公開日:2019/08/28

1

素朴な疑問

キッチンのスポンジの替え時は?

 

キッチンのスポンジの替え時は?

 

毎日必ず使って、食器をピカピカにしてくれるキッチンのスポンジ。使い始めはしっかりとした弾力があるものの、くたびれてくると柔らかく頼りなくなってきますよね。このキッチンスポンジっていったいどのくらいで交換していますか? 替え時ってあるのでしょうか? 気になったので調べてみました。

 

キッチンのスポンジは、ポリウレタンをはじめとするプラスチックを発泡成形して作られており、その泡の密度によって耐久度も大きく変わってきます。パック入りの廉価なものよりも少し値段が高めのスポンジの方が、高性能でへたらず長く使えますよね。

 

キッチンスポンジは家族の人数や、どのくらいキッチンで料理をするかなど、その人の生活スタイルによっても大きく変わるため「必ず〇週間で交換するべき」というようなことはいえません。

 

ただ、食中毒防止の観点からもキッチンスポンジの衛生面はとても大切。梅雨時や夏場は、特に雑菌が繁殖しやすい環境になっているので、こまめに交換した方がいいでしょう。使い始めて2週間ほどたった頃、スポンジの状態をチェックします。

 

・形が崩れてきた
・表面がささくれ立ってきた
・泡立ちが悪い
・汚れが目立つ
・臭いがある

 

こんな状態のスポンジは「そろそろ交換が必要」という目安になります。

 

ちなみに汚れ落ちをよくするためには、スポンジにたっぷりの洗剤を含ませ、泡を立たせることが大切です。これが洗剤を何度も足さないと泡立たなくなったり、きめ細かな泡が出なくなったというような場合は、スポンジ内部の繊維が摩耗してスカスカになり、空気を含まなくなっている証拠です。

 

また、スポンジの水気を切ることは、雑菌の繁殖を防ぐ上でも一番大切なことですが、全体的につぶれてボリュームがないスポンジは、何度絞っても水分が残っているように感じることがあります。これは繊維の劣化によって中の空間がつぶれていることを表しています。

 

このように繊維に空気を含まなくなってしまったスポンジは、ひどい汚れなどを落としきれず、鍋やフライパンを何度もこすらなければいけなくなってしまいます。すっきりと手早く洗うには、しっかりした状態のスポンジが適していますね。

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:キクロン株式会社

 

月2回の「スポンジ交換デー」を決めています
ワタシは月2回の「スポンジ交換デー」を決めています

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ