、「九州旅客鉄道(湯布院駅あし湯)」「京福電気鉄道(嵐山温泉駅の足湯)」と合わせて、“足湯三姉妹”と呼ばれています。

箕面駅の足湯の隣には「箕面 交通・観光案内所」があるので、足湯に浸かりながら箕面の観光案内を広げて、散策の計画を練ることもできますよ。

箕面市PRキャラクターの「滝ノ道 ゆずる」

入場料金は150円で、オリジナルタオルと旅の思い出にもなる利用券が付いてきます。足湯の効果効能は、神経痛、リウマチ、肩こり、疲労回復など。箕面温泉の家庭用の入浴剤(150円)もお土産に人気がありますよ。

箕面オススメのグルメは「箕面川床」です。四季折々の自然の美しさを感じられる川床で食事をいただけば、きっと風流な気持ちになれることでしょう。2019年の営業は、10月27日までです。

川のせせらぎで涼やかな気分に

【もみじの足湯】
住所:大阪府箕面市箕面1-1-1
電話:072-723-1885(箕面 交通・観光案内所)
営業:10:00~16:00(土曜・日曜・祝日と11月は9:00~17:00)
休業日:11月を除く木曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金:150円(タオル付き)
交通:電車 阪急箕面駅からすぐ
   車 大阪方面から:阪神高速11号池田線中国池田IC下車 R171 約20分

 


【箕面川床】
2019年度は「川床 磯よし」と「川床 音羽山荘梅屋敷」が実施。利用の場合は各店舗に電話で予約を。

川床 磯よし:072-724-2477
川床 音羽山荘梅屋敷:072-721-3005
 

雄大な滝の音が心地いい「みのお滝茶屋 楓来坊」

箕面大滝を散策後は、ここでゆっくり足を休めて

明治の森国定公園にある「みのお滝茶屋 楓来坊」は、箕面駅から歩いて40分、日本の滝100選にも選ばれた箕面大滝のすぐそばにあります。

迫力満点の箕面大滝と野生のサル

 

足湯があるのは店舗の2階で、足湯に浸かりながら滝の流れる音を聞くことができます。マイナスイオンを浴びながら足湯に浸かるなんて、最高の贅沢ではありませか!


足湯は、ラジウム鉱石による準天然温泉効果があり、神経痛やリウマチ、疲労回復などの効果が期待できます。

珍しい「もみじの天ぷら」(500円)

こちらのお店のおすすめは、箕面特産の行者そば(600円)や、楓来坊特製のゆず麺を使ったオリジナル料理など。名物のもみじの天ぷらはぜひお試しあれ!


【みのお滝茶屋 楓来坊】
住所:大阪府箕面市箕面公園74-2
電話:072-725-1168
営業:11:00~17:00 無休(悪天候時などはお休み)
料金:喫茶や食事利用の方は無料(足湯利用料金はなし)
交通:電車 阪急箕面駅から徒歩約40分
   車 大日駐車場から徒歩約10分
 

 

無料の天然温泉の足湯「シティプラザ大阪」

無料の足湯ながら源泉掛け流し!

大阪本町の中心地にあって無料で足湯を楽しめるスポットが、「シティプラザ大阪足湯SEN」です。ホテルの敷地内にあるこの足湯は、ホテル宿泊者でなくても誰でも無料で利用できるなんとも太っ腹な足湯なんです。昼時には近隣の会社のサラリーマンが癒やしを求めてやって来て、憩いの場になっています。

足湯の源泉名「ひょうたん湯」にちなんだ、ひょうたん型ベンチ

ひょうたん型のベンチが可愛らしい足湯は、清掃が行き届いていて、常に清潔に保たれています。無料の足湯ながら、お湯は地下から湧いた源泉掛け流し。泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉で、神経痛、筋肉痛、疲労回復などに効果がありますよ。足湯用のタオル(150円)はホテルのフロントで購入することができます。

足湯近くでグルメを楽しむなら、ホテルレストランはいかが? その時の気分に合わせて和洋中を選べるのが嬉しいですね。

14階にある酒房「龍宮」のお手軽セット(生ビール+オードブル6種)1170円(7月末まで)​​​​​

【シティプラザ大阪】
住所 :大阪市中央区本町橋2-31
電話 :06-6947-7702
営業:8:00~21:00 無休
料金:無料
交通:電車 Osaka Metro堺筋線・中央線 堺筋本町駅から徒歩6分
     車 阪神高速本町出口からすぐ

 

海から足湯に直行 「天然温泉 虹の湯 二色の浜」

駅から歩いて行けるので、便利

「天然温泉 虹の湯 二色の浜」は、日本の白浜青松100選に選ばれた二色の浜の近くにあります。施設の目の前がすぐ海で、夏には海水浴目当ての方も多く訪れる入浴施設です。足湯は玄関までの屋外階段踊り場にあり、無料で利用することができます。夏場には無料の足洗い場も使えるので、海から足湯に直行ということも可能です。足湯用のタオルは150円で購入できますよ。

泉質は単純泉で、神経痛や関節痛、冷え性のほか、不眠症やうつ状態の改善も期待できます。

館内にあるひのきの湯(有料)

湯上りに楽しみたいのがひんやりスイーツ。各種パフェ(500円~)や、ソフトクリーム(310円)、かき氷(310円)など豊富に揃っています。かき氷には、プラス50円で練乳、プラス150円で金時を追加できますよ!


【天然温泉 虹の浜 二色の浜】
住所:大阪府貝塚市澤890-15 
電話:072-439-2227
営業:10:00~25:00(土曜、日曜、祝日は8:00~)無休(メンテナンスのための休館日あり)
料金:無料(館内入浴は大人600円)
交通:電車 南海本線「二色浜駅」から徒歩15分
   車 泉佐野方面より阪神高速湾岸線「貝塚出口」から大阪臨海線を南に約1km か、大阪市方面より阪神高速4号湾岸線「貝塚出口」から大阪臨海線を南に約2km
 

※掲載情報は2019年6月取材時のものです。

■こちらの情報もおすすめ

旅の途中でほっと一息。全国のおすすめ足湯

大曽根 桃子

旅行誌や女性誌、食の専門誌での勤務経験を経て、フリーライター&エディターとして活動。社会問題から、食、旅行、インテリア、など幅広いジャンルを網羅する。趣味は食べること、呑むこと、読書、旅行、アウトドア、酒場訪問、銭湯巡り、各地の農産物直売所へ行くこと。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクTRAVELメールマガジンを受け取る

ゆったりと非日常を味わいたい方におすすめの旅情報をお届けします。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ