2019/10/11 0

卵酒の効果と作り方は?

卵酒の効果と作り方は?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

秋らしくなってきましたね。過ごしやすいのでお散歩に出かけたくなります。ただ季節の変わり目はご用心。風邪をひきやすくなります。ちょっと熱っぽいなあ、風邪ひいちゃったかなあという時に、飲みたくなるのが卵酒。最近は、風邪のひき始めに葛根湯を飲むという人も多いようですが、卵酒もおすすめなんですよ~! おいしい卵酒の作り方と効果を調べてみました。

 

日本酒と卵、砂糖の3つがあれば作れる卵酒。江戸時代に記された「本朝食鑑(ほんちょうしょっかん)」という食物についての書物に、滋養強壮の薬酒として紹介されているのだそうです。江戸時代の人たちも卵酒を飲んでいたのですね!

 

卵酒は、日本酒の血行促進効果が体を素早く温めてくれるほか、日本酒に含まれるペプチドには肝機能を高める効果もあります。卵を入れることで、体力の回復に欠かせない必須アミノ酸やミネラルなどの栄養も取れるので、免疫力も高まるわけです。

 

では、実際に卵酒を作ってみましょう。

 

材料(1人分)
・卵 1個
・砂糖 大さじ1~2(お好みで)
・日本酒 180ml

 

1.卵と砂糖をボウルに入れ、よく混ぜ合わせてこしておく。
2.日本酒を鍋に入れ、中火にかける
3.2の日本酒が軽く沸騰したら、1にゆっくり注ぐ
4.卵液を酒で伸ばすような感覚で丁寧に混ぜたら完成

 

作り方はいたってシンプルですね。

 

ポイントとしては、まず卵をよく混ぜること。均一に混ざっていないと、口当たりが悪くなってしまうので注意が必要です。あと、卵に日本酒を入れるときは、一気に入れると卵が固まってしまうことがあるので、少しずつ入れましょう。完成した卵酒をコップに移すときに、茶こしでこすと口当たりが優しくなりますよ~!

 

砂糖の代わりに、殺菌成分を含むというマヌカハニーを使用したり、ショウガのすりおろしを好みで加えてもいいですね。アルコール分をとばすとはいえ、お酒が苦手! という方は、日本酒の半分量を牛乳に変えてみると飲みやすいです。

 

江戸時代に薬酒と呼ばれていた卵酒。栄養や効果などを考えると、疲れが溜まっているときや寝付きが悪いときなどに飲むのもよさそうですね。

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:教えて!goo

   白鶴

   太陽卵

 

晩酌の代わりに卵酒っていうのもいいかも~!
晩酌の代わりに卵酒っていうのもいいかも~!

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ