2019/08/20 0

更年期障害の原因とは?

更年期障害になりやすいタイプは?

 

この歳になると気になってくるのが更年期障害。今まであまりピンとこなかったのですが、先日、友人から更年期障害が起きてから毎日体調が悪くて大変だという話を聞いたんです。でも、更年期障害ってなる人とならない人に分かれますよね。何らかの条件でなったりするのかしら。知っておけば心構えができるかもと思ったので、さっそく調べてみました。

 

そもそも更年期とはどういうものなのでしょう? 公益社団法人日本産科婦人科学会によると、閉経前の5年間と閉経後の5年間を併せた10年間を「更年期」と定義しているそうです。日本人の閉経年齢は40歳代前半から50歳代後半といわれています。つまり早い人では30代後半から更年期に入るということなんですね。

 

更年期障害が起きる最大の要因は、閉経にともなって脳下垂体から分泌される女性ホルモンの量が減っているにも関わらず、脳がホルモンを出せという指令を出し続けているからです。そこでホルモンのバランスが乱れ、さらに加齢、ストレスや生まれ持った性格が複雑に絡み合って発症するのです。更年期障害の症状は本当にたくさんあって、よく聞く発汗やほてりだけでなく、肩こりや冷え性、関節痛、情緒不安定やイライラ感等、驚くほど多岐に渡っているのも特徴のようです。

 

人によって症状の差が大きいのも特徴の一つですが、これはストレスや慢性疲労といった外的要因が大きく関係していると考えるお医者さんも多いそうです。確かに閉経する年代の女性って仕事や介護等で大忙し。自分のことは後回しになってしまいがちですよね。ストレスの多い生活だと、考え方や性格も後ろ向きになりがちで、更年期障害の症状が重くなりやすい傾向があるそうです。

 

気持ちの持ち方やストレスが更年期障害の発症に関わっているとは驚きですよね。更年期障害の情緒不安定やイライラ感を抱えたままにしておくことでストレスがたまり、より症状が重くなってしまうという弊害もあるようです。必要な時は薬や病院に頼るという選択肢もありますね。

 

誰でも更年期障害を発症する可能性がありますが、できるだけストレスをためないように気持ちを明るく保つことで症状を少しは抑えることが期待できそうです。

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:マイナビニュース

   株式会社キャリア・マム

   公益社団法人日本産科婦人科学会

 

いつも楽しく明るく過ごしたいですね
いつも楽しく明るく過ごしたいですね

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ